Ambrosus・仮想通貨AMB

仮想通貨AMB:アンブロサス(Ambrosus)がグローバル取引を崩壊させる

更新日:

ambrosusがサプライチェーン詐欺を無くす

Ambrosus (アンブロサス) が無くす、サプライチェーンにおける取引詐欺


グローバリゼーションは、どんどん量が増えている国際的なつながりやコミュニケーション、情報交換を指すキャッチフレーズとしてしばしば使われます。しかしながら取引に関しては、世界経済の市場全体のグローバリゼーションは例外的なパラダイム・シフトを引き起こしました。人類の歴史でかつでないほどに、平均的な消費者は世界中から出荷される大量かつ多様な商品にアクセス出来るのです。Foregin Policyの最近の記事によると、たった10万の大きな貨物輸送が、世界の取引の90%近くを輸送していると見積もられています。この進化している原動力は30年前にはなかったものですが、新しい製品、新たな競争、そして大量の資金が新旧の市場に流れ込むにつれて国際取引の性質を大幅に変えました。

Ambrosus(アンブロサス)は、次世代のインダストリアル・グレードのサプライチェーンソリューションとして、国際取引の効率性を劇的に改善する、グローバルなサプライチェーンのための透明性と責任の新しいレイヤーを約束します。分散されたパブリック・ブロックチェーンと最先端のIoTデバイスを備えたAmbrosusは、企業が食品や健康の安全性測定や輸出チェック、輸送品質基準をクリアすることを見事に可能にします。サプライチェーンの渋滞に対する最も全体論的なソリューションであるAmbrosusは、国際取引の未来において最前線に存在します。

国際取引を理解する

グローバルな相互接続における突然の変化に対して、企業は効率的で成功する取引習慣を保証する手段として、国際仲介の形成に徐々に目を向けてきました。より具体的に言うと、世界貿易機関(WTO)を使うことです。WTOは国際取引を規制する政府間組織です。WTOを通して、企業は同意されたはずの取引習慣を他国が遵守しないことに対して苦情を登録したり、アクションを起こす機会が持てます。同様に政府は自身の産業を守る手段として、特定の商品の取引に対して特別な措置を課す機会を得ます。

WTOの存在という背景がある中で、非常に多くの規制、輸入管理、(輸入・輸出における)割り当て数量、非関税措置が、食品、薬品、化粧品、布地が自国に入ってくるのを特に熱心に監視したい国々によって使われてきました。そのような習慣が作られた動機は、外側の競争から自国の産業を守ることや、自国に輸入される商品の品質基準を維持することが中心です。結果として、比較的に低開発な国や新興市場はしばしば、商品の品質の証明を要求する厳格な非関税措置のためにビジネスの可能性を失っています。

根本的には、国際取引の舞台において国々は2つの基本的課題を抱えています。
1) 数多くの措置、規制、取引における障壁がある中で、質の高いビジネスや企業は地理的場所や品質に関する妨害的な固定概念によって、グローバルな取引の舞台から取り残されています。
2) それと同時に、低品質な商品や薬品を生産している企業は、システムを上手くすり抜けることで低品質な商品を他国へ送っています。
根本的に、不公平でネガティブな出来事が現状は存在します。公正なビジネスがグローバル取引の舞台における透明性の欠如に苦しみ罰を受けている一方で、監視の欠如から利益を得ている不正なビジネスが繁栄することが出来てしまっているのです。

Ambrosusと国際取引

重要なことに、Ambrosusはこれら2つの課題に対して明確な解決法を持っています。クリアで効率的で直感的な作法で、Ambrosusはスマートデバイスやスマートコンテナで記録したサプライチェーンのデータを圧縮して、パブリック・ブロックチェーンに保存します。消費者、政府、企業などにオープンなやり方で、Ambrosusはほとんどの国際取引における難しいバリアに対し、データ管理の解決策を提供します。全体論的な解決策として、Ambrosusは高品質な商品が完全に新しい市場に入っていけるようにし、同時に産業の基準を引き上げ、詐欺や偽造の商品をあぶり出します。

Ambrosusは品質を提供する

まずは最初の問題についてです。Ambrosusは会社が自身の商品の品質を証明する能力を大幅に引き上げ、それによって新たな市場へのアクセスを可能にします。このタイプの解決法に対するニーズは、食品の追跡可能性(トレーサビリティ)や安全性を議論しているこの記事(英語)で示されていますが、そこで著者は適切な考えを提唱しています。

