第四次産業革命 – 未来に何が起こるか

「その変化はとても重大なものである。どのくらい重大かというと、人類史の観点からは、かつてこれより大きな希望、もしくは脅威の可能性はなかったほどだ。」- Klaus Schwab(世界経済フォーラムの設立者、経営執行役会長)

世界の全ての企業は、ある特定の文脈の中から発展します。ある特定の時間、特定の場所に、これから起こりそうな問題や過去からのアイデアとともに存在する企業は、効果的であり成功するためには、自身が置かれた状況に気づいていなくてはなりません。

変化の性質を証明するもの、また世界経済の中で起こる継続的な進化を証明するものとして、最近の記事(英語)が、どのようにして今後10年間で今のS&P 500の企業の半数近くが入れ替わることになるかを説明しています。

しかし重要なことは、未来の分析者が世界経済とより広い社会的、政治的世界自体の両方について予測している変化が、歴史上のどの時点においてよりも大きなインパクトを持ち、変革的であるということです。

この差し迫った変化の根本を捉えた言葉として、「第四次産業革命」という言葉が作られました。これが何を意味するのか、またアンブロサスがどのようにして、この歴史的な変化を有利に活用出来る立場にいるのかを、以下で詳しく考察します。

産業革命とは?

蒸気機関
「産業革命」という言葉はもともと18世紀中頃(だいたい1765-1830年)の、農業から産業への社会的移行を指す言葉として使われていました。この時期、社会、経済、政治における革命的な変化が、理解されていたように「生活」を変革しました。新しい製造業の物質、新たなエネルギーの形、そして全く独創的な発明のセットが、新しい時代のための産業的成長を刺激しました。

最も知られていて、そしておそらく最も効果的であったのは、蒸気機関でした。蒸気機関は一般的用途のための技術で、そこから新しい運送、製造、輸送の産業が生まれていきました。

18世紀後期に起こった最初の産業革命以来、2つの他の明確な「産業革命」も起こっていきました。

第二次産業革命(1870-1914)

電球の発明
著名な経済歴史家のJoel Mokryはこう語っています。「第二次産業革命は、広大な技術システムを例外から当たり前に変えた。」(第二次産業革命 ページ4 英語)

もっと正確に言えば、数々の古い発明、新しい発明が、ついに人々の日常に実装される可能性を手に入れたということです。より広いレベルでは、第二次産業革命は全く新しい組織的方法と技術を、世界経済にもたらしました。最も顕著なことに、これらは鉄、化学の進歩、電気、大規模な鉄道の実施、そして組み立てラインを含んでいました。

化学的な革命は、軍事戦争における進歩と、石油抽出におけるイノベーションをもたらしました。新しい世代の企業と独占が、カーネギー鉄鋼会社、ゼネラル・エレクトリック(GE)、デュポン(Dupont)などで発生しました(第二次産業革命 ページ4)。最も重要なことに、一般市民の平均的日常が、輸送、食物貯蔵、薬における改善を通して急激に変革しました。

第三次産業革命(1960年代-2000年代)

IT化の時代
たったの50年後、さらなるパラダイムシフトが世界経済と、より広く言うと世界一般に起こりました。原子力エネルギーと原子力関連技術の発達とともに、数々の電気的イノベーションが同様に栄えました。

ほんの少しだけ名前を挙げれば、トランジスタ、マイクロプロセッサ、セミコンダクタなどです。生命工学(バイオテクノロジー)の進歩が、現代のバイオセンシングと、また同様にDNA鎖に関連する集中的な進歩のための基礎を作りました。

最も重要なのは、1980年代から1990年代にかけて、パーソナルコンピューティング、インターネット、情報工学(IT)が効率性を強化し、自動化や量子コンピューティングの礎を築いたことです。

飛行機や車の商業化が、薬や食品の配送に革命を起こし、消費者の選択を増やしました。クリーンなエネルギーと、自然の力を動力にする可能性が現実となりました。要するに、第三次産業革命がデジタル時代を開始させたのです。これまでの人類史には無かった時代が始まりました。

第四次産業革命 – 最高はこれからやって来る

アンブロサスが支える第四次産業革命
これまでの3つの産業革命と違い、第四次産業革命は、世界経済フォーラムの設立者、経営執行役会長であるKlaus Schwabによって、比較にならないほどより破壊的(disruptive)であると説明されています。

「そのスケール、範囲、複雑さにおいて、その変革は人類がこれまでに経験したあらゆるものと異なるでしょう。」(英語記事

第一次産業革命が、もっとずっと大きなインパクトを持つ第二次産業革命のための道を舗装したのと同様に、手の届くところにある最新の革命は、1960年代から発展しているコンピュータサイエンスや情報工学(IT)の進歩によって、十分に準備されてきました。

より具体的に言うと、以下に挙げるように数々のデジタル技術や組織構造が、世界規模の破壊(disruption)の最先端にいるということです。

モノのインターネット(IoT)と全てのもののインターネット(IoE)

モノのインターネット(IoT)は過去20年で著しく進歩してきました。それはゆっくりと、「産業的モノのインターネット(IIoT)」、もしくは他の人が言うように、全てのもののインターネット(Internet of Everything, IoE)に成長していくでしょう。

物理的なデバイスは、「スマート」に作られたり、相互に知的にやり取り出来るだけでなく、まもなく最適なプロセシング・システムに接続し、人工知能を持つよう設定され、安全な分散型のネットワークに接続されるでしょう。

