AMB-NET・マスターノード

AMB-NET SDK 2.0がリリースされました

更新日:

Ambrosus(アンブロサス)はAmbrosusエコシステムの将来に影響を及ぼす大きな成果を発表できることを大変嬉しく思います。iOS/ MacOSJava / Android、およびJavaScript用のソフトウェア開発キット(SDK2.0がリリースされました!更に、新しく洗練され強化されたSDKオリジナルの資料と共にリリースされ、有望な開発者を含む全ての人々にとってAMB-NET上でソリューションを構築することが簡単かつ直感的になります。SDK2.0のリリースは3つの主な理由でAMB-NETの開発における大きなマイルストーンとなり、Ambrosusエコシステムのより大きな成長に繋がります。

  1. エンタープライズソリューションを始めましょう!:改良され更新されたSDK2.0は、企業、企業家、開発者がAMB-NET上でソリューションを素早く簡単に構築し、収益化するためのAmbrosusエコシステムの重要なコンポーネントです。Ambrosusのオープンソースの性質は、それによりソリューションを独自に生成し、規模を拡大することができる地点に到達します!
  2. 洗練され改良されたAMB-NETとの相互作用SDK2.0のリリースは、Ambrosusデータモデルに関連する多くの機能を改善し、Ambrosusブロックチェーンと直接対話し、また公開鍵と秘密鍵の「アカウントサポート」を提供します。
  3. Ambrosusエコシステムへの参入障壁を低くする:各SDKの段階的なドキュメンテーションにより、ブロックチェーンのプログラミング言語に関する知識を必要とせずに、Ambrosusエコシステムのことを以前は良く知らなかった開発者が簡単に始めることができます。

AMB-NET上でソリューションを構築するための基盤としてのSDK2.0:なぜとても重要なのか?

コミュニティの多くの方がご存知のように、ブラッド・トリファ博士(Dr. Vlad Trifa)が率いる複数の開発チームがAmbrosus ネットワーク(AMB-NET)を徹底的に設計、構築、拡張するために働いており、Ambrosusエコシステムはこの1年半絶え間なく発展しています。当初からの目標は変わっておりません:分散型台帳技術(DLT)を使用し、IoTに最適化された産業グレードのインフラストラクチャを構築し、世界経済全体にわたって何百万もの物理的および論理的なアイテムやプロセスを追跡および管理することです!

最近SDK2.0 が追加されたことは、AMB-NETが広く採用されるために非常に重要です。独自の革新的な製品であるヘルメス・マスターノードと組み合わせることで、SDK2.0Ambrosusエコシステムを使用するあらゆる企業、エージェント、またはスタートアップが必要な全てのツールを1か所にまとめることが出来るようになります。新しいSDKは、Ambrosusのクライアント、開発者、および企業家が、プロトタイプから実用的な製品へ、そしてそれぞれのニーズと目標に応じたソリューションの拡大へと移行することを大幅に容易にします。AMB-NET上でのソリューションの構築と収益化はこれまでになく簡単になりました!

主要な点:ブロックチェーンベースのプラットフォームは、対話が簡単で本当に価値のあるソリューションを構築できる場合にのみ役立ちます。AmbrosusエコシステムにとってモバイルSDK2.0は、Ambrosusネットワーク上で動作するアプリケーションを迅速に実装するための基盤です。

SDK2.0AMB-NETとのやり取りの洗練と改善

より技術的なレベルでは、SDK2.0のリリースにはAmbrosusネットワークとやり取りするための多数の新機能と改良が伴いました。AMB-NET上で情報やトークンを送信するだけでなく、アプリの設計や拡張を目的として、最適化されたiOS / MacOSJava / Android、およびJavaScript SDK 2.0に次の変更が加えられました。

アセットおよびイベントに関するAmbrosusデータモデルが改善され、「アカウント」の機能強化とともにドキュメンテーションが更新されました。より具体的には、「アセット」と「イベント」の作成と署名は、完全にクライアント側で行われます:これにより、システムのセキュリティが最大化され、特定のデータが本当に特定のソース(アプリ、デバイス、ERPなど)から来たものであるか、また記録されて以来誰にも変更されていないかを誰でも暗号的に証明できます。Ambrosusの企業クライアントの大多数にとって、これはネットワークに欠かせない機能です。

