Ambrosus・仮想通貨AMB

偽造防止の最新技術。IoTセンサー、シール、タグ、インク、開封検知パッケージ

更新日:

不正な開封を防止するスマートインク技術

通常スマートサプライチェーン管理は、追跡機能、最適化されたデータの共有、偽造防止ソリューション、自動支払い処理など、さまざまな機能に関連しています。ブロックチェーンとIoTを追跡と追跡調査の目的で使用することについては十分な議論が行われていますが、偽造防止対策を中心とした議論はほとんど行われていません。全体的な偽造防止ソリューションはどのようなものでしょうか?Ambrosus(アンブロサス)のイノベーション研究所は偽造を防ぐための最先端の技術を開発しています。市場では他に見られない、どのような技術を採用しているのでしょうか?

以下に、Ambrosusの偽造防止対策の概要を詳しく説明しています。説明は、不正行為と偽造行為の簡単な概要から始まり、現在この問題を解決するために設計されているInnoLab(イノラボ)の技術に関するより深い議論に繋がっていきます。最終的に、イベルドンに拠点を置くAmbrosus イノベーション研究所は、サプライチェーンと製品の安全性を脅かす主な問題を、費用効果のある最先端の方法で対処し、解決します。

サプライチェーンにおける不正と偽造

サプライチェーンにおける詐欺や偽造

Ambrosusにとって、正式に犯罪と認識される不正や偽造は、サプライチェーン全体を通しての製品の行程の中でよく理解されています。犯罪は、経済的または政治的な動機による理由で、製品が改ざんされたり、交換されたり、故意に間違ったラベルを貼ったりとして行われます。最近の ユーロポールのエグゼクティブサーマリーによると、食品と飲料の世界的な偽造は年間490億USDを生み出すと推定されています。同レポートは、犯罪ネットワークが、食品、飲料、または医薬品を事実上検出されない方法で再包装、抽出、または開封する、洗練された梱包およびラベリングシステムをどのように保有しているかを詳しく説明しています。企業にとってそのような行いはビジネスの利益率を直接脅かすものとなります。消費者にとって不正な食品、薬、または飲料は、深刻な健康問題を引き起こし、時には死に至らしめる可能性もあり、犯罪はさらに危険なものとなります。

重要なことに、ミシガン州大学プレゼンテーションによれば、サプライチェーンの偽造は今後ますます増加する一方です。食品と製薬のグローバル化、開発途上国における製品の新しい市場、組織犯罪者が容易にアクセスできる技術などは、そのような増加に貢献する要因の一部でしかありません。

結局のところ、サプライチェーン全体の行程の中で製品は、1)初期段階での犯罪、および2)輸送犯罪という2つの主要な場所で改ざんされる可能性があります。それぞれの犯罪がどのような形で起こっているか解明した後、InnoLabのソリューションについて詳しく説明します。

サプライチェーン初期段階での犯罪

サプライチェーンで最も頻発している不正行為は初期段階で起きています。初期段階での犯罪は、製品が不公正に、または不正確に市場に出荷される不正取引が中心です。初期段階での犯罪の最も一般的な形態は、問題の製造者が、顧客、小売業者、消費者に対して販売する製品の性質を欺くものです。このような犯罪はさまざまな形で行われます。

  • 財務上の目的で製品の品質を低下させ、製品を「オリジナル」として再販売する。
  • 新しい市場にアクセスしたり、財政的な利益を得るために、問題の製品の起源や品質について嘘をつく。
  • 製品に誤ったラベルを付け、ある製品を売ると見せかけて、実際には別の製品を販売する。
  • 保険の対象となるように、追加の利益が出るように、また市場で優位性が得られるように、製品の成長に関する条件を操作する。

全てを合わせ、初期段階での犯罪はサプライチェーン管理に手ごわい挑戦を挑んでいます。

サプライチェーン輸送段階における犯罪

サプライチェーン全体を通して製品の移動中に起きる犯罪は、「輸送犯罪」とみなすことができます。輸送犯罪は、オリジナルの製品が「初期段階」の範囲を離れた後に起こる不正行為および偽造行為のすべてに関連しています。この種の犯罪の例としては、

  • 製品の起源について嘘をつく。
  • 1つの製品を受け取り、サプライチェーンの次の部分に別の製品を出荷する。
  • 再包装して次に送る前に、問題の製品を抽出、希釈、修正、または変色させるために、受け取った製品を改ざんまたは開封する。
  • コンテナの製品を交換したり盗んだりし、別の市場でより高い価格で再販する。
  • 荷物に含まれている特定のパッケージを盗むためにバッチ情報を再構成する。

結局のところ、輸送犯罪は、サプライチェーンの複雑な性質と情報へのアクセスが限定されているために止めることは非常に困難です。いくつかのサプライチェーンでは、製品は6~8の異なる代理人の間を移動する必要があります。代理人は前の代理人からの情報に頼ります。断片化は、必然的にギャップを許し、そのようなギャップは、利益の一部を吸い取ることを望む組織犯罪者によって容易に悪用されます。

Ambrosusはどのように偽造防止対策に取り組んでいますか?

