「スマートシティはデジタル技術、破壊的イノベーション、都市の環境が交わる場所に存在します。それは働いたり生活するのにエキサイティングな場所で、新しいアイデアを生み出す土壌です。」デロイト(Deloitte)のスマートシティより

Ambrosusは未来のスマートシティの基盤になる

未来のスマートシティ革命は、世界中で街や都市が市民に対して果たしている役割を変革することを約束します。今後10年で都市化のプロセスが増加するにつれ、また世界中でより多くの人々が都市に移動するにつれ、生活における全ての領域で、スマートな管理が必要になることは避けられません。

世界中に分散したブロックチェーンとIoTのプラットフォームであるアンブロサスは、実質的に世界のあらゆる商品の品質保証を確実にすることを目標としています。特に食品と薬品に注力している一方で、アンブロサスはあらゆるサプライチェーンやデータ関連の問題に対して、自身のソリューションをカスタムデザインするためのイノベーション研究所(イノラボ)を保有しています。スマートシティという文脈においては、アンブロサスはスマートなサプライチェーン管理をはるかに超えた可能性を持っています。空気の質や水質、浪費管理の未来までもがアンブロサスに掛かっているのです。

スマートシティ革命の始まり

インターネットの開始以降、情報のデジタル化として知られるゆっくりとしたプロセスが始まりました。ブロックチェーン、IoT(モノのインターネット)、そして最近の人工知能における開発によって、産業のデジタル化の時代がおぼろげに見え始めました。街(シティ)という文脈においてこれが意味するのは、政府も市民も、日常における事実上あらゆる側面を改善するために、ビッグデータにレバレッジ(てこの原理)をかける可能性を持つということです。物理的な商品にセンサー、モニター、シップを接続することによって、無限の種類の変数のリアルタイムな状態が測れるようになります。同時に、現在の都市化のトレンドから判断すると、未来の世界のメガシティにとっては効果的な都市管理が必要不可欠になるでしょう。

下図(visual capitalistより)は、都市の成長を表す開発トレンドの図です。(都市化プロセスのよりインタラクティブな例を見るには、Luminocityの地図も役に立ちます。)

1時間ごとの都市化進行度合い

より多くの人々が都市エリアに移動すると、犯罪、資源不足、汚染、空間不足のリスクが上昇します。成長トレンドを包み込むために、街は自分の人口により役立つため、また同様に犯罪を管理するために、街のデータのデジタル化・環境設定をし始めるでしょう。そのようなソリューションが都市全体に実装されたとき、「スマートシティ」の創造を引き起こします。

デロイト(Deloitte)による徹底的な研究によると、スマートシティとは自身のインフラが重度にデジタル・コミュニケーション技術と結合したり、関わり合う都市のことです。理想的には、そのような街は相互接続可能性(コネクティビティ)を増加し、ビジネスの効率性を最大化し、街に住む人々の生活の質に寄与し、災害が起こる前に防ぎます。都市が実装可能になるであろうスマート・ソリューションの例を、いくつか以下に挙げます。

スマートな移動性、輸送

交通や街の混雑は、通行量の監視、事故への対応、遅延の防止が可能なスマート道路によって管理されます。自動運転・駐車が可能なスマート・カーは一度に多くの人々によって共有され、混雑の緩和や通勤時間の短縮につながります。

スマートなエネルギー・システム

エネルギーの節約は、エネルギーシステムの使用をリアルタイムに監視することによって行われます。家庭用機器はエネルギー価格の変化に対応することが出来るため、費用を最小化したり、急な変化があったときに調整することが可能です。

スマートな水のシステム

水道管システムをリアルタイムに管理することによって、市民や政府が水に何が入っているのかや、使用するための水がどのくらい綺麗かが分かるようになります。ウォーターシステムは、灌漑(かんがい)の目的や、プラグの漏れが重大な影響を及ぼす前に検知するために、正確に使われます。

スマートな浪費管理やリサイクル計画

ゴミの容器にセンサーを配置することによって、より効率的なゴミ収集が可能になります。箱に使われたり商品を作るのに使われた物質が、より簡単にリサイクル出来るようになります。そのため節約につながったり、全体的な浪費レベルを抑えます。

スマートな汚染抑制

街中に配置されたセンサーが、二酸化炭素のレベル、湿度、空気汚染、地面の有害・不健康なゴミ、そして同様に、差し迫った嵐や自然災害も活発に読み取り、報告します。街は綺麗で健康的に保たれ、その一方で市民は、外的環境が自身の健康に及ぼす影響について、完全に気づいています。

スマートな安全

リアルタイムの顔認識、ナンバープレートのスキャン、ドローンによる監視、スマートな街灯が全て、犯罪と戦い、暴力を防ぎ、市民にとっての全体的な安全を増加させるために、街の警察によって効果的に配備されます。危機の際には非常事態アプリケーションが、命に欠かせない状態を記録し、アラート(警告)を出すために周りのセンサーと接続します。

