仮想通貨AMB アンブロサスのSDKでdApp(分散型アプリケーション)を開発


ロンドンで2018年6月12日に行われたCogXカンファレンスで、アンブロサスがWebアプリ(Javascript/Node.js)、iOS(ネイティブ)、Android(ネイティブ)向けのSDK(ソフトウェア開発キット)を、GitHub(ギットハブ)のリポジトリに公開しました。これはアンブロサスにとって重要なマイルストーンで、なぜならSDKはAMB-NETプラットフォーム上でのあらゆる統合・外部アプリの開発の土台となるからです。

アンブロサスのGitHubリポジトリはSDKファイル、ドキュメント、少しのサンプルアプリケーション、そしてAMB-NETへのデータの読み書きがどれだけシンプルかを示すデモンストレーションを含んでいます。これらがあらゆる新しいアプリの出発点になります。

アンブロサスのGitHubリポジトリ

手始めとして、アンブロサスの最高製品責任者(CPO)であるブラッド・トリファ博士(Vlad Trifa)がビデオのチュートリアルを通して開発者たちに新しいツールの使い方を説明しました。ブラッドは、「先週末、クルジュ(Cluj)で行われたTechsylvaniaハッカソンにおいて、私たちはこれら3つの新しいSDKをソフトリリースしました。このイベントでツールをテストした開発者たちからのフィードバックはとてもポジティブなものでした。彼らをより広い開発者コミュニティに誘うことが出来てとても幸せです。」と付け加えました。

新しいdApp(分散型アプリケーション)開発の可能性は無限

アンブロサスが現在開発中で、インダストリアル(産業)環境で厳格にテストを行っているAMB-NETのdAppは以下の4つです。

インダストリアル・ユニバーサル・プロダクト・スキャナー

これはシンプルなネイティブアプリで、色々な1D、2DバーコードやNFCタグをスキャンし、AMB-NET上でそれらのIDと対応するアセットを探して、それらのアセットについての情報を表示するものです。それらのアセットに関する新しい情報もまた、イベントを通して入力可能です。ユーザーはパスワードによるログインやプライベートキー(秘密鍵)、もしくは他の生体認証(フェイスID、虹彩認識、指紋など)を使って、自分のアプリへのログイン、認証が可能です。これによって彼らはよりプライベートなデータにアクセス出来たり、作れるようになります。これが、サプライチェーンやブランド保護者が追跡、収集するために使うことが出来る、信頼されるインダストリアル・グレードの内部アプリを開発するための理想的な開始点になります。

消費者向けの商品ビューア

これはシンプルな、アンブロサスによってホストされるWebベースのサービスで、ユーザーはWeb上(モバイル/デスクトップ)にアセットやイベントのデータを簡単に表示できます。このアプリには今のところamb.toという名前が付いています。あなたがAMB-NET上にアセットを作るたびに、そのアセットは自動的に一般公開されるamb.toアドレス(http://amb.to/[アセットID])を持ち、商品やパッケージにも印刷可能になります。これは簡単にブランド化したりカスタマイズ出来る商品データのユニバーサル(万人向けの)・ブラウザを提供し、さらにはあらゆるアセットのランディング・ビューが、商品上のどんなQRコードでも効率的に再設定可能な”bit.ly”のようなリダイレクトサービスへと変換することで、簡単にあらゆるURLへリダイレクト出来ます。メインネットのリリース後に、amb.toの軽量バージョンをオープンソース化する予定です。

インポーター・スクリプト

この超シンプルなnode.jsスクリプト(数十行のコード)はJSONドキュメントを受け取り、それを使ってAMB-NET上のアセットに対してイベントを生成します。これはアンブロサスのデータとサードパーティ製のITシステム、例えばERP(企業資源計画)、製造業アプリケーション、デバイスなどとの統合を(双方向で)可能にする、シンプルなスクリプトの例です。

商品リコール・ダッシュボード

これは肉産業に深く関連する顧客企業のために私たちが開発した、とてもシンプルなデモです。このアプリケーションは、スーパーマーケットによって受け取り・保管・販売された、全ての肉のリアルタイムな在庫を表示するものです。運用者は全ての肉アセットに対して、特定の基準(同じ日に到着したもの、特定の農場の牛から作られたものなど)に当てはまるようフィルターをかけて、それらのアセット全てにリコールイベントを作ることが出来ます。リコールされたそれらのアセットの内どれかをスキャンすれば、不変の「この商品はリコールされました」という表示とともに必要手順も直接見ることができます。たった数日の間に、私たちはコストを大幅に削減し、商品リコールの管理・実行の効率を大幅に向上する、ブロックチェーンベースの商品リコール・ソリューションを実装することが出来ました。