Ambrosusがどうやって偽造防止に取り組むか

スイスにある研究と開発のためのAmbrosusセンターであるイノベーション研究所で、Stefan Meyer(ステファン・メイヤー)博士と高い技術を持った業界の専門家チームは、スマートサプライチェーン管理のための新しく最先端のソリューションをデザインし、毎日偽造の問題に取り組んでいます。

当初からStefan Meyer博士は、グローバルサプライチェーンにおける不正や偽造の問題に取り組む際に、InnoLabが抱く根本的な思想について直接指導をしてきました。

「サプライチェーンの犯罪への取り組みは非常に扱いにくいビジネスです。犯罪者が組織され、彼らの活動を支援するための多額の資金を持っている場合には特にそうです。このため、InnoLabで犯罪の問題に取り組む際には、具体的な考え方からアプローチする必要があります。すべての犯罪を解決する完全な解決策は決して見つけられないことを受け入れ、階層化されたソリューションを利用することにより犯罪の先を行くよう試みます。問題の強さに応じて、犯罪者が改ざん可能なものよりも先を行くために、ソリューションと混成アプローチを組み合わせる事を提案します。

現在の業務は最先端ソリューションをデザインして実装することによって大幅に改善することができます ー 優れた製品保護、製品の保管、データセキュリティーのために。私たちの目標は、多くの偽造防止対策が現在ある場所から、常に何歩も先を行くことです。私たちは、見つからずに製品にアクセスすることをより困難にすることによって、悪者を直接抑制するという実践的な目的のための偽造防止対策を講じようとしています。

1)初期段階での製品偽造、2)サプライチェーン輸送中の改ざんに関して、Ambrosus InnoLabはガーディアンセンサー、またはスマートコンテナを使用し、製品を犯罪者から隠すことによって、犯罪者から製品を守ることを助ける様々な戦略を開発しました。

ステーショナリー(固定)·ガーディアン - サプライチェーン初期段階でのセキュリティ

サプライチェーン初期段階でのセキュリティ

初期段階で製品の完全性をより良く保護するために、Ambrosus は静的(固定)センサーを活用し、疑いのある部分または環境に物理的にそれを取り付けます。初期段階のセキュリティを徹底的に保証するには、複数の固定センサーを複数の異なるゲートウェイの周りに設置する必要があります。改ざんが行われたかどうかを計算するために、様々なデバイスから取得できる構成データを介して自動的に処理を行います。

このようなシナリオでは、犯罪者が初期段階で製品を変更するためには、製造中のデータを常に監視する周辺のすべてのデバイスを同時に改ざんできなければなりません。人工知能と大規模なデータ分析を組み合わせることで、Ambrosusブロックチェーンに接続されている、セキュリティ保護されたゲートウェイに情報を送信する前に、設置された固定センサーが互いにインテリジェントに通信できます。

より具体的には、Ambrosusマルチセンシングプラットフォームは、監視をするようにデザインされた様々なパラメータのデータの完全性を効率的に保証することができるプレミアム固定ガーディアンです。特定のセンサーをマルチセンシングプラットフォームに追加することにより、クライアント企業は慣習的にサプライチェーンのさまざまな変曲点を保護することができます。このようなパラメータには、以下のものが含まれます(ただしこれに限定されません)。

  • 温度
  • 湿度
  • 露光
  • 加速/衝撃
  • 磁力計/磁気の定位
  • 圧力
  • 振動
  • Co2 / O2 /その他のガス
  • 距離(赤外線、超音波、レーザー、光距離計、干渉計など)
  • 高周波
  • 音の強さまたは周波数

マルチセンシングプラットフォームに取り付けられているすべてのセンサーは、すでにAmbrosusネットワークに較正されているか、NIST(米国の国立標準技術研究所)の認定を受けています。このような機能を備えたAmbrosus マルチセンシングプラットフォームは、様々な静的および動的なガーディアン責任に適した独自の社内デバイスです。

サプライチェーンガーディアン:センサー、シール、分析装置

静的ガーディアンよりも洗練されたものは、サプライチェーンにおける全行程の中で製品を追跡するためにInnoLabによって設計された動的センサーです。このようなセンサーは、偽造を防止するために特別に設計され、またAMB-NETに送信されるすべてのデータの完全性を保証するための、製品の「ガーディアン」であると理解することができます。より正確には、InnoLabには直ぐに利用できる数多くのスマートシール、分析デバイス、バイオセンサーが用意されています。

