サプライチェーン

Ambrosus - 政府のためのサプライチェーン・ソリューション

更新日:

Ambrosusと政府 - インセンティブと機会

アンブロサス(Ambrosus)にとって、サプライチェーンの規制と安全保障は、大きな可能性を秘めた重要な話題です。アンブロサスの方策には、世界規模のサプライチェーンに対する政府の規制や政策を変え、根本から改善する大きな可能性があります。なので、政府が管轄区域内の製品にアンブロサスを上手く利用すれば、明確なインセンティブとチャンスがもたらされることになります。

重要な点として、世界中の政府に向けたアンブロサスの変革可能性を完全に理解する上で、まず世界規模のサプライチェーンが国家安全保障に与え得る脅威について簡単に説明しなければなりません。

サプライチェーンの安全保障:脆弱性

多くの人々にとって、世界規模のサプライチェーンというのは主に産業的プロセスの話であり、大抵は国民が食料品店で何を買おうと売ろうと政府はあまり干渉しません。ところが、近年の世界規模のサプライチェーンの発展に伴い、それによって引き起こされる問題の脅威も大きくなってきました。つまり、世界中から手に入れられる食料および薬品、共益設備に依存する人が増加してきたため、同時に供給ラインに起こる突然の変化に悩まされる人も増えているのです。将来に渡ってサプライチェーンを守る上で政府が直面している困難な問題について、3つに分けて以下で説明します

サプライチェーンとサイバーセキュリティー

サプライチェーンとサイバーセキュリティ

サプライチェーンに参加するどの企業にとっても、サイバー攻撃の脅威は最大の懸念事項です。外交問題評議会(CFR)が最近発表した報告書によると、「サイバー犯罪のうち80%がサプライチェーン由来」であり、更に2年以内に「製造業者の98%が生産に当たってサイバー関連の混乱を経験するだろう」と推定されています。このような混乱の頻度が高くなると、企業の流通システムは大きな被害を受け、配送指示が上手く伝わらないようになり、究極的には貴重な知的財産が盗まれることさえあり得ます。国民は生活必需品を生産ラインに依存しており、その責任者である政府にとって、サイバー攻撃の脅威は従来の軍事攻撃に匹敵する効果があると推定されています。つまり、サプライチェーンの安全保障は国家安全保障問題でもあるのです。

サプライチェーンと安全衛生

政府にとってサプライチェーンの安全保障と同じくらい重要なのが国民の安全衛生です。特にサプライチェーンの可視性が問題となります。製品が発がん性のある除草剤であろうと、危険性のある原材料からできた一箱の薬品であろうと、国境より内側で許可した製品の品質に対する政府の責任はますます強くなってきています。

サプライチェーンと安全衛生

特に貴重な材料や希少な産物の調達方法が問題となります。2016年にアメリカ合衆国政府は、1930年に成立したスムート・ホーリー法307項を改正しました。現在、この法律は強制労働また児童労働によって作られた製品の輸入を禁止しています。同時に、中国政府は貿易ルートの信頼性を保証するために特定の鉱物の出処を追跡し始めました。世界二大経済大国に起こっているこれらの動向は、各政府が国内に入ってくる製品を用心深く完全に追跡することで、国民と国内政策の両面に大きなメリットがあることを示しています。

将来的に、消費者の需要は継続的かつ適切に入手できる地場産のオーガニックな製品に重きを置くようになり、政府がその大きなトレンドに従って行動するのは間違いありません。それは環境に優しいというだけでなく、政府が規制する世界規模のサプライチェーンは高い効率性と安全保障を享受することになります。

サプライチェーンと災害管理

最も重要なのが、政府は潜在的な災害への備えとして、国境を越えてサプライチェーンの流れを規制する方法を模索しなければならないことです。世界的な疫病の流行の見通し、または予測できない津波や地震はサプライチェーンの機能性に多大な脅威を与えます。Foreign Policy社の最近の記事によると、日本で2016年に起こった地震のせいで必要な部品が手に入らなくなったため、トヨタ社は保有工場のうち1つを一時操業停止にせざるを得なかったとのことです。「ジャストインタイム」方式の供給モデルを採用するサプライチェーンは依然増えていることから、より大規模かつ壊滅的な混乱の脅威はどこも同様に大きくなっています。

サプライチェーンと災害管理

同時に、干ばつ、山火事、海水面上昇といった気候変動も、何百という企業が依存する製品や産物に被害を与える要因です。それらの在庫を明確に洞察し管理することができなければ、企業は莫大な損失を被ることになり、他方で、国民を守り法と秩序を維持するという点で、政府は「暗闇」に置き去りにされることになります。世界規模の経済における潜在的な「ブラックスワン」から身を守るために、政府はより厳しい規制を実施すると思われます。

