「 ambrosus_japanの記事 」 一覧

オープンソースのJavascriptコードによって、あらゆるIT企業や開発者がIoT&ブロックチェーンプラットフォーム上にビジネスを構築し、収益化出来るチャンスが生まれる

ヘルメスノードを通じてAMB-NETブロックチェーン上にビジネスを構築するには

  IT企業がどのようにAMB-NETブロックチェーンとIoTセンサー(もしくはそのどちらか)を利用したビジネスモデルを構築するか 以下はAmbrosusのCEOエンジェルの、AMB-NET ...

Ambrosusの進捗レポート-2019年2月4日

Ambrousus進捗レポート - 2019年2月4日

親愛なるAmbrosusコミュニティの皆さん 私たちの様々なチームが取り組んでいるIoT、ブロックチェーンコア、そしてプロダクトについての最新開発状況を共有出来て嬉しく思います。特に、Ambrosus ...

人の健康への新しいアプローチを先導する、AMB-NETとIoTデバイスのインプラント

AMB-NETブロックチェーンが創出する、インプラント・医療機器業界の新たなチャンス

2018年11月の終わりごろ、The Guardian (ザ・ガーディアン)が「明らかになった事実:欠陥のあるインプラント(埋め込み型)医療機器は世界中の患者に害を与える」というタイトルのニュース記事 ...

食肉として販売されるために屠殺場に運ばれる病気の牛

ポーランドから病気の牛が食肉として流通していることが判明

イギリスの大手一般新聞社ガーディアンが2019年1月27日に公開した記事によると、ポーランドの食肉加工工場に内密で作業員としてもぐり込んでいた諜報員が明かしたビデオにより、極度の重病にかかっている牛が ...

Ambrosus進捗レポート 2019年1月21日

Ambrousus進捗レポート - 2019年1月21日

Ambrosusのコミュニティの皆さんへ 本日私たちAmbrosusの様々な部門、つまりブロックチェーンコア開発、プロダクト、IoT、運営、事業開発といった部門から、チームメンバー達がプロジェクトに関 ...

ブロックチェーンに支えられたトレーサビリティシステム

ブロックチェーンのトレーサビリティにAmbrosusを選ぶべき理由

高まるトレーサビリティの必要性 トレーサビリティとは ある商品を「生産から消費までの全過程」で特定出来ること。 トレーサビリティとは?食品の事例で見るメリット・デメリット 世界中で食中毒事件や食品の品 ...

IoTデバイスとブロックチェーンの組み合わせがサプライチェーンを最適化する

IoTとブロックチェーンの融合がサプライチェーンを改善できる理由

高まるトレーサビリティ規制の要件とサプライチェーンの現状 サプライチェーン内の食品安全基準は行き詰まっていると言えます。製品の偽造や詐欺が増加するなか、新しい規制、トレーサビリティの要件、および健康基 ...

イスラム教で禁止された豚肉

豚のDNAも検知。ハラールを保証する最新IoTトレーサビリティ

ブロックチェーンは、その話題性のみに止まらず、フードサプライチェーンに幅広く適用可能な汎用技術です。パブリック・ブロックチェーンは中立的で信頼できる調停者の役目を果たし、異なる利害関係者(ステークホル ...

iPhoneのアプリでトレーサビリティ管理

トレーサビリティとは?食品の事例で見るメリット・デメリット

最近よく聞く「トレーサビリティ」とは一体なんでしょうか?本記事では野菜の例で分かりやすく、トレーサビリティの意味や、消費者と事業者側それぞれにおけるメリット・デメリットを説明していきます。 トレーサビ ...

AmbrosusがどのようにアメリカやEUのサプライチェーン規制作りに役立つか

AmbrosusがEUと米国のトレーサビリティ・サプライチェーン規制にどう役立つか

Ambrosusによる分散型のブロックチェーンおよびIoTエコシステムの構築は、様々な業種に潜む数多くの問題に対する多角的な方策となります。例えば、製造者向けの詐欺や偽造対策、事業向けの在庫管理やブラ ...

Copyright© Ambrosus Japan - 次世代のサプライチェーン管理(SCM) , 2019 All Rights Reserved.