スマートシール

一部のサプライチェーンソリューションでは、製品を監視するための技術インフラストラクチャが不足すると、全行程を通して製品のセキュリティを保証することが困難になり、また製品の品質を保証することが難しくなります。そのような状況のために、InnoLabは世界のどこにいても、より多くの「生の」商品や製品に使用できる数多くの「スマートシール」を作成またはデザインしました。このようなスマートシールの例には、(とりわけ)以下を含みます。

RFIDケーブル

AmbrosusのRFIDケーブル

スマートジップタイ:

スマートジップタイ

偽造防止ステッカー:

偽造防止シール(ステッカー)

現在作成中のもう一つの特にユニークなAmbrosusのデザインは、完全に統合されたスマートコルクです。今日のほとんどのスマートコルクは温度を監視することしかできませんが、Ambrosusスマートコルクは、効果的にコルク操作またはパッケージのニードリングを防止し、より多くの機能の完全性を保証することができます。

分析デバイス:

製品構成を保証し、実証する幅広い種類の分析装置が現在存在しています。InnoLabは、セキュリティと効率を最大化する方法としてAmbrosus ゲートウェイに統合するために、市場にすでに存在する分析ツールを見つけることに集中しています。そのような製品には、以下のデバイスが含まれますが、これらに限定されません。

ハンドヘルド分光光度計:

近赤外線(NIR)スペクトルセンサは、定量化、適性、および識別目的のために材料によって吸収された光のスペクトル応答を提供します。調査とカスタマイズをすることにより、スペクトル信号の基礎となる技術的伝達は、次の産業またはユースケースに対して個別にカスタマイズすることができます。

  • 食品分析
  • 農業
  • 医薬品
  • 石油とガス
  • 合成ゴム
  • 健康管理
  • 化学物質

最先端の技術として、分光光度計は、企業が製品の品質を直接改ざんすることなく検証することを可能にします。サプライチェーン犯罪の状況では、ハンドヘルドデバイスは、製品の構成の変更や希釈に対する防御を提供します。高価値製品、または一度に多くの製品のサンプルをスキャンすることによって、企業は、製品がサプライチェーンの行程で変更されたかどうか、リアルタイムでより良く理解できます。

スマートトレーサ:

スマートトレーサは、ほとんどの場合、小型化された、製品に役立つチップまたは化合物であり、測定や、情報の読み手またはゲートウェイにそのような情報を送信することに利用できます。現在InnoLabでテストおよび設定されているスマートトレーサの一部は次のとおりです。

マイクロトレーサ:

マイクロトレーサは、フォトリソグラフィ技術を使用して製造される小型ラベル(サイズは数100μm)です。このようなトレーサは、製造誤差の検出、添加剤の正確な測定の保証、および他の製品の周囲に作られた製品の汚染レベルの判定に使用できます。

光デジタルトレーサ:

現在テスト中のこれらのトレーサは、製品の認証に使用される追加のセキュリティ手段として機能します。スマートフォンアプリケーションを使用すると、製品がスキャンされ、携帯電話のカメラは製品のパッケージグラフィックスに着けられた「目には見えない」手がかりとの相互作用に基づいてパッケージの信憑性を検証することができます。偽造された製品はそのような手がかりを持たず、偽造の対象となる製品がそのようなセキュリティメカニズムを利用しているかどうかを犯罪者が評価することもできません。

化学トレーサ:

試験されている化学トレーサは、鮮明な吸収スペクトルを提供するために、製品中の特定の成分の分子化合物を利用します。このスペクトルは、可視または不可視のいずれかにすることができます。分子の混合物に応じて、スペクトルは製品の化学組成、およびそれが改ざんされているかどうかを示します。これらの指標は、医薬品、植物由来食品、穀物、およびスパイスで一般的に見られるような化学ベースの製品の製品固有のIDとして効果的に役立ちます。

不正防止インク:

不正な開封を防止するスマートインク技術

InnoLabが現在利用している最も洗練された化学トレーサは、製品の製造プロセス中に導入される化学ベースの「インク」です。このようなインクや化学物質は、コピーや複製がほとんど不可能であり、特に目に見えないようにデザインすることができます。(紙幣を確認するために特殊インクを使用する方法と同様です) 最大限のセキュリティを確保するために、指定された第三者ソフトウェアによるインクのための特定の読み取り機を必要とします。