Ambrosus:政府に向けたサプライチェーン方策

Ambrosus - 政府のためのサプライチェーンソリューション

他のブロックチェーン技術に基づくサプライチェーン方策とは異なり、アンブロサスは最先端のIoTプラットフォームに接続した新世代の公共ブロックチェーンを運用しています。つまり、巨大企業がネットワークの鍵を握るようなシステムではなく、アンブロサス・ネットワークは今なお増え続けるノード・オペレーター達に完全に分散化されています。選抜されたオペレーター達は要求の厳しいノード・オペレーションを請け負う能力を持ち、違法な業務やマネーロンダリングに手を出さないと認定されています。なので、サプライチェーンの不確実性に対して、透明性が高く安全かつ簡単に管理できる方策を利用したい利害関係者にとって、独立・分散化したシステムを活用するアンブロサスは理想的なプラットフォームなのです。

管理と最適化の面で、アンブロサスは政府と企業に対して二重構造の方策を提供します。

1)アンブロサスのdApps(分散型アプリケーション)や他のアプリケーションを利用することで、どのような企業や政府のデスクトップインターフェース上にも、サプライチェーンの物流や製品回収、災害時の供給ラインを管理するダッシュボードインターフェースを確立します。

2)他方で、これらのアプリケーションは自動スマートコントラクトでプログラムされ、問題や警報が出ると反応し、自動支払取引や会社保険制度にも適用できます。

最終的には、政府も企業も同様に、サプライチェーン・システムへの脅威に対する新たな監視システムを手に入れ、同時に取引企業は効率と利益を増やす上で最も重要なデータを最適化できるというメリットを享受します。

最後に、アンブロサスというブランドを伴って、政府は国内に入ってくる製品が清潔かつ安全であり、継続的に調達可能なものだと国民に保証することができます。汚染食品や偽造薬品、そして非人道的な環境で製造された製品も特定できるようになります。アンブロサスのアプリケーションを使用することで、消費者も規制当局も、アンブロサス・エコシステムを適用した全ての製品の産地や成分、保存方法をスキャンし検証することが可能になります。食品の汚染や将来的な薬品の不祥事に対する防衛策として、規制当局は発生や不正行為の原因を特定することが可能になり、サプライチェーンの穴が国民に与える影響を直接的に制限することができます。サルモネラ菌に感染した金魚、大腸菌に感染したレタス、および新生児に使用される偽物の赤ちゃん用ワクチンのような事例が全て最小化、または根絶され得るのです。

総論として、新市場に世界中から流入する製品は依然増え続けており、詐欺や病気、そして持続性のないサプライチェーンの方法は、世界中の消費者、企業、および政府を一様に脅かしています。アンブロサスは透明性と説明責任が確立された全く新しい世界を約束します。世界規模のサプライチェーンに対応する政府や規制当局が、国境を越えて健全かつ安全な製品をもたらすために、アンブロサスの方策は清廉で効率的なサプライチェーンを保証する最も実現性の高い方法を提供します。

元記事
Ambrosus and Governments: Incentives and Opportunities

おすすめ記事

不正な開封を防止するスマートインク技術 1

通常スマートサプライチェーン管理は、追跡機能、最適化されたデータの共有、偽造防止ソリューション、自動支払い処理など、さまざまな機能に関連しています。ブロックチェーンとIoTを追跡と追跡調査の目的で使用 ...

国連に支援されたネットワーク 2

Ambrosusが国連(国際連合)の消費者情報プログラムに参加 食品と薬品サプライチェーンにおける品質保証のためのブロックチェーン・IoTプラットフォームであるAmbrosus(アンブロサス)が、国際 ...

AmbrosusがNDSと提携し、メガマートで販売される牛肉をAMBブロックチェーンで追跡 3

ソウル、韓国 - 2018年10月10日 - グルーバルに分散したブロックチェーンとIoTプラットフォームのAmbrosus(アンブロサス)は、革新的な食品の追跡可能性(トレーサビリティ)プラグラムに ...

ambrosusとマダガスカル産ブルボンのサプライチェーン 4

Ambrosus(アンブロサス)がPremium Goodsと提携し、バニラの品質や産地、流通経路を証明可能に 目次1 バニラのサプライチェーンについて2 ブルボンバニラ企業Premium Googs ...

-サプライチェーン
-

Copyright© Ambrosus Japan - 次世代のサプライチェーン管理(SCM) , 2019 All Rights Reserved.