全く新しいAMB-NETブロックチェーンSDKにより、アプリとユーザーはシードフレーズを使用してAmbrosusブロックチェーンアカウントを生成できます:それらはまた、秘密鍵からアドレスを取得する機能も持っています(すなわち、AMB-NET要求に対する秘密鍵/公開鍵ペアリングアカウントサポート)さらに、シードフレーズからのクライアント側の署名を使用して、署名されたアンバートークンのトランザクションを別のユーザーに送信することも可能になりました。一方、ユーザーの特定のアンバーバランスをアドレスに基づいて取得する機能もブロックチェーンSDKに組み込まれています。

最後に、Scandit SDK(以前はオープンソーススキャナーとして使用されていました)は、より柔軟で再利用可能なスキャナーAPIに置き換えられました。この置き換えを補完するために、より洗練されたAmbrosusビューアデモアプリケーションが用意されており、プレパッケージのアセットとイベントをそのアプリケーションに含める事ができます。

主要な点:アセット、イベントの作成と署名、秘密鍵の管理、そしてAMB-NETから直接情報を取得できる能力は、SDK2.0を使用して構築されたアプリケーションの堅牢性を大幅に向上させます。デモアプリだけでなく新しいスキャナAPIも、プロトタイプ作成や基本的なソリューション設計の構築を容易にします。

AMB-NET上でソリューションを構築することを容易にします:アクセスの障壁を下げます

最後になりましたが、SDK2.0のリリースには、Ambrosus開発者ポータルのビルディングブロックとして機能する、全く新しいオリジナルのWebサイトも付属しています。より正確には、sdk.ambrosus.comは、開発者がAmbrosusデータモデルに慣れ、それぞれのSDKをインストールし、アセットとイベントを作成および管理し、ネットワークからバンドルの照会をするための段階的なガイドを提供します!この基盤の上で、より多くのツールのリリースの最終準備が整うので、さらなるガイドとドキュメンテーションが今後数カ月でリリースされるでしょう!

主要な点:モバイルSDK2.0のリリースは、実際にはコードをリリースするだけではありません:新しい開発者がAMB-NET上でソリューションを簡単に構築できるようにするための段階的なドキュメンテーションも付属しています。そのようなドキュメンテーションは、はるかに大規模で野心的なAmbrosus開発者ポータルのための暫定的な基盤です。

全体として、SDK2.0のリリースはAmbrosusエコシステムにとって、また特にAmbrosusの範囲を超えて成長し拡張する未来の能力にとってのもう1つの並外れた成功です!このようなSDKを使用することによって、Ambrosusのクライアント、パートナーエージェント、企業家、そして開発者チームはAMB-NET上で独自のソリューションを作成し始めることができます。追加されたドキュメンテーションやAmbrosusの段階的な紹介も、今後数か月間で完全に発展していくAmbrosus開発者ポータルの基盤として役立ちます。数多くの更なる発展を今後数週間のうちに公表する準備ができており、AMB-NETは上昇中です。乞うご期待!

Ambrosus Inc. All rights reserved.

元記事: AMB-NET SDKs 2.0 Released

おすすめ記事

不正な開封を防止するスマートインク技術 1

通常スマートサプライチェーン管理は、追跡機能、最適化されたデータの共有、偽造防止ソリューション、自動支払い処理など、さまざまな機能に関連しています。ブロックチェーンとIoTを追跡と追跡調査の目的で使用 ...

国連に支援されたネットワーク 2

Ambrosusが国連(国際連合)の消費者情報プログラムに参加 食品と薬品サプライチェーンにおける品質保証のためのブロックチェーン・IoTプラットフォームであるAmbrosus(アンブロサス)が、国際 ...

AmbrosusがNDSと提携し、メガマートで販売される牛肉をAMBブロックチェーンで追跡 3

ソウル、韓国 - 2018年10月10日 - グルーバルに分散したブロックチェーンとIoTプラットフォームのAmbrosus(アンブロサス)は、革新的な食品の追跡可能性(トレーサビリティ)プラグラムに ...

ambrosusとマダガスカル産ブルボンのサプライチェーン 4

Ambrosus(アンブロサス)がPremium Goodsと提携し、バニラの品質や産地、流通経路を証明可能に 目次1 バニラのサプライチェーンについて2 ブルボンバニラ企業Premium Googs ...

-AMB-NET・マスターノード
-, ,

Copyright© Ambrosus Japan - 次世代のサプライチェーン管理(SCM) , 2019 All Rights Reserved.