スマートなサプライチェーン

サプライチェーンは自動化され、全ての容器、輸送機、個々の商品が、知能を持ち、お互いにコミュニケーションが取れるようになります。商品の状態が変化したり、輸送に遅れが生じた時には、アラート(警告)が管理者ダッシュボードに自動的に送信されます。

「スマート」なアプリケーション(応用方法)のリストは、究極的には未来の特定のエリアや産業のみに限定されるものではありません。生活の全ての側面- どのように食品を消費するのかといったことから、どこで薬を買うのか、どのような家に住むのかといったことまで、デジタル化の時代によって等しく影響を受け、変革されます。データや、数多くのステークホルダー(利害関係者)に対するデータのリアルタイムな送信は、個人の意思決定に直接影響を与えるように環境設定出来るため、それ自体が貴重なコモディティになりつつあります。

デジタルソリューションの必要性

より具体的には、スマートシティが解決出来る現在の問題に関しては、最近のニュースの見出しに目を向けるだけで分かります。シアトルの空気の質に関するフォーチュン(Fortune)の記事で、山火事や気候変動によってシアトルは将来、北京の5倍の空気汚染に時折さらされることになるということが説明されています。今年はじめにScientific Magazineが出した記事によると、綺麗な飲水というのがアメリカ全体で深刻な公共の健康リスクとなっていて、年間4500万人に影響を与えているという事実により注目が集まっているとのことです。最後に、シカゴで活動しているスマートシティのインキュベーター(保育器)であるCity Digitalもまた、最近汚水を管理し、交通を混乱させたり洪水を引き起こしたりしないように、効果的な排水を保証するためのスマート降雨ソリューションを実装しました。このようなソリューションは、世界のハリケーンや洪水が起こりやすい地域にすぐに適用可能です。こういったトレンドが示すことは、スマートシティは生活に浸透していて、日に日に大きく成長する都市において、信頼できるデータがまもなく政治家と市民両者にとって必要不可欠なものになるということです。移り変わる気候的、環境的コンディションに対して素早く反応することに対する必要性は、究極的には生きるか死ぬかの問題です。

一方では、データが企業にとってより貴重になるにつれ、そのデータのプライバシーや関連市民の安全は、等しく重要になります。大きな技術系企業による監視やデータ改ざんといった危険は、かなり起こり得るものになっています。この領域における重要な問いは、データ管理と市民のプライバシーとの間でバランスを取ることを中心としています。個々人のプライバシーを維持しながら、どうやって大規模なデータ共有と設定の間で、ある種の釣り合いを取るのでしょうか。

アンブロサスとデータの未来

アンブロサスによるスマートシティは、個人の毎日の生活の質と安全を向上させる機会を提供しつつ、どのデータも個人のプライバシーを侵害するために使われることがないという事を保証するために、データを分散型ネットワーク中に散らせることもします。同時に、AMB-NET(アンブネット)は都市のスマート・サプライチェーン-空気の質の監視システム、水質のテスト・管理システム、さらに地域の農業習慣さえも-に難なく適用可能になります。重要なポイントは、アンブロサスが全体論的なソリューションであるということです。つまりあらゆる産業、もしくはエンドツーエンドの安全なデータ管理ソリューションを必要とする、実世界のあらゆる側面に適応出来るということです。

スマート・サプライチェーン・マネジメント

アンブロサスの最高技術責任者(CTO)ステファン・メイヤー博士が説明したように、未来の食物や薬は、個人化(パーソナライゼーション、何かを個々人に向けてカスタマイズすること)のコンセプトが中心になります。将来、より多くのグローバルな商品が各消費者の好みという需要で上昇するにつれ、サプライチェーンはよりペースが速くなり、より複雑になります。薬は、現在の作られ方とは反対に、手術や患者への処方のたった数時間前に作られるようになるでしょう。

サプライチェーンを「スマート」にするために、アンブロサスは最終的にサプライチェーンのプロセスを完全に自動化することが出来るようになるでしょう。スマートデバイスが素早い決定をすることが出来るようになり、お互いに意思疎通出来るようになり、ステークホルダー(利害関係者)に自動的にアラート(警告)を送ったり、さらには支払いや返金の実行まで出来るようになります。そのようなソリューションには、機械学習(マシーンラーニング)や人工知能、特定の商品のために特別に作られたスマート・コンテナ(容器)のような機能、また現在特許を待っている、最先端のサプライチェーン・セキュリティ・システムさえもが関係しています。アンブロサスのイノベーション研究所に基盤を持つこれらの「スマート」なソリューションは、アンブロサスが今日の問題(基本的な追跡・トレース)に対するソリューションを提供出来るというだけでなく、未来の需要に対してはさらにそうであると言えるということを示しています。

スマートシティのためのスマート・ソリューション

アンブロサスは食品や薬品といった商品の品質保証と管理を専門としている一方で、アンブロサスのネットワーク(AMB-NET)は、水、空気、作物やコモディティの農場の状態を含む、事実上あらゆる源からのデータの記録や設定が可能なように設計されています。

