仮想通貨AMB アンブロサスが解決するサプライチェーンのトレンドと課題


「サプライチェーン」という言葉は1982年に、Booz Allen Hamiltonでコンサルタントをしていたキース・オリバー(Keith Oliver)によって最初に作られました。それから30年以上にわたって、 グローバルな取引や産業は、企業のサイズと同様に彼らの世界に対するリーチにおいての加速的な増加を目撃してきました。次世代のサプライチェーン・ソリューションとして作られているAmbrosusは、ユニークで効率的、そしてシームレスな(継ぎ目のない)やり方で商品に内在する価値を統合し、承認することによって、そのようなグローバル・サプライチェーンを劇的に崩壊(disrupt)させようとしてます。重要なのは、Ambrosusは毎日何十億もの商品を持続可能なやり方で追跡して守ることが可能な、インダストリアル・グレードのサプライチェーン・ソリューションとして特別にデザインされてきたものであるということです。単に技術を提供するだけでなく、Ambrosusは新しい時代のサプライチェーンの要求に応えるように構築されています。そのような要求とはつまり、企業の運営能力を引き上げ、消費者にアピールし、サプライチェーンの中で起こる問題に反応し、究極的には自身の商品の品質を示したいと思っている起業が市場バリアを乗り越えることです。

インダストリアル・グレードのサプライチェーン

グローバル・サプライチェーンは過去30年間で、向上した相互接続性、市場アクセス、ビジネスの機会などに対応して成長してきました。そのようなグローバル化の時代の前は、サプライチェーンはさまざまな独立したプレイヤーごとに分断されていました。つまり1つは生産をする企業、そしてまた別の保管担当、3番目に配送する企業、そして最後に最終的な小売業がいる、というような形です。これらのチェーンが進歩するにつれて、より大きな企業がより広範囲のサプライチェーン・プロセスを支配するようになっていきました。

人口の増加とともにコミュニケーション手段が向上するにつれて、グローバル・サプライチェーンは、1つのサプライチェーンが今や毎日何億ドルもの価値を動かせるところまで進化してきました。こういった膨大な生産ラインは事実上インダストリアル・グレード・サプライチェーンと呼ばれていて、それは伝統的な産業の生産とほとんど同じように商品が大量生産されているからです。

グローバル・サプライチェーン: トレンドと課題

インターネットの始まりとともに、サプライチェーン・マネジメント(管理)はかなり進化して新たなステージにまでやって来ました。つまり向上したコミュニケーションや物流の能力により、企業は彼らのサプライチェーン・データベースを一般的なシステムにつなげることが可能になったのです。それはより全体論的な計画を可能にしました。そのようなERP(企業資源計画、Enterprise Resource Planning)は情報のインターネットに入り込んで、より広範囲で包括的な形のサプライチェーン・マネジメントを可能にしました。

しかし今、サプライチェーン産業のトレンドが示しているのは、サプライチェーン・マネジメントの新しい時代が幕を開けようとしているということです。その新しい時代は情報のインターネットだけではなく。価値のインターネット(IoV)、そしてモノのインターネット(IoT)にも焦点を当てています。この歴史的な転換を直接利用する立場にいるAmbrosusは、ブロックチェーンとIoTセンサーを組み合わせて、世界中を移動する商品が持つ隠れた価値や品質に対するアクセスの新しいレイヤー(層)をサプライチェーンに提供します。

以下でインダストリアル・グレード・サプライチェーンにおけるトレンドと課題を明確に説明します。実例として、以下のリストはAmbrosusがデザインした全体論なソリューションが解決する、市場のすき間を示しています。

トレンド1 – 生産性の増加

サプライチェーン・マネジメントにおける最も大きく重要なトレンドは、グローバル・サプライチェーンの生産性と監視を向上させるために最先端の技術やイノベーションを使うことに関連しています。JLLの調査によると、技術の変化は主にビッグデータ、IoT(モノのインターネット)デバイス、3Dプリンティングによって構成されています。これらの新しいリソース(資源)によって、企業も消費者も同等にどのようにサプライチェーンが運営されるかを把握出来るようになり、そのため商品の可視性だけでなく、需要に対する新たなコントロールの得られるようになります。しかし最も重要なのは、この最先端のイノベーションがパブリック(一般に公開される)でオープンソースなやり方で成されることです。つまり、特定のブランドの消費者や顧客が各商品についてのストーリーを完全に信じられること、そしてそれが可能なのは品質保証のパワーが関連する利害関係者と関係なく保証されるからです。

課題1 – 技術的崩壊(Disruption)

サプライチェーンにとって、技術的イノベーションの課題は競争優位性の中心に存在します。JLLや他のプロフェッショナルなマネジメント会社が言うように、グローバルなブランドによるイノベーション的崩壊(disruption)への対応において驚くべき失敗がありました。企業はそのような革新的技術を活用することに慣れなければいけないだけでなく、先行者利益を得たいのであれば、それらを早々に採用するという先見の明を持っていなければなりません。これは特に食品産業に当てはまることで、オリーブオイルのサプライチェーンについての最近の研究によると、産業全体が過度な偽造によって停滞しているようです。停滞しているサプライチェーンの例として、オリーブオイルに対する世界の需要はイノベーションの欠如によって急減少しています。つまり、消費者たちは商品の中に何が入っているのかを知ることが出来ず、商品が本当に言われている通りのものであるのかを確かめることも出来ません。