「よくある問題として、特に発展途上国からのテスト、モニタリング、認定の結果を受け入れられるか、ということがあります。途上国からのテスト商品を輸出国が受け入れなかったケースがいくつも知られています。」(4-5)

この記事は続けて、途上国がどのように彼らの農業ビジネスの最大50%が特定のコモディティの輸出から派生したものであるかを述べています。これらのコモディティは、国際間のサプライチェーンに繋がっていますが、世界中の数百もの様々な多国籍企業によってかなり特定された商品のために買われ、使われています。

食品やコモディティのグローバルな取引がどのように行われているかを正確に把握するために、国際情勢を説明する数多くの詳しい地図や画像があります。Ambrosusはスイスに拠点を置く会社なので、最初の画像はヨーロッパにおける商品の詳細、そしてそれらが国内からのものであるのか、輸入されたものであるのかを示しています。
ヨーロッパにおける食品の流入元
このグラフが示しているのは、最も多く輸入されている食品は動物商品、砂糖、ナッツ、その他コモディティで、フルーツと野菜、油料作物も同様です。これらの産業は全て、Ambrosusがそのために解決策を作り出した産業です。

輸入カテゴリーにおける全てのタイプの商品は、かなり具体的な健康水準や取引バリアの条件を満たさなければEU(欧州連合)に入っていくことが出来ません。これは特に肉やその他の家畜に対して言えることですが、それはEUが、牛がどこで育てられたのかという事や特定の農場における参照番号など、全ての牛肉製品に対してトレーサビリティ基準を設けたからです。

途上国にとっては、問題はターゲット国から課されたバリアを超えるための、新しくクリエイティブな方法を見つけ出すことになります。先程の記事が現状の不均衡についても述べています。

「途上国が徐々に魚や漁業、園芸商品のグローバル取引においてシェアを増やしている一方で、輸出者たちが先進国における食品安全基準を満たすことがどんどん難しくなってきているという証拠があります。」(7)

著者が続けるには、特にEUがサプライチェーンプロセスの各段階において特有の「衛生基準」を設けているということです。これによって、「生産国におけるそれぞれの加工産業は、個別に特定の"適格な組織"によって検閲、承認されなければならず、また定期的に法令遵守や満足度パフォーマンスについて、欧州委員会(European Commission)からチェックを受けなければなりません。」

世界貿易機関(WTO)の見地から、数多くの国々が彼らの商品が新しい市場に入っていくときに直面する非効率性や問題点についての懸念を表明しています。下図は輸出国の主な不満を表しています。
輸出国からの手続きに関する不満

先程の記事が説明する通り、
「手続き上の障害において、"非効率または妨害"のカテゴリーにおける数値が最も高くなっています。続いて"恣意性(気まぐれ)や一貫性の無さ"が大多数の輸出企業にとっての不満になっています。」(17)

これはすなわち、明確な証拠書類や文書業務(ペーパーワーク)の欠如に加え、特定の商品を処理する上でのガイドラインが不明確であることが、輸出者が新しい市場に乗りこむ機会を著しく損ねているということです。グローバル取引に参加する全ての市場の中で、「最も多くの非関税措置(Non Tariff Measures, NTM)に直面しているトップ4の部門は、織物、革、電気・電子商品、食品産業です。」

根本的には、データ最適化の欠如に加え特定商品やブランドに対する明らかな不信が、混雑していて非効率的な取引舞台を作り出しているのです。大きな輸入障壁の中心には効率性の欠如があり、高い商品基準は大企業が効率的に商品を販売する妨げとなっています。

Ambrosusが作り出した改善ツールキットなら、国々がそのような厳格な輸入障壁を乗り越える手助けとなるように、数多くの解決策を明確にデザインすることが出来ます。Ambrosusのソリューションから最も恩恵を受けるステークホルダーには、途上国から特定のコモディティや食品を輸入したい全ての多国籍大企業が含まれます。もっと具体的に言うと、世界最大の企業や食品加工会社のいくつかは、数多くの途上国で食品サプライチェーンの大きな割合を持っているのです。

