Ambrosus・仮想通貨AMB

仮想通貨AMB:アンブロサス(Ambrosus)のマスターノードとAMB-NETのローンチについてのFAQ

更新日:

Ambrosusのマスターノードについての報酬額の予測や仕組みなど、詳しくは以下のページをご覧ください。
仮想通貨AMB:アンブロサス(Ambrosus)のマスターノード

マスターノードの登録方法も含め、Ambrosusのリアルタイムな最新情報は日本語公式テレグラムで得ることが出来ます。

アンブロサスのマスターノードとAMB-NETのQ&A(2018年7月)


2018年7月24日、アンブロサス(Ambrosus)のCPOであるブラッド・トリファ博士がQ&A形式で質問に答えてくれました。以下Redditの翻訳です。
元記事 FAQ on Masternodes and AMB-NET launch with Dr. Vlad Trifa

Q.マスターノードの取得はどうやるのか、またいつになる?早くマスターノードを得る可能性を高めるためにはどうすれば良い?

最初の段階では、マスターノードを確保するにはオンラインで申請フォームを記入しなければいけません。例外はありません。この申請フォームの詳細は、ニュースレターの購読者全員に送られます。なので購読を忘れないようにしてください。全てのチャンネルを通じて24時間後になります。このフォームでは、アポロかアトラスのどちらかを選ぶことになります。どちらもフォームの様式が異なりますので、両方のマスターノードを得たいなら2回、それぞれに対して申請しなければいけません。2018年10月まで続くメインネットのソフトローンチ期間は、メインネットのマスターノードを稼働出来るノードはほんの少しだけです。またこの期間の選考基準は、AMBの保有期間(TGEからのホルダーは優先されます)、技術面での専門知識、申請フォームで記述された内容(なぜあなたが他の人より優先されてマスターノードを得るべきなのか)です。多くの人はすぐにはメインネットでマスターノードを得ることにはならないので、テストネットでのノードを稼働させるための招待状が届くことになるでしょう(テストネットではAMBを稼げません)。このチャンスには乗っかるべきです。なぜなら、何のリスクもなく私たちの技術・ツールで遊べるだけでなく、テストネットのノード運営者は自動的にメインネット順番待ちリストの優先席を得られるからです。(テストネットノードをスムーズに稼働させることは、メインネットの席を早く確保出来るチャンスを非常に高くします。)

メインネットのローンチ前に、どれだけ多くのAMBをステイク(掛け金)するかのオークションがあります。これによりフリーマーケットベースの選考プロセスを進めることが出来ます。新たな席が空き次第、もしあなたが選ばれたなら通知が届きます。その後24時間以内にスマートコントラクトに掛け金を預けてください。この枠を逃すと、ノードを得る機会を失ってしまいます(次に高い掛け金を提示した人にその機会が提供されます)。その場合はこの掛け金プロセスに再度エントリーしなければなりません(席を確保する機会以外は、何も失うものはありません)。掛け金が預けられたら、あなたのノードアドレスがホワイトリストに入ってバンドルを保存するか(アトラス)トランザクションを承認する(アポロ)ことが出来るようになります。このプロセスの詳細については今後数週間で明らかにします。

ご存知の通り、最初にAMB-TESTが展開します。TEST-NETでノードを稼働させることは、ノードの設定のテストを最小限のリスクで出来るチャンスを与えるだけでなく、テストノードを稼働させていない人よりもメインネットノードの席を確保する際に優先されます。最後になりますが、最初のマスターノードの一つを稼働させる候補として、なぜあなたが最適なのかについての情報を私たちに教えることは、早くメインネットノードを得るのに役立つでしょう。よく考えられた申請書類は。ProtonMail(プライバシー保護がされたメールサービス)で送られてくる匿名のウォレットアドレスよりも目立つからです。

いつ報酬が得られる?どうやって?

アポロの場合

各ブロックを承認するごとに報酬を得られます。またバンドルの取り引き手数料の一部も得られます。

アトラスの場合

定期的にです(28日ごとに送金)。保存された各バンドルについて、4週間ごとに65%までの分割報酬の一部を得られます。残りの35%はそれを保持しなければならない最後の月に授与されます(つまり最後まであなたが契約の一部を保持するのを確実にするためです)。それらを得るには単純にスマートコントラクトの機能を呼び出して、ネイティブのAMBトークンをネイティブのウォレットに入れるだけです。

複数のノードを得られるか?

アポロの場合

いいえ、無理です。各個人・法人につき1つのノードのみです。また完全なKYCプロセスに加え、最小限のパフォーマンスと稼働時間について保証する法的契約を結ばなければなりません。

アトラスの場合

はい、好きなだけ。ただし最初の段階では1つずつ申請する必要があります。KYCにありません。手続きは完全にスマートコントラクトによって管理されます。しかし私たちが連絡出来るメールアドレスを教えて頂く必要があります。

ノードのアップグレードは?シグマからオメガに後で変更可能?

もちろん可能です。掛け金(ステイク)を増やしてすぐにより高いバンドルリミットから利益を得ることを簡単にするツールを提供します。スマートコントラクトに追加の掛け金を送ればすぐに可能になります。ただし、アトラスからアポロへのアップグレードは直接は出来ません。それらは全く違うものなので、別々に申請しなければなりません。

バンドルって何?どのくらいのデータ量?

