IoTセンサー・インダストリー4.0

5GとIoTでビジネスはどう変わるか。ブロックチェーンの可能性

更新日:

5Gネットワークのビジネス提案


革新的で技術的な進歩は、収入の新たな道や完全に独創的なビジネスモデルと密接に関連し、調和しています。インダストリー 4.0を取り巻く議論のなかで、接続性の性質について語られることはあまりありませんが、そもそも5G(第5世代移動通信システム)モバイルネットワークにはどんな価値があるのでしょうか?その価値はどのようにグローバル経済を変革し、もっと具体的には、Ambrosusがさまざまな業界に提供できるソリューションの品質をどのように最適化するのでしょうか?

Ambrosusエコシステムの5G技術の価値を正確に分類するために、まず4Gと5Gのネットワークを区別しなければなりません。それぞれの能力と、それらがどのように異なっているのか、また5Gへのアップグレードの本当の価値はどのようなものかについて区別します。このような基盤をもとに、特にIIoT (産業用IoT) に関連した5Gネットワークのビジネス提案について説明します。最後に、5Gの技術に限定し、それがAMB-NETに送信されるデータの効率、安全性、および形式を大幅に改善する、Ambrosusエコシステムについて議論します。

AmbrosusのIoTセンサー、もしくはパブリック・ブロックチェーンによるトレーサビリティシステムにご興味のある企業の方はこちらをご覧ください。Ambrosus公式へのお問い合わせ方法(英語)や、当サイト(非公式)への日本語お問い合わせフォームを載せております。もしくはTwitterAmbrosusの日本語公式テレグラムでもお気軽にご相談下さい。。Ambrosusについての概要はトップページに載っています。

モバイル革命を理解する:4Gと5G

電話の進化と昔の電話

過去20年間に電気通信技術の進歩があらゆることを容易にし、起こった変化の大きさを見落としがちです。モバイルネットワークが固定電話より広く使用されるようになったのは2003年以降です。3Gネットワーク接続は初期段階で通話やその他の基本的な通信形態を可能にしましたが、ネットワーク経由で大量のデータを効率よく処理するに至るまでには何年も要しました。2009年がら2010年になる頃には、4Gのネットワーク容量が通信会社によって提供されるようになりました。2009年の記事は、その頃4G / LTEが高価なハードウェアの必要性を減らし、ネットワークの管理を容易にし、データの速度と品質を大幅に向上させる可能性において、革命的なものに他ならないと見られていたことを証明しています。(ウルトラ・ブロードバンドアクセス)

それにもかかわらず、4G LTEとそれに付随するビデオストリーミング、大きなデータファイルの送受信、およびリアルタイムの対面通信は、10年足らずで次世代電気通信技術-5G によって凌駕されつつあります。前世代と比較して5G技術は、平均的な人が実質上世界中どこにでもアクセスをして消費するデータの量を大幅に増やすことを約束しています。(幾つかの予測によると、2020年までに各個人が毎秒1.7メガバイトのデータを消費するとされています) ジェイビル (Jabil) の記事によると、新しい5Gネットワークは「4Gの50ミリ秒から5Gでは1ミリ秒に短縮される」低遅延性 (低レイテンシ―) を持ちつつ「LTEのモバイルデータ量の1000倍を処理できる」といわれています。要するに、5Gは従来のモバイルネットワークとは異なり、既存のテクノロジーを最適化し、それを前例のないレベルに拡張する機能を備えています。

5Gアプリケーションの潜在市場と準備のマトリックス
(出典:Huawei Technologies)

しかし重要なのは、ジェイビルの記事で詳く説明されているとおり、5Gはほんの最近、電気通信業界で流行語になり始めたばかりで、2020年ごろまで広く採用されることはないと考えられていることです。それまでの間に、全世界のモバイル加入者は「合計90億人に達する」と予測されていますが、相互に接続されたIoTデバイスや中央ネットワークの数は160億近くにのぼると予測されています。レッドチョーク (Red Chalk) のレポートによると、「初期5G」はレッテルが貼られている通り、4G LTEネットワークと部分的に混合されます。より具体的にいうと、「5Gのカバレッジは、周波数が簡単にユーザーに届く可能性のある歩行者中心のエリアの屋外に限定される」一方で、「4Gネットワークは、特にモビリティの基盤として残ります。」 しかし、2020年代半ばまでに、この暫定措置は5Gネットワークだけを支持できるように向上する見込みです。その際には、5Gネットワークは「最小で1平方キロメートルあたり100万の接続されたデバイス」をサポートすることができるようになるとデロイト (Deloitte) の調査で予想されています。