アンブロサスの水に関するソリューションは、スマートな水の管理と品質保証を中心としています。スマートセンサーを使って都市の供給水中のヒ素や鉛のレベルを監視して、全ての個人が自分が使用している水の質をリアルタイムに見ることが可能なアプリケーションに、そのような水のデータを設定出来ます。センサーが一旦都市の水管理システムや都市の下を通るパイプに設置されれば、消耗されたりすぐ置き換えたりする必要なしに、センサーがAMB-NETに読み取ったデータを送り続けるという事実を考えると、このようなソリューションは理想的です。

スマートシティに対するAMB-NETの適用可能性の2つめの例は、空気の質の監視です。フォーチュンの記事(英語)が説明するように、リソース生産レベルの変化や山火事、地震、その他の環境的イベントの増加によって、都市の空気の質は、危険なほどに汚染される立場に立たされています。未来のIoTセンサーによって、様々なガスの監視をするために、スマートデバイスを都市の色々な場所に接続することが可能になります。

  • 二酸化炭素(CO2)
  • 揮発性有機化合物(Volatile Organic Compounds、VOCs)
  • ホルムアルデヒド(HCHO)
  • ホスフィン(PH3)
  • 硫化水素(H2S)
  • 一酸化炭素(CO)
  • 二酸化窒素(NO2)

そのため、市民のための安全な生活環境を保証出来るという能力を披露したい政府は、このようなシステムに目を向けるでしょう。その一方で、1日の内で何時に運動したり、買い物や社会活動したりするのかを決めなければならない市民たちは、一旦一般的なアプリが設計されれば、同様に全体的な空気の質をチェックすることが出来るようになるでしょう。

最後の三番目ですが、アンブロサスは農業や農場の習慣を変革するポテンシャルを持っています。都市のサイズが成長し、オンデマンドの食品、飲料、薬品が当たり前になると、非常に多くの食料を近場で生産する必要が出てきます。温室(ビニールハウス)や農家にとって、アンブロサスのネットワークを通して彼らの作物の状態のデータにリアルタイムでアクセス出来ることは、様々な恩恵をもたらします。

  • 彼らの土壌の成分や質を理解出来る
  • 雨が彼らの畑に与える影響をもとにした計画作り
  • 課税控除のためのGPS位置情報の認定
  • 土壌に化学物質や殺虫剤が入って無いこと、その結果生産物にもそれが無いことを証明できる
  • 特定の商品のオーガニック(有機農法)な性質を証明できる
  • 水不足(旱魃、かんばつ)が起きたとき、土地の成分が貧しいことを証明するデータを持つ農家は、保険提供者に効果的な申請をすることが出来る

ここに書いたよりもっと多くの可能性も利用できるアンブロサスは、究極的にはサプライチェーン産業全体だけでなく、むしろスマートシティ全体を変革するポテンシャルを持っています。データがどんどん貴重になっていくにつれ、使用されるデータの周りにエンドツーエンドなセキュリティを持つこと(ハードウェアデバイスからブロックチェーンまでの道中ずっと)は、価値のある不可欠なものになります。

最も重要なことですが、Ambrosusソリューションの一番良いところは、それが分散型であるということです。ネットワークの中に中央集権的なノードが存在しないため、データを一つの中心的存在が保有したり、市民のプライバシーを侵害したり消費者の好みを操作するために使うのは不可能なのです。データが何千ものアトラスノードの間に散らばり、全てのプライベートなデータが数々のヘルメスノードに保管されることになるという事実は、全てのデータが究極的には公共の監視の目にさらされるということを意味します。データを「兵器化」したり、市民の監視を広げたりする能力を持つプライベート企業は存在しなくなります。

今後5年から10年の間に、スマートシティや他の形のスマート管理は、最終的には何百万人の人々の日常生活の中でありふれたものになるでしょう。アンブロサスはそのような人々からのデータの需要に対して、そのデータが意図された利用目的で使われているのかを厳密に確かめながら、統合されたソリューションを提供することが出来ます。要するに、アンブロサスが作ってきた消費者中心のモデルは、消費者に与える利益やセキュリティという点で革命的なのです。消費者が手にするデータに対して、彼らが非常に大きな信用を持つというだけでなく、そういった全てのデータが、倫理的に利用されたり意図された目的で使われるために、安全に、守られ、分散化するのです。

未来の成長

総じて言うと、将来、パブリックで分散型で安全なデータ管理ソリューションに対するニーズは、サプライチェーン、都市、農家にとって必然となります。アンブロサスは現在の自身のエコシステムの成長と、自身が持つIoTソリューションに対する専門知識をもとにして、そのような高みに達することを熱望しています。

結局のところ、Ambrosusエコシステムのパワーというのは、AMB-NETが無限の数のデータ管理ソリューションと簡単に互換出来るという事実にあります。水、化学物質、降雨を追跡・トレースしたいのが政府であっても企業であっても個人であっても、アンブロサスはそういった問題に対して費用効果的・効率的なやり方で、デジタルに応えることが出来るのです。将来そういったソリューションへの需要が増していく中で、アンブロサスは今存在する中で最も安全なスマート管理ソリューションを、届ける準備がいつでも出来ています。

元記事
Enabling the Smart City Revolution