分散型台帳技術(DLT)

分散型台帳と、その最もよく知られた印であるブロックチェーンは、すでに現在ファイナンス、データの保管と処理、そしてサプライチェーン管理の基本構造に統合されつつあります。

分散型でスマートな情報管理は、数々のさらなる応用方法を持っていて、特に当てはまるのは知的財産の有効性、クリーンエネルギー生産の捕捉と監視能力、お互いを信用していない多くの組織間でのデータ共有能力です。

人工知能(AI)

家庭用エンターテインメントから先進的なサプライチェーン管理まで、人工知能は未来の中核システムに組み込まれています。機械と他の機械の間での、また機械と人間の間での知的で自立したやり取りは、最終的により素早く独立した意思決定を可能にし、ついには経済プロセス全体が自動化するでしょう。

長い記憶やコミュニケーション能力が徐々に可能になっている機械は、自立し、自身で持続可能になるまで改善していくでしょう。

ビッグデータ分析

とても大きなデータセットや、よりカスタマイズ可能なアルゴリズムを使うことで、企業は消費者の態度、ビジネス管理習慣、そして人間の健康さえもの間における、隠れたパターンや相関関係を明らかにする能力を持ち始めています。

スポーツの戦略から軍事計画まで、ビッグデータ分析は世界経済の複数の産業にまたがって、広く実装されるでしょう。

付加製造(3Dプリンティング)

最適で安全に3Dプリントされたデザインは保管され、関係者に対してのみ選択的に供給されます。3Dプリントの原料、そして3Dプリンティング自体に簡単にアクセス出来ることが、個人使用のために簡単に使えるツールが素早く設計・製造される、消費者支配の産業に変わっていくでしょう。

付加製造は商品のより良いパッケージングやラベル付けを可能にするだけではなく、企業が自身の産業的運営のために使う原料を、より費用高価的・効率的なやり方で調達することも可能にします。

ドローン技術

消費者が3Dプリントされたモノにアクセス出来ることと同様に、ドローン技術、そしてより具体的には、商品配達に関連するドローンサービスが、今後数年間で爆発的に増えるでしょう。

ドローンはセキュリティの目的のために簡単に設計・実装され、数多くの機能を実行可能になります。

第四次産業革命における極めて重要な輸送技術として、ドローンは商品が世界中を移動するのにかかる時間を大幅に減らす役割を果たすでしょう。

デジタルの領域を超えて、第四次産業革命は現在の生物学、そして製造の習慣を、劇的に破壊(disrupt)する能力も持っています。

産業的製造のケースにおいては、ロボット工学や自動運転車における進歩や、グラフェン、熱硬化性樹脂プラスチック、ポリヘキサハイドロトリアジン(PHTs)などの新しい物質の発見により、商品がどのようにパッケージされ、輸送され、保存されるのかということに関して、革命が起きることが約束されています(世界経済フォーラムのKlaus Schwabによる「第四次産業革命」21ページ)。

DNA鎖
生物学的な話では、遺伝子の編集、合成生物学、臓器の3Dプリンティングが既に始まっています。

ビッグデータ分析と組み合わせて、生物学の進歩が約束するのは、人体、栄養の源、自然世界と、顕微鏡のレベルでやり取りすることです(「第四次産業革命」26ページ)。

特定の細胞、体の欠陥、DNA鎖にズームイン出来る能力が、個人の好みが再び表面化する、よりカスタム可能で個人に合った世界をもたらすことは避けられないでしょう。

究極的には、第四次産業革命は以前の3つの産業革命全てよりも、破壊的(disruptive)、革命的、そして世界に適用可能であるということを約束しています。

製造や合成生物学における歴史的な進歩や、データ処理、大規模データ保管、量子コンピューティング、ナノテクノロジーにおける等しく重要な変化の全てが、成長と機会の爆発を示しています。

新しいビジネスモデルが現れ、消費者の好みは大きなイノベーション全てによって揺れ動き、人間がやり取りしたりコミュニケーションすることが出来るスピードや効率性は、急速に成長するでしょう。

アンブロサスとその第四次産業革命における位置づけ

アンブロサスを第四次産業革命の最前線に、最適に位置づけるためには、かなりの量の戦略や計画が必要です。サプライチェーンが、産業的破壊に直接さらされる世界経済の1つのエリアである一方で、そういった運命にあるのはサプライチェーンだけではありません。

ヘルスケア、都市管理、農業習慣、知的財産、サイバーセキュリティ、そして全てのもののインターネット(IoE)に関連する全ての他の産業もまた、アンブロサスのネットワークであるAMB-NETを等しく利用出来るのです。

この意味で、アンブロサスの戦略はサプライチェーンに革命を起こすことだけではありません。

安全なデータ管理や設定を必要とするあらゆる産業、政治形態に対して、クリエイティブかつ直接統合する事もなのです。

貴重なコモディティの追跡から医療テスト・トライアルの証明、製薬業界サプライチェーンに保険を提供することまで、AMB-NETは無限の使用事例(ユースケース)に対して、柔軟でダイナミックなソリューションを提供します。

総じて言えば、今後10年間で第四次産業革命が始っていく中で、アンブロサスは企業、政府、そして他のあらゆる個人や組織が、円滑に、そして効率的に新たな時代に統合できるように、独特なやり方で準備が出来ているでしょう。

元記事
The 4th Industrial Revolution: What the Future Holds