バンドルとは、「最大で」16,384個のアセットとイベント(もしくはそのどちらかだけでも)のメタデータや公開データを含む大きなファイルのことです。アトラスのマスターノードはこれを最低1年間(ある産業に属する特定のデータの場合、5年から10年など非常に長い期間になる場合もあります)保存しなければなりません。一つのアセットやイベントは最大10キロバイトですので、大雑把に言えばほとんどのバンドルは平均100から120メガバイト(最大164メガバイト)になるでしょう。ヘルメスのマスターノードはバンドルのサイズをチェックする責任があり、それ以上に大きなバンドルを保存しようとした場合罰金が課されることもあります。それぞれのタイプのマスターノードにどれだけの数のバンドルが保存されるべきか、現在検討中です。今後数週間で行う大規模なテストを通じて確認し、それらの数を発表します。

どんなサーバーが必要?ラズベリーパイみたいな最小構成で良いのか、複数のデータセンターに渡ってオートスケールするようなものを設定するような複雑なものになるか?

私たちは素晴らしいサービスレベルを要求するので、最新の信頼できるVPS、例えばデジタルオーシャンやAWS(アマゾンウェブサービス)のようなを使うことを強く勧めます。こういったVPSであれば、マスターノードの運営管理が簡単ですし、彼らが提供するSLA(サービス水準合意)でレバレッジ出来ます。もしあなたのアポロノードが停止したら、その間は報酬が得られません。そのため必要とされるSLAをあなたが毎月満たす限り、他のペナルティは無いでしょう。アトラスノードの場合、機能停止にはもっと高い代償があります。もし一定時間までに機能を復活させなければ、掛け金(ステイク)の一部を失うことがあります。最後に言っておきますが、データのチャレンジングプロセス(アトラスノードがきちんとデータを保存しているかを確かめるプロセス)において、速いシステムで動くノードは遅いノードよりも速く選ばれるため、報酬を多く稼げます。
各ノードについての具体的な必要条件については最終決定を行っている最中ですが、アトラスから得られる報酬の可能性は、明らかにVPSの費用を上回ることは知っておいてください。

ヘルメスノードについては?さっきから話題にあがらないけどどうでも良いの?

もちろんそんなことはありません。バンドルを作る(アセットとイベントを入れて)役目を持つヘルメスノードはAMB-NETに不可欠です。そのためヘルメスは主にビジネスやプロジェクトにとって重要な存在です(報酬はありません。むしろAMBを支払うのみです)。ヘルメスが特に関係しているのは、AMB-NET上に新しいサービスやアプリを作って販売しようとしている開発者やITサービス提供者です。これが開発者にとってとても面白いのは、彼らが好きなようにヘルメスノードを修正でき、ホストしたり運用したり、提供するサービスの使用料金を好きに設定したり出来ることでしょう。彼らが支払う必要があるのはバンドルのアップロード費用とノードの運営費(ホスティング)だけです。ライセンスフィーや利益の共有などは一切ありません。これは開発者たちにとって非常に面白いでしょう。ヘルメスノードについてのさらなる詳細はすぐに公開されます。

ノードの運営を終了したい。いつでも辞められる?掛け金を戻してきれいに辞めるにはどうすれば?

掛け金を戻す前に、あなたが保存していた全てのバンドルが他のアトラスノードに安全に移されたかを確認する必要があります。もちろん、これらのバンドルを保存する手数料を得ることは出来ません(これには当然最後の月にようやく得られる35%もの額も含みます)。これらは新たなホストたちに移動するからです。
ノードの終了を開始するためのオプションがアプリ内にあるので、マニュアルでやらなければいけないことはもちろん何もありません。今後も保存される必要のあるバンドルは全て他のノードに「贈られ」ますが、数分内にあなたのバンドルを確保したがるアトラスノードが不足することはないので安心して下さい(35%のボーナス付きですから)。そのためこの手続きはとても短くなるでしょう(数分です)。あなたのバンドルが全て引き継がれたら、あなたのノードが公式にホワイトリストから外れ、ウォレットに掛け金が戻ります。


本ページの情報は2018年7月時点のものになります。マスターノードについて、仕様が全て確定し次第以下のページに記載致します。
仮想通貨AMB:アンブロサス(Ambrosus)のマスターノード

マスターノードの登録方法も含め、Ambrosusのリアルタイムな最新情報は日本語公式テレグラムで得ることが出来ます。

おすすめ記事

不正な開封を防止するスマートインク技術 1

通常スマートサプライチェーン管理は、追跡機能、最適化されたデータの共有、偽造防止ソリューション、自動支払い処理など、さまざまな機能に関連しています。ブロックチェーンとIoTを追跡と追跡調査の目的で使用 ...

国連に支援されたネットワーク 2

Ambrosusが国連(国際連合)の消費者情報プログラムに参加 食品と薬品サプライチェーンにおける品質保証のためのブロックチェーン・IoTプラットフォームであるAmbrosus(アンブロサス)が、国際 ...

AmbrosusがNDSと提携し、メガマートで販売される牛肉をAMBブロックチェーンで追跡 3

ソウル、韓国 - 2018年10月10日 - グルーバルに分散したブロックチェーンとIoTプラットフォームのAmbrosus(アンブロサス)は、革新的な食品の追跡可能性(トレーサビリティ)プラグラムに ...

ambrosusとマダガスカル産ブルボンのサプライチェーン 4

Ambrosus(アンブロサス)がPremium Goodsと提携し、バニラの品質や産地、流通経路を証明可能に 目次1 バニラのサプライチェーンについて2 Premium GoogsのCEO、Herv ...

-Ambrosus・仮想通貨AMB
-,

Copyright© Ambrosus Japan - 次世代のサプライチェーン管理(SCM) , 2018 All Rights Reserved.