Ambrosusが国連(国際連合)の消費者情報プログラムに参加

食品と薬品サプライチェーンにおける品質保証のためのブロックチェーン・IoTプラットフォームであるAmbrosus(アンブロサス)が、国際連合の「One Planet Network」の正式なパートナーとして迎えられ、認可されました。このOne Planet Networkの消費者情報プログラム(Consumer Information Program)における、一番最初のブロックチェーン企業のメンバーであることは、分散型台帳技術の使用を通して食品の消費と生産の持続可能性を向上させるのに役立つでしょう。

持続可能な開発の世界サミットにおいて設定された目標に従うように、消費者情報プログラム(CI-SCP)は、Ambrosusが最終消費者に対して持続可能な習慣を効果的に促進出来るように、様々なステークホルダーと触れ合うための協調的・戦略的な環境を与えます。

40以上の世界で最も影響力を持つ組織から成る消費者情報プログラムには、欧州委員会の環境総局、ドイツ連邦環境省、そして国連に支援された国際貿易センターも参加しています。

この消費者情報プログラムは、最終消費者に向けて持続可能で高品質、そして環境に優しい商品を奨励するための、世界で最も重要なフォーラムです。

Ambrosusの共同設立者でCEOのエンジェル・ベルセティ(Angel Versetti)は以下のように述べています。

「One Planet Networkの消費者情報プログラムに参加することは、AMB-NET(Ambrosusネットワーク)の成長と拡大に向けての重大な成果です。

政府の代表、非政府組織、そして世界中の最も革新的な企業のいくつかと一緒に取り組むことによって、消費者がとても必要としている、商品の品質や移動過程についての情報を与えることに関心を持っているステークホルダーたちから成る傑出したネットワークに、Ambrosusも加わることが出来るのです。

ブロックチェーンとモノのインターネット(IoT)技術の先駆者として、食品の持続可能性や環境に優しいパッケージングに関連する、最も複雑な問題に対するユニークな技術的ソリューションをAmbrosusは提供するでしょう。」

(当サイト補足)
One Planet Networkの参加組織の一覧はこちらでご覧頂けます。日本のエコマークやグリーン購入ネットワーク(GPN)も参加しています。

提携企業もさらに拡大

食品サプライチェーンにおける透明性へのさらなるステップとして、AmbrosusはBlendhub(ブレンドハブ)とも提携しました。この企業は世界初となる、粉末食品に集中した分散型食品生産ネットワークです。

さらにAmbrosusはFlatevとの提携も発表しています。こちらは消費者を中心としたスナックとベークドグッズ(焼き物食品)の企業です。

BlendhubはAmbrosusのセンサー技術とブロックチェーン・ネットワークを活用して、サプライチェーン全体での品質保証を証明しながら、材料、原料、最終商品を主要な産地から目的地まで追跡します。

一方AmbrosusとFlatevの提携では、手作りの(ホームベーカリー)商品に関する品質と透明性の再定義に向けて、企業が一緒になって取り組むことになるでしょう。

AmbrosusとFlatevの両社は最近、European Institute of Technology によって「rising Food Stars」として選出されました。彼らのソリューションを組み合わせることで、Flatevのカプセル情報がRFIDリーダーで読み取れるようになり、即座に消費者のインターフェース(iPad)に繋がります。

AmbrosusのCEOエンジェルはこう言います。

「BlendhubやFlatevのような、消費者を中心に据えた企業とコラボレーション出来る機会を持てることは、いつでもエキサイティングなことです。

Flatevと我々の提携によって世界中の消費者たちが、自分のパンの材料の状態についての情報にアクセス出来るようになり、その結果として以前では考えられなかったようなレベルの透明性を実現出来ます。

それに加え、我々とBlendhubとの提携により、粉末ベースの食品の品質と追跡可能性(トレーサビリティ)をさらに保証出来ることになるでしょう。

これらの提携は、Ambrosusエコシステムの範囲と適用可能性を拡大します。世界中の食品サプライチェーンが恩恵を受けることが出来る、新しい品質保証のスタンダードが始まるのです。」

Blendhub、Flatev、そしてAmbrosusにとって、これらの提携は家庭向けの材料や生産物の、安全で持続可能な生産のための基準を引き上げるものです。同時に、AMB-NETをグローバルに適用可能な粉末状食品技術に統合することは、産業の多様性を保証します。

このソリューションによって、世界中の家庭で使用される特定の材料についての詳細が、消費者と小売業者の両方から簡単にアクセス出来ます。これは、キッチンにより優れた透明性を提供し、また全体としてより自然な生産を可能にすることを目的としています。

概して言えば、これら3つの提携はAmbrosusエコシステムの範囲を、国際的ネットワーク、粉末食品に特化した技術的ソリューション、最終消費者のキッチンまで拡大します。

品質保証を中核の優先事項とするAmbrosusは、その最先端のブロックチェーン・IoTプラットフォームの中心に、最終消費者の利益を置き続けます。

元記事
AMBROSUS JOINS UNITED NATIONS SPONSORED ‘ONE PLANET NETWORK’ AND ESTABLISHES PARTNERSHIPS WITH BLENDHUB AND FLATEV