Ambrosus関連

Stefan Meyer博士: Ambrosusとその未来の発展

投稿日:

Ambrosusコミュニティの皆さんへ

開始当初から、AMB-NETは信頼できるデータを消費者たちに提供する、強力な産業的IoTネットワークとして稼働するように設計されました。信頼できるデータというのはつまり、高度に分散化され、国際的に散らばり、ブロックチェーン上で不変にハッシュ化されるデータです。そのためAmbrosusコミュニティは、このエコシステムのサポートや方向性にとって非常に大きな力です。コミュニティのサポート、助言、そして独立したコミュニティプロジェクトと共に、Ambrosusは、特定の産業に特化したもの(産業バーティカル)を複数構築することに集中してきました。それらは消費者の透明性、ビジネスのバリューチェーンを繋げること(消費者から販売者から生産者へ)、そして(将来は)公共や政府の監査手続きにさえもフォーカスしています。

重要なことに、新たな規制や国特有の手続きが、デジタルネットワークやデータ保管の分配に対してますます支配と圧力を強めてきています。プロジェクトが開始してからというもの、GDPR規制はブロックチェーン・インフラストラクチャがどのようにヨーロッパで展開可能かについて、大規模な変更を行ってきました。多くの競争相手が彼らのデータ保管システムの部分を中央集権化するか、ブロックチェーンを単なるバックエンドに持つITプロジェクトに移行した一方で、Ambrosusは完全な分散化という当初のビジョンに専念したままでいることを決意しています。この理由はAmbrosusのコアチームが、このエコシステムがデジタルビジネスの未来の仕組みや、現代の世界において一般的にどのようにデータが体系化され、管理されるかに対して、インパクトを与える可能性を信じているからです。

今では、GDPRによって突きつけられた難題をAmbrosusはよく理解し、コントロールしています。並行して、Ambrosusエコシステムの成熟と、ネットワーク上に配備されたIoTソリューションのレベルが高度であることから、中核となるブロックチェーンの機能がいくつも設計されなければなりません:Ambrosusチームは、メインネットワークのチェーンに付随する複数のサイドチェーンを構築していきます。これらのサイドチェーンは、世界中のさまざまな管轄区域に渡るローカルな規制に従うことが可能です。これらは分散型台帳を含んでいるだけでなく、さまざまなハードウェア・インフラストラクチャに接続する組み込み型のソフトウェアも内包します。この新しいアーキテクチャと共に、Ambrosusは食品、製薬、ロジスティクス、ヘルスケア産業の企業のためのソリューションを柔軟に構築することが可能になります。要するに規制が厳しく、ローカルなデータ管理が要求される場所 - このケースは私たちのクライアントの多くに当てはまります。

Ambrosusのアーキテクチャと未来

これは既存のAmbrosusアーキテクチャにとって何を意味するのでしょうか?ヘルメスマスターノードは、データのバンドルを管理し、ネットワーク上にアップロードするために利用される、キーマスターノードであり続けます。ヘルメスは、様々なプロジェクトっをメインネットワークにオンボードし、起業家たちのイニシアティブをサポートする機能を果たします。加えてヘルメスマスターノードは、特にAmbrosusサイドチェーン・インフラストラクチャのためにデザインされた、追加の暗号経済モデルと結合します:データが承認されなければならない時は必ず、サイドチェーン上のスマートコントラクトを活用することにより、価値がメインネットワークに中継されます。

これらのネットワークへの追加による影響の中から、重要な2つを強調したいと思います。

第一に、開発チームは、管理されるすべてのデータをさらに分散化し安全にするため、ネットワークへのマスターノードのオンボーディングに取り組み続けます。本質的には、私たちはAMB-NET 3.0を構築しています - 産業に渡るサイドチェーンや広範囲に及ぶ採用のために、産業的に準備ができているネットワークアーキテクチャです。これを補完するために、私たちのCTOであるIgorが完全に、新しいサイドチェーンのインフラストラクチャをデザインし、新たな暗号経済モデルを開発しています。

第二に、エコシステム内で新しいプロジェクトやツールを開始するため、私たちのベストチームメンバーたちを使って、私たちのサイドチェーン・インフラストラクチャに従って産業バーティカルを分類する必要がありました。私たちのCPOのVladが、私たち自身の最先端のIoTエッジゲートウェイや統合されたシステムを利用してハードウェア・サイドチェーン・インフラストラクチャをリードしていく一方で、私たちの共同設立者であるAngelは、ChipLessを開拓することによって、私たちのプロジェクトの変化をリードしていきます。ChipLessは比類なく費用対効果が高く、シリコンフリーである、ワイヤレスでリアルタイムのタグやバイオセンサーです。InnoLabはIvanによって率いられ、新しいIoTの要素をテストし、開発し、特許を取得し続けます:そのような要素は、予測的な分析や分野の意思決定の目的のために、IoTやブロックチェーンを機械学習や人工知能といった先端の計算能力に統合することに強くフォーカスしています。AmbrosusのCEOとして、私は確実にこれらの様々な部品を効率的に管理できるように、これらの活動を調整していきます。

この挑戦の当面の目標は明確です。1) 分散型のネットワークへの私たちの信念を妥協することなく、新しい規制環境に適応すること。2) 企業がAMB-NETを活用することを簡単にするために、既存のB2Bのビジネスプロセスに完全に従う、狭帯域の選択肢をサポートすること。3) ネットワーク上のマスターノードの数も増やす一方で、Ambrosusエコシステムの起業家的側面を成長させ続けること。

私たちは皆、このような確固としたコミュニティを持つことが出来て非常に嬉しく思っています。私たちは、私たちの進歩についてコミュニティに最新情報を知らせ続けることを楽しみにしています。新たなマーケティングとコミュニケーションのプランがしばらく前から準備されてきており、もうすぐみなさんにリリースできる事を願っています。

今がAMB-NETを拡大する時です - そして、まさにそれが、Ambrosusの中核チーム全員が意図していることです。

Stefan

元記事: Dr. Stefan Meyer: Ambrosus and its Future Development

おすすめ記事

不正な開封を防止するスマートインク技術 1

通常スマートサプライチェーン管理は、追跡機能、最適化されたデータの共有、偽造防止ソリューション、自動支払い処理など、さまざまな機能に関連しています。ブロックチェーンとIoTを追跡と追跡調査の目的で使用 ...

国連に支援されたネットワーク 2

Ambrosusが国連(国際連合)の消費者情報プログラムに参加 食品と薬品サプライチェーンにおける品質保証のためのブロックチェーン・IoTプラットフォームであるAmbrosus(アンブロサス)が、国際 ...

AmbrosusがNDSと提携し、メガマートで販売される牛肉をAMBブロックチェーンで追跡 3

ソウル、韓国 - 2018年10月10日 - グルーバルに分散したブロックチェーンとIoTプラットフォームのAmbrosus(アンブロサス)は、革新的な食品の追跡可能性(トレーサビリティ)プラグラムに ...

ambrosusとマダガスカル産ブルボンのサプライチェーン 4

Ambrosus(アンブロサス)がPremium Goodsと提携し、バニラの品質や産地、流通経路を証明可能に 目次1 バニラのサプライチェーンについて2 ブルボンバニラ企業Premium Googs ...

-Ambrosus関連
-

Copyright© Ambrosus Japan - 次世代のサプライチェーン管理(SCM) , 2019 All Rights Reserved.