商品によって異なりますが、その商品がサプライチェーンを移動する中で、ソリューションは多かれ少なかれスマートな管理を要求します。それらのソリューションは以下を含みますが、以下に限定される訳ではありません。

  • 場所の証明
  • 追跡のデータ認識
  • 頻繁な温度記録
  • 商品監視
  • 商品の内容や純粋さの品質保証
  • スマートなタグ付けや結び付け
  • スマートコンテナによる光の知覚
  • データ管理と簡単な輸送、情報記録
  • 商品の保険
  • 環境に優しいスマートコンテナ

Ambrosusイノベーション研究所(Ambrosus Innovaation Laboratory)のカスタマイズにより、スマートデバイスやスマートコンテナ(容器)は、特定の取引バリアや輸入問題を乗り越えるためにAmbrosusを使うことに興味がある、あらゆる企業や多国籍企業のためにテーラーメイドすることが出来ます。EUで肉を承認するというニーズから中国に入っていく乳製品の出どころを証明したいというニーズまで、Ambrosusはあらゆる多国籍企業が抱えるもっとも切迫した輸入障壁に対するソリューションを保証出来ます。

Ambrosusは偽造や詐欺から守る

同時に、Ambrosusは歴史的に複雑で詐欺が蔓延してきたグローバル産業において、新しい基準を設ける手段としても使うことが出来ます。より具体的には、これは輸出品を世界中で移動させる際に関わってくる様々な仲介者たちと関係があることです。

下図は、商品の輸出者、交換者、輸入者として機能する国々のグローバルな分布を示しています。この図では「農耕商品」のみを示していますが、プロセス自体は実質的に世界中で取引される全ての商品や薬品にも当てはめることが出来ます。

農耕商品の輸出国、交換国分布

上図によると、農耕商品を輸出しているのは26ヶ国あり、主に南北アメリカやオーストラリアです。しかしながら、商品が最終目的地に到着する前に、商品は交換されたり、組み合わせられたり、変更されたりして完全に新しい商品になるためにまず最初に他国に行かなければなりません。農耕商品のケースでは、上図によると、34ヶ国が交換者として存在しています。最終的に、下図によると、102ヶ国が交換国からやって来た最終農耕商品を受け取っています。

農耕商品の輸入国分布

このプロセスを通して、移行の際に最も偽造や詐欺のリスクが大きい一般的なエリアは交換者と輸入者の間です。

以下のとても具体的な例を考えてみましょう。
近年、中国のハチミツはアメリカから大きな関税をかけられています。これは薄められたり低品質なハチミツ商品が大量に押し寄せ、アメリカのハチミツ産業を窒息させたという経緯からです。薄められたハチミツは特に「純粋度」テストに合格するためにしばしば作られ、米飴(ライスシロップ)や数多くの正体不明な成分で作られています。

アメリカから中国に課された関税に対応して、中国のハチミツ会社は彼らの希薄ハチミツや低品質ハチミツを、インドネシアやマレーシア、またはドイツでさえ含みますが、それらのような仲介国にまず送って、それからアメリカに輸送しているのです。こうすることによって、もともとは中国で作られた商品に対して第三者の国から来たものだと言うラベルが付けられ、したがってアメリカの関税に打ち勝つことが出来るのです。

このような例が示唆するのは、国際取引でのほとんどの詐欺が可能になるということです。グローバルなサプライチェーンの大きく複雑であるという性質を利用して、企業はプロセスに不正をし、彼らが持っていないような品質をまるで自身で生み出したり加工したりしたかのように見せかけることが出来るのです。このようなシナリオにおいては、企業は透明性や品質保証の欠如から大きく利益を得ています。このタイプの詐欺による損失は輸入国に低品質の商品が押し寄せることだけでは無く、より重大なことに、正体不明の抗生物質が入った食品や不明な成分が入った薬品を消費すること、そしてその結果起こることに苦しめられる消費者が受けるのです。

グローバル取引の舞台において蔓延している詐欺や偽造への答えとして、Ambrosusソリューションは複雑でインダストリアル・グレードなサプライチェーンに対する偽装防止策としてデザインされています。プライベート・ブロックチェーンではネットワーク運営者を完全に信じることは出来ませんが、そのようなものと違い、Ambrosusのエコシステムは純粋にパブリック・ブロックチェーンとして機能し、その一方で企業が自身の繊細なデータを守ることも出来ます。

