Ambrosus・仮想通貨AMB

Ambrosusが新たに3社と提携。マヌカハニー、粉末食品、ホームベーカリー企業のトレーサビリティを変革

更新日:

Ambrosusがマヌカハニー企業H!VE Honeyと提携。Blendhub and Flatevとも提携し、食品産業に変革を起こす

10月を終えるにあたり、喜ばしい公式発表があります。我々アンブロサスは、世界中の食品の品質保証と徹底したトレーサビリティに焦点を合わせた業務提携を3つ締結しました!具体的には、以下の企業と工業グレードプロジェクトを実施する予定です。

(1)H!VE Honey社:EUにおける高品質マヌカハニー(蜂蜜)の大量生産と輸出向けのトレーサビリティ方策。
(2) Blendhub社:粉末食品の生産用の分散型プラットフォーム。
(3)Flatev社:消費者志向の食品技術会社による、各家庭の台所への高品質なホームベーカリー製品の提供。

この投稿では、最新の出来事であるH!VE社との提携について説明すると共に、Blendhub社やFlatev社との協力体制についての追加情報もお伝えします。総じて言えば、3つの業務提携によって当月はAMB-NETを牽引し発展させる素晴らしい月になりました。アンブロサス・エコシステムは、企業と消費者の双方に新しく革新的な方策をもたらすことによって、粉末食品や有機蜂蜜、ホームベーカリー製品を初めとする、食品業界の主流から専門特化した分野のニーズまで見事に網羅することになります。

H!VE Honey — ヨーロッパにおけるマヌカハニーのイニシアティブ

H!VE社とアンブロサスの独自の業務提携によって、我々のブロックチェーン技術とIoTプラットフォームが持つ革新的かつ斬新な潜在可能性が活用され、EUに高品質な天然蜂蜜の市場が生み出されます。

Ambrosusがマヌカハニーの品質保証を可能に。

ブロックチェーンを基盤とするアンブロサス・ネットワークは蜂蜜製品の原産地、流通経路、品質検査の結果および認証などの情報を提供することが可能であり、この方策を導入することで、地方の、または専門特化したヨーロッパ中の蜂蜜生産者が核心的技術的解決策として利用できるようになります。ただし、本当のメリットは末端消費者に情報の透明性を示すことにあります。蜂蜜の包装にQRコードを表示して市場に出すことで、協力関係にある蜂蜜生産者は、自分達の製品と現在流通している薄められたノーブランドの蜂蜜量産品とを差別化できます。事実上、隅々に至るトレーサビリティによって、蜂蜜生産者は品質保証の明示に基づいた利益を上げることができます。

EUの規制の土台を作るAmbrosus

この工業プロジェクトの拡張性と将来の成長可能性の面で、近く発表される法律の方向性は特に重要となります。2019年12月にEU食品トレーサビリティ規則が施行される予定で、製造業者と小売業者(蜂蜜生産者も含む)は、EU当局の要求に応じて食品、餌および動物の追跡記録と証明データを提供することを求められるようになります。品質保証のパートナーでもあるアンブロサスは、蜂蜜業界全体に対して問題となる規則を円滑に順守できる統合的解決法を提供することができます。

このような背景から、アンブロサスにはEU加盟国に対して革命的な蜂蜜の基準を先駆けて設けるチャンスがあります。EU法規によると、EU内の500の農業生産地のうち5つが品質検査の基準を具体化しさえすれば、その基準はEU全体で食品の品質基準として認知される可能性があります。ヨーロッパの蜂蜜生産者にとって、アンブロサスの蜂蜜の基準は、品質保証済みの本物の天然蜂蜜を他と差別化するための独自かつ初めてのものになるので、参加者数が重要性を高めることになります。

要約すれば、アンブロサスの方策は品質保証された天然蜂蜜の持続可能で高価値な新しい市場を生み出すことになります。蜂蜜は世界中で最も偽装の多い製品の一であり、この業務提携は本件に関わる全ての利害関係者にとって以下の点でWin-Winになります。