アンブロサス・エコシステム
AMB-NET分散型ネットワークは、センサー、アプリ、伝統的ITシステムが、シームレスで信頼出来るやり方でお互いに対話し、データの交換が出来る相互運用可能なプラットフォームです。私たちの現代的なAPIや開発者にやさしいSDKのおかげで、現在市場に存在する他のソリューションに比べてコスト、時間、面倒が少ないやり方で、企業が彼らのサプライチェーンのためにブロックチェーンの領域に入って、最新の技術にレバレッジをかけることが可能になります。

あとはあなたです。あなたはアンブロサスで何を作りたいですか?あなたのアイデアを教えてください(動いているデモを見せられるならより良いですが)。ベストなアイデアには、そのアイデア・プロトタイプを完全に機能するMVPに変えられるように金銭、運営の両面でサポートし、あなたがそれを本物の商品かスタートアップに変えられるようにします!アンブロサスは誇りを持ってイノベーター、クリエーター、熱狂者のコミュニティを促進し、私たちの現在の重要なゴールは、他者がアンブロサス上に素晴らしいものを作れるようにするためのツールを開発することです。SDKはそのための第一歩です!

なぜこのステップが重要なのか?

APIやSDKは、あらゆるオープンで開発者中心の技術にとって核となる開発ブロックで、そのためアンブロサスのエコシステムにおける重要な基盤です。私たちはAPIを、顧客のニーズに応じてカスタマイズ可能なさまざまなビジネス関連アプリを結びつける接着剤のようなものと考えています。これらはAPIについての基本的な知識を持っているどんな開発者でもAMB-NETのためのアプリを開発出来るようにしますし、私たちの顧客やパートナーたちが、基盤となるブロックチェーンがどのように動いているかという知識がなくてもアンブロサスのブロックチェーンに統合出来るようにします。言い換えると、これはあらゆる企業(特に自社で広範な技術チームを持っていない企業)が、IoT(モノのインターネット)やブロックチェーンを使ってサプライチェーンを急速にデジタル化するための、参入障壁を著しく下げるものであるということです。アンブロサスのAPIを使うことで、企業は熟練した(そして高給の!)開発者のフルチームを雇わなくても済むようになります。

ブロックチェーンを民主化する

ブロックチェーンはまだ新しいプロトコルで、イノベーションに向けての大きな跳躍であったり、企業がより安全で信頼出来るサプライチェーンを達成するのに役立つと考えられています。アンブロサスのブロックチェーン・ソリューションは2つの産業に集中しています。それは食品と薬品で、それらは特に安全性、信頼性、追跡可能性(トレーサビリティ)を切望しています。

SDKの開発を通して、アンブロサスはブロックチェーン技術が約束する重要事項である、本当に分散型の、民主的なシステムを作って、ブロックチェーン分野への参入や参加を促進したいと思っています。

dApp(分散型アプリケーション)のためのマーケットプレイス

アンブロサスはJavascriptやAndroidの開発者がSDKをレビューし、7月にローンチされるAMBのメインネット上で開発される、面白い使用事例(ユースケース)やdApp(分散型アプリケーション)の提案を歓迎します。Web上での単純な消費者向けのロイヤリティープログラムであろうと、iOSにおける内部の物流スキャンアプリやAndroid上のセンサー・ゲートウェイ・ブリッジ、Node.jsを使ったSAPへのバックエンド・コネクターであろうと、SDKはAMB-NETとやりとりする安全な企業向けコンポーネントの試作や配備(デプロイ)を促進します。先月、アンブロサスは公式にAMB-NETインフラのベータバージョン、具体的にはヘルメスノードの実装をリリースしました。各ヘルメスノードはREST APIを提供し、基盤となるブロックチェーン・ネットワークとやり取りするアプリを簡単に開発出来るようにします。

AMB-NETは、私たちアンブロサスが人類を進歩させるために世界にもたらそうとしている、グローバルで、統合が簡単であり、安全な台帳です。今日の発表は、私たちをその高尚なゴールへと一歩近づけるものです。

アンブロサスについて
アンブロサスは食品、薬品企業のための、ブロックチェーンを動力源とする世界初となる、サプライチェーンのデータ保管、分配ネットワークです。AMB-NETの分散ネットワークを通して、アンブロサスはセンサー、分散型台帳、データベースの間での安全で摩擦のない対話を可能にし、サプライチェーンの可視性や品質保証を最適化します。 

元記事
Build on Ambrosus using JavaScript, iOS, or Android— the SDKs are out!