Ambrosus(アンブロサス)のソリューション

インダストリアル・グレードのサプライチェーンはそのサイズと地理的な分散によって、歴史的に複雑で把握するのが不可能でした。しかし、Ambrosusという最初のエンドツーエンドのインダストリアル・グレード・サプライチェーン向けソリューションによって、企業は「ビッグデータ」、」ブロックチェーン」、「IoT」、「3Dプリンティング」にレバレッジ(テコの原理)をかけて、消費者の目の中で自身のブランドの質を向上させると同時に、イノベーション的崩壊の危機を避けることが出来るようになるのです。

商品の外部と内部両方の構造を監視するためにカスタムデザインされたIoTセンサーを取り付けることによって、以前は「闇」だったサプライチェーンが、各商品の状態がリアルタイムに監視できるところまで変貌するのです。さらには、Ambrosusによってデザインされた、カスタムメイドに3Dプリントされたセンサーは、企業が彼らの商品におけるまったく新しい要素を追跡できる、費用効率的で革命的な手段を提供します。

全体的に言って、インダストリアル・グレードのサプライチェーンに対するアンブロサスのソリューションは。分散型でオープンソースなやり方でビッグデータに対してブロックチェーンとともにレバレッジをかける能力の中心に位置しています。Ambrosusネットワーク(AMB-NET)はパブリック・ブロックチェーンであるだけでなく、企業が、彼らのサプライチェーン・マネジメントの実践方法に対してすばやく実装するための特別な機能を持つように、企業に優しくデザインされているのです。これらの機能は、センサー・ツール、SDK(ソフトウェア開発キット)、API(アプリケーション・プログラミング・インタフェース)、M2M(マシーン to マシーン)プロトコルを含んでいます。そのためAmbrosusによって企業は、破壊的イノベーションを利用し、どんどん競争的になっているエリアにおいて先行者になるために、そのような技術にレバレッジをかけることが出来るのです。

トレンド2 – グローバル化と都市化

革新的で期待の持てる技術にくわえて、グローバル化と都市化の増加もまた、インダストリアル・グレードのサプライチェーンに対して重要な示唆を持っています。次の世紀の人口予想が100億人を超えている状況では、食品に対する消費と需要も当然増えていくでしょう。さらには、現在の移住傾向が示していることは、サプライチェーンは未来の大規模な都市型村落に応えられる必要もあるということです。安全で透明で効率的なサプライチェーン・マネジメントに対する需要は、病気、資源不足、そして分配の失敗のリスクが上昇するにつれて、必然的になっていくでしょう。

課題2 – サプライチェーンのクオリティ

グローバルなサプライチェーンにとっての任務は、安全で効率的なやり方で需要の増加に応えることに関連しています。商品のリコール(回収)は今見積もられている1000万ドルより高くなっていくでしょう。この1000万ドルにはブランド・イメージに対するダメージは含まれていません。さらには、予想される農産食品の全体的な価格の上昇と世界的な競争の増加により、新しいサプライチェーンの時代において上手く成長するためには、自分の商品の品質や規制遵守を示せる能力は最重要になるでしょう。これは特に食品、薬品、コモディティのサプライチェーンにおいて言えることです。その上、持続可能な習慣を取り入れる能力や農業の生産や環境における変化に対応できる能力が、未来のサプライチェーンにとっての課題であることは疑いようがありません。商品の品質や起源を示すということがここまで重要だった時代は今までにありません。

Ambrosus(アンブロサス)のソリューション

データの最適化や企業に優しい技術的統合だけでなく、アンブロサスのソリューションはサプライチェーンの追跡(トレース)能力を劇的に向上させます。ユニークなことに、そのような改善によって企業は商品の起源を示せると同時に、規制の基準を満たすことも出来るのです。単なる追跡・トレース能力を超えて、アンブロサスのオープンソースなソリューションは、記録されたデータを専門的なやり方で構成したり表示したりするアプリやdApp(分散型アプリケーション)を作ることも可能にしています。アンブロサスは企業の利害関係者だけでなく、スタートアップやビジネスに成長していくかもしれないコミュニティによるプロジェクトからも構成される開発者コミュニティを助長していて、それがデータを原動力とする経済の開発を加速させながら、AMB-NETのエコシステムを成長させています。

そのため、Ambrosusは新しい市場に入っていき、サプライチェーンを守り、規制の基準を満たしたいと思っている企業のための全体論的なソリューションを提供することが出来ます。現在顧客企業とともに開発され、彼らに使われている特定のdApp(分散型アプリケーション)は、以下に関連しています(これ以外にもありますが)。商品のリコール(回収)の管理、サプライチェーンへの惨事の緩和、サプライチェーンの失敗に対する保険の提供など。