・製品の品質を重視する、市場に適した食品の方策の実行を通じて、ヨーロッパ製の天然食品としてEUの安全衛生基準のブランドイメージを強化することになります。

・ヨーロッパ中の地方の蜂蜜販売者にとって、アンブロサスの方策を通じて彼らの蜂蜜の本当の価値を初めて表明することで、製品本位のマーケティングや蜂蜜の品質に基づくブランド化ができるようになり、天然蜂蜜と現在市場に流通している大多数の「水で薄められた」あるいは「偽物の」蜂蜜とを差別化することも可能になります。その上で、誠実な方法でより多くの利益を享受することができます。

・末端消費者にとっては、品質の劣るブランドの蜂蜜に代わり、製品の品質を保証し、徹底した追跡記録を明示するQRコードが包装に表示された本物の蜂蜜を入手できるようになります。スマートフォンでスキャンすることによって、蜂蜜瓶一つ一つの原産地、出荷日および品質管理を見ることが可能になり、より健康的な意思決定が現実のものとなります。

アンブロサスにとって、このプロジェクトはまだ始まったばかりです。サプライチェーンの透明性と正しい方法で生み出される付加価値を認識し始めている蜂蜜生産者はヨーロッパ中でますます増えています。消費者側に立った方策として、ヨーロッパの蜂蜜生産者の条件を平等にすること、そして品質保証の新しい基準を設定することを我々は誇りに思います。

Blendhub — 粉末食品の分散型品質保証

食品と革新的技術が合わさると費用対効果の高い新しいビジネスモデルが生み出されることから、Blendhub社とアンブロサスは次世代の高品質な粉末食品を現実化し始めています。両社の目標は、世界中の食品コーナーで買い物をする消費者に向けて前人未踏の水準の透明性と品質保証をもたらすことです。

Blendhub社側は特許技術を通じて材料調達と生産の地方分散化、世界的な原材料の認証、食品専門家の世界コミュニティ構築および品質保証の統一化を目指します。アンブロサス側はセンサー技術、IoTを通じた接続性やデータ交換、および原材料から最終消費者までを追跡できる特許アプリを提供し、道中における製品の性質と完全性の確保をより確実にします。

フードインダストリー4.0

目下の具体的な方策として、Blendhub社は粉末食品生産用の最初の分散型プラットフォームである#CloudBlendingを消費者に提供します。#CloudBlendingの世界中を網羅する生産拠点のおかげで、食品ブランドは知的財産を維持し、最高峰の品質保証と管理を享受しつつ、各地で材料を調達し生産できるようになります。このプラットフォームは単純なペイ・パー・ユース方式のモデルに基づいてコストを最小限化しながら、食品ブランドが革新を起こし新しい市場に参入する力を与えます。

このモデルでは、Blendhub社はグローバル・ソリューションの最高の事例の一つとなります。同社は既に新製品開発の立ち上げから支援しており、コンセプトの考案からたった1、2ヵ月で地方や国際市場への投入を成し遂げました。また同時に、より大きなブランドがこのプラットフォームを利用し、生産の局地化、生産ピークの管理、現行生産に対する世界的な緊急対策プランの作成、そして現在の生産センターや生産比率を阻害しない新製品の発明をしています。

アンブロサスが食材、原材料および最終製品の始めから終わりまでブロックチェーン技術を適用することで、Blendhub社がそれぞれの製品の時間、温度、物流および材料の刻印を追跡することを可能にし、プロセス全体における品質証明を強化しています。アンブロサスとBlendhub社のシステム統合によって、品質や流通経路、製品の組成に興味を持つ製造業者と末端消費者は、これまでアクセスできなかった情報に到達しようとしています。