5Gネットワークのビジネス提案

Ambrosusと5G革命

来るべき5Gへの進化・革命に備えて、企業、コンサルタント、政府は、5Gネットワークのビジネスの可能性と新しい形の価値や生産性をどのように促進するかについて問い始めています。以下に挙げるのは、5Gネットワークが世界経済にもたらす最も重要な影響です。

1.機械学習とIIoT

第4次産業革命に伴い、多くの最先端技術がますますモバイルネットワークに依存しています。5Gネットワークは、機械間、交通結節点内、および管理者とデバイス間の瞬間的なデータ伝送の中核となる「ファシリテイター」です。5Gネットワークが提供できるスピードの例として前述のデロイトの調査は、どのように「4Gネットワークで広告された速度の100倍を超える最高10Gbpsの最大理論速度を、5Gは提供することが出来ると推定される」のかを説明しています。(2)

IIoTにおける、5Gネットワークの主な価値提案は、スマートデバイスと人工知能機械との間のリアルタイムデータ伝送の必要性に直接対応していることです。低く、安定した、予測可能なレイテンシーを提供することにより、5Gネットワークはセンサーが1ミリ秒以内に情報を処理し応答することを可能にします。エリクソンの調査によると、5Gネットワークは製造部門を変化させ、前例のない規模の工場の作業場での接続性と自動化を可能にすることができます。 同じ理論によって、住宅、都市などのM2M(機械同士)のやりとりは、より高速、安全で、さらに大量のデータを保存して送信することができます。

2.生産性、効率性、コミュニケーションの向上

生産性、効率性、コミュケーションの増加

5Gネットワークでは、速度とデータの保存と転送の機能が向上するため、ビジネス戦略を大幅に改善することができます。このようなイノベーションの最大の、そしておそらく最もエキサイティングなことは、世界のどこからでも大量のデータを保存し、編集し、送信することができるワイヤレス・クラウド・オフィスの導入です。同様に重要なのは、5Gネットワークの基盤に基づいて構築された、まったく新しいビジネスモデルとオンデマンドサービスの可能性です。高い評価を得ているコンサルティング機関であるデロイトは、現在のモバイルネットワークよりも「レスポンスレートが7倍速く、ダウンロードスピードが12倍速い」ことによって「5Gは、2035年までに複数の業界で12.3兆ドルのグローバルな営業活動を可能にすることができる」と予測しています。まだ想像するのは難しいですが、データのアクセシビリティの向上は、企業が意思決定を行い、予期しない問題により迅速かつコントロールされた方法で対応することを可能にします。

3.中小企業の成長

最後に、5Gネットワークは、中小企業のビジネスポテンシャルと実行可能性を高めることによって、「競争の場を平等化する能力」を備えています。クアルコム (Qualcomm) の調査報告書では、回答者の80%が中小企業の成長を期待しており、5Gモバイルバリューチェーンの結果として、大規模なグローバル競争を予想しています。このような予測に伴い、クアルコムは今後20年間で5Gネットワークが最大3兆5000億ドルの収益を生み出し、同時に2500万の新規雇用を創出すると予測しています。全てをあわせると、モバイルデバイス、アプリケーション、およびデジタル接続の価値のパラダイムシフトは、5Gモバイルネットワークの普及により開始されます。

Ambrosusと5G革命

Ambrosusと5Gネットワーク

Ambrosusが5Gネットワークの革新的かつ革命的な可能性を活用する方法はいくつかあります。例えば以下のようにです。

  • 中小企業の基盤となるエコシステムとして
  • エンドツーエンドのブロックチェーンとIoTデバイスの接続性を確保する手段として
  • GS1データリンク規格に準拠し、「製品の性質に関する情報へのアクセス」のしやすさと、その質と量を末端消費者に対して提供するプラットフォームとして