このようなソリューションが手元にあれば、新しい市場へのアクセスや改善された都市の物流は、企業が商品を効率的に、また必要な量を正確に配送することを可能にします。その結果、むだな浪費が最小限になり、それに付随して利益が増加し、究極的には食品や薬品の配送や生産における持続可能な方法が、ついに実現できるのです。

トレンド3 – 食品の安全と品質

グローバルなサプライチェーンの一般的なサイズが大きくなるにつれ、また同時に特定の企業の地理的な範囲が広がるにつれ、消費者は自分たちの食品の安全について、また何がその中に入っているのかについて。かつてないほど心配するようになりました。未来の技術的イノベーションや「ビッグデータ」が消費者による監視能力やその容易さ、商品の透明性を向上させるにつれて、安全で健康的な食品に対する需要も後を追ってきます。プラスチックや発がん性物質を避けたい消費者が食品や薬品のラベルをより注意深く見るようになるだけでなく、市民の肥満を防ぎたい政府も、質の高いブランドを優先したり宣伝するようになるでしょう。グローバルなサプライチェーンがより混雑し、持続可能性や浪費の管理、倫理的な実践に対する疑念が大きくなるにつれて、ビジネスの成功には品質に対する実践や消費者のイメージが不可欠になるでしょう。

課題3 – 消費者の需要

インダストリアル・グレード・サプライチェーンにとっての最大の課題(それは同時に最大の好機でもありますが)は、もっと消費者中心の方向に彼らのサプライチェーンの進路を定め直すことです。こういったトレンドが示していることは、ブランドは自身の商品の品質を示したり、より持続可能でローカルな、そしてオーガニックに育てるというトレンドに配慮することによって、消費者の好みに応え始めることが必要になるということです。品質が示された商品により多くのお金を払いたがるという消費者の傾向は、今後増えていく一方です。企業が競争優位であり続けるためには、彼らは自身のサプライチェーンを消費者の需要や好みの周りに再構築しなければなりません。

Ambrosus(アンブロサス)のソリューション

透明性と持続可能性は、常にアンブロサスの支柱であり続けています。パブリック・ブロックチェーンにレバレッジをかけてサプライチェーンのデータを記録、保全したり、ユニークなアプリをAMB-NET上に開発することを通して、アンブロサスはかつては想像出来なかったようなやり方で一般と関わる、全体論的な消費者中心のソリューションを開発しました。企業が示したいと願う透明性の度合いは、消費者が消費する商品の起源や組成について、彼らが知りたいと思っている度合いと一致しています。さらには、アンブロサスは現在、総括的な「食料品店」アプリケーションを開発・テストしていて、そこでは全ての消費者が、自分が買おうとしてる商品が本物かをスキャンしてチェック出来るようになります。オーガニックで持続可能に作られた、そしてローカルな食品のデータに対するかつては得られなかったアクセスが。消費者の手の中で可視化されるのです。

この意味において、自分が買うものを信用したい消費者たちは、消費したい全ての商品の品質と起源を検証するための明確な機会を得ることになります。選択と優先の焦点は再び、利益の幅ではなく消費者と彼らの健康に対して当てられるのです。透明性と消費者の好みを土台にしたブランドを築きたいと願う企業は、彼らの商品の品質を示す新たな機会から大きく利益を得ることになるでしょう。

Ambrosus(アンブロサス)はインダストリアル・グレード・サプライチェーンに対するソリューション

未来のサプライチェーン・マネジメントについての絵を描いてきましたが、アンブロサスの具体的な適用もまた、正確に定義することが出来ます。アンブロサスは。現在インダストリアル・グレードのサプライチェーンが直面している課題に対する最も全体論的なソリューションです。ビッグデータ、IoT、都市化、そして消費者の好みの到来とともに、アンブロサスは今日のサプライチェーンの課題を解決し、明日のスマートシティの原動力となる、安全で効率的、そして企業に優しく消費者を中心としたソリューションを可能にする、繁栄のためのエコシステムをデザインしました。

他の誰とも違い、アンブロサスのソリューションは、ブロックチェーンを分散化し。市場の商品の裏側のストーリーを完全に明らかにすることによって、本当の透明性と品質保証を消費者の手にもたらします。

究極的には、単なる追跡・トレース能力を提供するだけでなく、アンブロサスはグローバル・サプライチェーンの隠れた価値を効率的に開放する、サプライチェーンの問題に対するネクスト・レイヤー(層)のソリューションを提供します。これがロジスティクス(物流)4.0です。

「スマート・コンテナを持つこと、つまり中にあるものや、それがどこから来たのか、それがどういう状態にあるのかを追跡出来るということ。その時、あなたは価値と消費者の需要に目を向けた、戦略的で全体論的なアプローチから利益を得はじめるのです。」

元記事
What is an Industrial Grade Supply Chain Solution?