Flatev — 台所における新しい経験

消費者志向の食品技術会社として、Flatev社は「個人の」ベーカリーとして機能する新しい機械を開発しています。Flatev社の製品のおかげで、消費者は妥協することなく好きな時に新鮮な職人レベルのベーカリー食品を楽しむことができます。特徴的なのは、Flatev生地の全てが有機、非遺伝子組み換え、人工保存料無添加であることです。2015年に創業して以来、 Flatev社はヨーロッパと北アメリカで独自のベーカリー方法を商品化することに成功してきました。最も注目すべきは、同社のカプセルと、統合仕様のフラットブレッド焼き機のシステムがEITフードプログラムにおいて受賞したことです。

Ambrosusによりパン等のホームベーカリー食品のトレーサビリティを可能に。

目下の具体的な方策は、Flatev社とアンブロサスが食品技術をブロックチェーン技術とIoTに融合させ、Flatev製カプセルをRFIDリーダーで読み取って即座に消費者インターフェース(iPad)と繋がるようにすることです。消費者が学習できる優れたツールとして、消費者インターフェースは製品の栄養価を表示し、カプセルの生産地を証明します。同時に、カプセル解凍後の本当の消費期限も確認することができ、そこからFlatev機でできる食べ物に最適なトッピングのヒントも得ることができます。

このような協力体制を通じて、ホームベーカリー製品の新しい基準が生み出されます。その世界中で適用可能な性質から、この基準が大きく広がることは確かです。食材の本当の組成は何か、食材がどこから調達されたのか、台所に至るまでにどのように保存されたのか、といったことを意識している消費者がますます増えていることから、Flatev社とアンブロサスはホームベーカリー製品の提供を通じて企業と末端消費者のための独自の方策を切り開いています。

結論

食品産業に次々と変革を起こしていくAmbrosus

10月の終わりを迎えてみて、AMB-NETを選択する人の増加がこれほど顕著だったことはありません。4つの加盟国を含むヨーロッパの蜂蜜のイニシアティブから、粉末食品システムの分散化とグローバル・ネットワーク化、末端消費者へのベーカリーマシンの提供まで、アンブロサスは着実にフード・インダストリー4.0に合流しています。現在市場において最も総合的かつ消費者志向の方策として、我々はブロックチェーン技術とIoTが持つ、必要とされる費用対効果の高いパワーを世界中の食品業界にもたらしていきます。AMB-NETは、世界中で最大かつ最も複雑なサプライチェーンに多様な形で適応できる独自の存在であると同時に、より専門特化し、集約化された業界に対応する方策や規則に簡単に適合できるものでもあります。総じて言えば、柔軟なネットワーク・アーキテクチャーと幅広いクライアントはアンブロサス・エコシステムの明るい未来を指し示しているのです!

おすすめ記事

不正な開封を防止するスマートインク技術 1

通常スマートサプライチェーン管理は、追跡機能、最適化されたデータの共有、偽造防止ソリューション、自動支払い処理など、さまざまな機能に関連しています。ブロックチェーンとIoTを追跡と追跡調査の目的で使用 ...

国連に支援されたネットワーク 2

Ambrosusが国連(国際連合)の消費者情報プログラムに参加 食品と薬品サプライチェーンにおける品質保証のためのブロックチェーン・IoTプラットフォームであるAmbrosus(アンブロサス)が、国際 ...

AmbrosusがNDSと提携し、メガマートで販売される牛肉をAMBブロックチェーンで追跡 3

ソウル、韓国 - 2018年10月10日 - グルーバルに分散したブロックチェーンとIoTプラットフォームのAmbrosus(アンブロサス)は、革新的な食品の追跡可能性(トレーサビリティ)プラグラムに ...

ambrosusとマダガスカル産ブルボンのサプライチェーン 4

Ambrosus(アンブロサス)がPremium Goodsと提携し、バニラの品質や産地、流通経路を証明可能に 目次1 バニラのサプライチェーンについて2 Premium GoogsのCEO、Herv ...

-Ambrosus・仮想通貨AMB

Copyright© Ambrosus Japan - 次世代のサプライチェーン管理(SCM) , 2018 All Rights Reserved.