品質と透明性の基準として、Ambrosusは国際取引におけるグローバルな詐欺の性質を劇的に変えます。より多くの企業がAmbrosusネットワーク(AMB-NET)に搭乗するにつれ、企業は自身の製品の品質を証明することが出来るという競争優位を得ることができます。それに加えて、消費者のトレンドが透明性の増加やローカルな製品、持続可能な方法で生産された食品を求める方向へ向かっていますので、そのような需要に答えるためにはビジネスモデルの変換は避けられないでしょう。ブランドの評判や透明性が持つ価値は、承認されない複雑であったり「闇の」商品を生産するリスクを上回るでしょう。

最終的に、恩恵を最も受けるステークホルダーの中心にいるのはグローバルな消費者です。数多くの産業で多数の商品に対してAmbrosusのアプリが利用可能になるとき、グローバル消費者は透明で承認された食品や薬品を持つことに慣れていきます。「農地から食卓まで」です。ある種の品質保証、エンドツーエンドの透明性、位置情報の承認を持っていない商品は、消費者にはもはや信用されなくなるでしょう。その結果、そのようなブランドは苦しむことになります。結局は、Ambrosusのエコシステムは市場のサプライチェーン・ソリューションの中で最も費用効率が高いので、新しい企業が既存の企業に対して挑戦することが簡単になります。単純に、商品の起源や成分構成を証明することを通してです。この意味では、平らにならされた競技場の上に作られる新しいビジネスモデルや、消費者中心のデザインが最も利益を生むでしょう。

国際取引の未来

将来、国際取引において変化していくトレンドは、Ambrosusエコシステムの適用可能性や採用をさらに正当化するでしょう。多くの中で最も重要な変化は、企業が「バリューチェーンにおける、よりプライベートな基準や行動規範」を遵守するようになることです。これが意味するのは、世界貿易機関(WTO)の中での国際的な行き詰まりという状況において、産業が自ら商品の自治をする役目を買って出て、産業自身が何を「安全」であるとするか、そうでないとするかの基準を設けるようになるということです。

「オンデマンド」な食品購入の増加や輸出経済の増加から、透明で消費者中心の商品基準を採用することに対する産業へのニーズは非常に大きいです。Ambrosusを通して、本物のパブリック・ブロックチェーンが、数多くの産業において自己規制の未来を開拓することが出来ます。そしてまた、消費者を気にするよりも利益幅を大きくすることにより焦点を置いた他の「プライベート」なサプライチェーン管理の欠点をあらわにします。国際取引の未来に対する最も全体論的なソリューションとして、Ambrosusは私たちが知っている通り商品の価値を変化させ、その一方で世界をより持続可能で透明な、消費者中心のものにしていきます。

Angel Versetti (CEO)
元記事
In Depth: Ambrosus and its Potential to Disrupt Global Trade

おすすめ記事

不正な開封を防止するスマートインク技術 1

通常スマートサプライチェーン管理は、追跡機能、最適化されたデータの共有、偽造防止ソリューション、自動支払い処理など、さまざまな機能に関連しています。ブロックチェーンとIoTを追跡と追跡調査の目的で使用 ...

国連に支援されたネットワーク 2

Ambrosusが国連(国際連合)の消費者情報プログラムに参加 食品と薬品サプライチェーンにおける品質保証のためのブロックチェーン・IoTプラットフォームであるAmbrosus(アンブロサス)が、国際 ...

AmbrosusがNDSと提携し、メガマートで販売される牛肉をAMBブロックチェーンで追跡 3

ソウル、韓国 - 2018年10月10日 - グルーバルに分散したブロックチェーンとIoTプラットフォームのAmbrosus(アンブロサス)は、革新的な食品の追跡可能性(トレーサビリティ)プラグラムに ...

ambrosusとマダガスカル産ブルボンのサプライチェーン 4

Ambrosus(アンブロサス)がPremium Goodsと提携し、バニラの品質や産地、流通経路を証明可能に 目次1 バニラのサプライチェーンについて2 Premium GoogsのCEO、Herv ...

-Ambrosus・仮想通貨AMB

Copyright© Ambrosus Japan - 次世代のサプライチェーン管理(SCM) , 2018 All Rights Reserved.