スマートパッケージング - 製品を隠す

サプライチェーンで輸送中に目に見える製品やアクセス可能な製品がない場合、犯罪者が問題の製品を改ざんまたは偽造する方法はありません。そのため、製品のセキュリティを保証する最も安全な戦略は、各製品を徹底した不正開封防止パッケージに入れることです。

Ambrosus InnoLabは、サプライチェーン全体での輸送中に製品をより良く保護するために、多くのスマートデバイスをカスタムデザインしています。このようなスマートパッケージには、実装可能なレベルが3つあります。第一に、それはパッケージの外側または内側に着けることができます。第二にパッケージの上、第三に、パッケージの製造に直接統合することができます。異なるパラメータを検討する必要があります。ほんの数例挙げれば、位置、通信(短期または長距離、パッケージングを通すかどうか)、感度(連続または一定時間、警戒閾値、較正)およびエネルギー(パッシブ、アクティブ)などです。

スマート等温ボックス:

不正を検知するスマート・アイソサーマル(等温線)・ボックス

スマートボックス:

偽造防止を保証するスマートボックス

両方の製品はInnoLabによって独創的にデザインされています。2つのデバイスの特長は、検出可能な改ざんや改造がすぐに指定された機関に「警告」として処理されるAmbrosus ゲートウェイを所有していることです。このようにして、容器または箱内の製品は、偽造または改造される可能性さえもなく、包装自体が、疑わしい活動があった場合に関係者に警告する能力を持っています。さらに、そのようなゲートウェイは、特定の人だけが指紋、署名、光学リーダなどを介して認証することができる特別な署名で暗号的に保護されています。

さらに一歩進んで、最先端の印刷技術は、パッケージ全体を損傷することなく抽出できないよう、シール、チップ、またはモニターで、製品が容器と合併するようにデザインされています。ブログ記事で詳細を説明しますが、そのようなテクニックは、ロール焼き付け印刷や現在InnoLabや工業製造業者を通じて行われている「モールディング(成形)」の背後にある主なアイデアを粉砕します。電子回路が製品自体の壁の中に印刷され、改ざんから安全です。結局のところ、製品だけが保護されるのではなく、製品の前に置かれたガーディアンも同様に保護されます。

結論

上記のすべての技術により、偽造防止データはAmbrosus ゲートウェイに送信され、安全に処理されてAmbrosus ネットワークに送信されます。今後のブログ記事でAmbrosus ゲートウェイのセキュリティと設定を詳細に説明しますが、AmbrosusのInnoLabが偽造防止対策として提案している全体的なソリューションは総合的なものです:製品IDの追跡だけでなく、InnoLabは、サプライチェーン製品をより安全に保護するために、高度で革新的な仕組みを開発しました。これは、サプライチェーンの「初期段階」の固定の製品と、サプライチェーンのさまざまな段階で「移行中の」製品の両方に関係します。

InnoLabは、現在の偽造防止対策を大幅に改善するソリューションを戦略的にデザインしており、犯罪者がサプライチェーンの欠陥を利用して改ざんすることをより困難にしています。同時に、そのような措置は、問題の製品の完全性を保存し監視するので、これも顧客に通知したほうが良いでしょう。最終的に、偽造防止は、犯罪を抑止しブランドの保護を保証するための有用なツールを提供する、競争が益々激しくなっている分野です。

おすすめ記事

不正な開封を防止するスマートインク技術 1

通常スマートサプライチェーン管理は、追跡機能、最適化されたデータの共有、偽造防止ソリューション、自動支払い処理など、さまざまな機能に関連しています。ブロックチェーンとIoTを追跡と追跡調査の目的で使用 ...

国連に支援されたネットワーク 2

Ambrosusが国連(国際連合)の消費者情報プログラムに参加 食品と薬品サプライチェーンにおける品質保証のためのブロックチェーン・IoTプラットフォームであるAmbrosus(アンブロサス)が、国際 ...

AmbrosusがNDSと提携し、メガマートで販売される牛肉をAMBブロックチェーンで追跡 3

ソウル、韓国 - 2018年10月10日 - グルーバルに分散したブロックチェーンとIoTプラットフォームのAmbrosus(アンブロサス)は、革新的な食品の追跡可能性(トレーサビリティ)プラグラムに ...

ambrosusとマダガスカル産ブルボンのサプライチェーン 4

Ambrosus(アンブロサス)がPremium Goodsと提携し、バニラの品質や産地、流通経路を証明可能に 目次1 バニラのサプライチェーンについて2 Premium GoogsのCEO、Herv ...

-Ambrosus・仮想通貨AMB

Copyright© Ambrosus Japan - 次世代のサプライチェーン管理(SCM) , 2018 All Rights Reserved.