ビジネス・エコシステムの基盤層

Ambrosus・エコシステムは、企業、政府、組織へ向けたサービスとして、ブロックチェーンとIoTプラットフォームを提供するために構築されました。データ設定、品質保証、都市監視、および世界経済の多くの他の分野は、AMB-NETのために熟しています。Ambrosusは、オープンソースのエコシステムの性質を持つことから、スタートアップや既存の企業に対して、サプライチェーンや特定の高価値産業を電子化する機会をサービスとして提供することができます。この機会の中心には、SLA(Service Level Agreement)を維持するための瞬時接続の必要性があります。最終的にはAmbrosus自体と、AMB-NETの上に構築された中小企業のすべてが、企業と消費者の両方にノンストップのサービスパッケージを提供するために5Gネットワークを活用します。

モノのインターネットの接続性とデータ送信

IoTの接続性とデータ伝送

5Gネットワークによって、AMB-NETブロックチェーンにアップロードされるデータの速度、保管、および品質の点で、AMB-NETをさらに大容量に拡張することもできます。このソリューションの始まりはIoTに基づいています:しばしばバッテリーを必要とするIoTデバイスは、データを送信するためにモバイルネットワークを必要とすることがあります。モバイルネットワークが高速になればなるほど、データはより正確で便利になります。サプライチェーン全体では、5Gレベルのモバイル接続によってスマートデバイスおよび機械学習や人工知能などの最先端技術が、送信されるデータの頻度に基づいて常にコミュニケーションや、反応、予測を行うことができます。

最後に、末端消費者との関わりでは、5GはQRコードまたはバーコードを印刷または貼付した製品を24時間365日稼働させることができます。GS1データリンクに準拠して、Ambrosus認定製品を購入する消費者はQRコードをスキャンし、画像 、ビデオ、ロイヤルティプログラム、最終的には製品の品質をよりよく示す、その他のカスタマイズ可能なデータ中心の新たな取り組みにアクセスする事ができます。5Gネットワークでは、特定のアプリケーション内により多くのデータを保存することができるだけでなく、末端消費者がビデオの読み込みやファイルの更新を待つことなく、さまざまなアプリケーション・インタフェース間で迅速にアクセスしたり、切り替えたりすることができます。

スケールするビジネスソリューション

拡張に対するビジネスソリューション

ビジネス上の観点から、AMB-NETの革新的で使いやすい機能により、Ambrosusや、さまざまな起業家のスタートアップ、そしてエンタープライズ版のヘルメス・マスターノード(AMB-NETブロックチェーンにデータを送信する役割を担う)をリースしているその他の企業は、分散型IoTプラットフォームをサービスとして提供することができます。5Gネットワークは、デジタルの接続性と通信の向上を超え、末端消費者に大量のデータを提供し、サプライチェーン全体に埋め込まれたインテリジェントデバイス間のスマートなやり取りを促進します。

元記事
Ambrosus and 5G Technology

おすすめ記事

不正な開封を防止するスマートインク技術 1

通常スマートサプライチェーン管理は、追跡機能、最適化されたデータの共有、偽造防止ソリューション、自動支払い処理など、さまざまな機能に関連しています。ブロックチェーンとIoTを追跡と追跡調査の目的で使用 ...

国連に支援されたネットワーク 2

Ambrosusが国連(国際連合)の消費者情報プログラムに参加 食品と薬品サプライチェーンにおける品質保証のためのブロックチェーン・IoTプラットフォームであるAmbrosus(アンブロサス)が、国際 ...

AmbrosusがNDSと提携し、メガマートで販売される牛肉をAMBブロックチェーンで追跡 3

ソウル、韓国 - 2018年10月10日 - グルーバルに分散したブロックチェーンとIoTプラットフォームのAmbrosus(アンブロサス)は、革新的な食品の追跡可能性(トレーサビリティ)プラグラムに ...

ambrosusとマダガスカル産ブルボンのサプライチェーン 4

Ambrosus(アンブロサス)がPremium Goodsと提携し、バニラの品質や産地、流通経路を証明可能に 目次1 バニラのサプライチェーンについて2 ブルボンバニラ企業Premium Googs ...

-IoTセンサー・インダストリー4.0
-

Copyright© Ambrosus Japan - 次世代のサプライチェーン管理(SCM) , 2019 All Rights Reserved.