Ambrosus関連

Ambrousus進捗レポート - 2019年3月18日

投稿日:

親愛なるAmbrosusコミュニティへ

この2週間の最も重要なアップデートを含む隔週進捗レポートにようこそ!以下がAmbrosusエコシステム内の主要エリアにおける開発の概要です。1) Ambrosusネットワーク開発アップデート 2) Ambrosusインキュベーターの成長 3) ヨーロッパとアジアにまたがる多忙な週

明らかなことですが、この2週間はAmbrosusチームにとって極めて忙しいもので、迅速に進化中のエコシステムに新たなコネクションや重要な技術的開発をもたらしています。

AMB-NET開発アップデート

ネットワーク・マネジメント・ツール(NMT)

過去2週間で、Ambrosusの開発チームはAmbrosusネットワーク上に新しい機能を作り、実装しました。それがネットワーク・マネジメント・ツール(NMT)です。Ambrosusネットワークへの安全なオンボーディング、オフボーディング、ノートのホワイトリスト化にフォーカスしたNMTは、マルチシグネチャーのスキームを使ってそのようなプロセスにおけるガバナンスを分散化します。以前は1人の開発者がネットワークへのアクセスを管理する能力(ノードのオンボーディングやオフボーディング等)を持っていました。今はNMTによって、復数の開発者がAMB-NETに対する最も重要な変化やネットワークへの許可された参加者に関しての投票権を持っています。分散型のガバナンスへの最初のステップとして、NMTはオープンでパブリックなAmbrosusネットワークにとって必要不可欠です。

起こりかけている兆し

スマートコントラクト・ベースでのネットワーク運営者のネットワーク管理

Ambrosusブリッジ

AmbrosusブリッジはTest-Netに公式にデプロイされています。Ambrosusの開発者たちが全体のプロセスの最終的なエンドツーエンドの品質保証(QA)を行っていて、ブリッジのセキュリティホールが修正されてきました。過去2週間で、Ambrosusの開発者たちはさらにブリッジの説明書、オンボーディングの全体手順、正しいスクリーン周りの書類作成、ブリッジのユーザー・インターフェース、そして契約条件(T&Cs)のレビューを行ってきました。

起こりかけている兆し

Test-Net上のブリッジの最終チェックとテスト。Main-Netに向けてそれを準備する前にです!

モバイルアプリケーションとSDKの改善

AmbrosusのフロントエンドチームがAmbrosusのSDKの改良、やり取りの繰り返しを続けてきた一方で、2つのクライアントアプリケーションが大きく進歩しました。より具体的には、拡張APIに修正が加えられ、一方でネイティブ・カメラ・スキャナーを備えるデモアプリケーションもまた完成しました。Java/AndroidのSDKとiOS/MacOSのSDKに追加の書類作りや改善が行われました。最後に、フロントエンドチームは彼らの最も新しいJavaScript SDKの仕上げに近づいています。

起こりかけている兆し

クライアントアプリケーションへの取り組みが引き続き行われ、それは将来のクライアントのために1つのアプリケーションカタログ内でAmbrosusがデザインした多数のクライアントアプリケーションを展示するための、コア「内部の」"コーポレートデモ"ドキュメントを伴います。

アトラスの報酬構造に対する変更

過去2週間で、Ambrosusの開発者たちはバンドルがどのようにアトラスノードに分配されるかについての新しいモデルの実装を開始しました。以前のモデルは接続性のレベルに基づいていました。つまり、もし運営者がより洗練された計算処理装置(例えばデータセンター、もしくは高頻度のアルゴリズム)を所有していれば、そのようなものを持っていない運営者よりも自然と有利にバンドルを得られるモデルでした。今のモデルは過去のものと異なり、deterministic moving pointer(DMP)スマートコントラクトを使っています。関連するアトラスノードのステークに応じてバンドルの収容責任が平等に分配されることを保証するために、確率に基づいてスマートコントラクトに従ってバンドルが調達されます。要するに、より平等な報酬の分配が与えられることになります。

Ambrosusインキュベーターの成長

AmbrosusのアカウントマネージャーRado Dragovが発表できるのを喜んでいることは、ブロックチェーンベースのソリューションを構築するための土台となるプラットフォームとしてAmbrosusを使うために接触してきている起業家たちの数が著しく増えてきているということです。これらの起業家たちは世界中の様々な地域から、様々なレベルの経験を持ってやって来ています。大学を卒業したばかりのフレッシュな人や、会社の仕事を離れた経験豊かな専門家たち等です。そのようなブロックチェーン起業家たちは多くの新しく興味深い使用事例(ユースケース)をAmbrosusエコシステムに持ってきていて、Ambrosusはこれらのアイデアが成長し、発展するのを手助けするために、関連する洞察やツールを提供することを非常に喜ばしく思っています。

起こりかけている兆し

使用可能なAmbrosusテクノロジーのファクトシートと共に、包括的な"起業家のためのAmbrosus"ドキュメントが進化を続けます。

パリから香港まで: 新たなコネクションと使用事例

最後に、非常に忙しい2週間の締めくくりとして、Ambrosusのチームメンバーは世界中のイベントに出席してきました。AmbrosusのCEOであるAngel VersettiとCPOのVlad TrifaがプレゼンをしたパリのETHCCから、Hello Tomorrow、香港のToken2049まで、Ambrosusエコシステムは至るところで促進されてきました。新たなコネクション、使用事例、コラボレーションのためのエリアを伴ったこれらの様々なイベントは、暗号通貨の世界と同様にデジタル技術の世界にAmbrosusエコシステムを紹介する最良の機会でした。

起こりかけている兆し

eHealth World Conference (3月26-27日)、the C3 Crypto Conference (3月27-28日)、オーストラリアのシドニーで行われるEDCON(4月8-13日)

まとめると、この2週間はAmbrosusエコシステムに新たな情報、機会、そして成長をもたらしました!質問やコメントは、3月20日水曜日に隔週Q&Aが再度オープンになりますのでそちらまで。あなたの質問に答えたり、私達のコミュニティからのフィードバックを集めるのを楽しみにしています!

 

おすすめ記事

不正な開封を防止するスマートインク技術 1

通常スマートサプライチェーン管理は、追跡機能、最適化されたデータの共有、偽造防止ソリューション、自動支払い処理など、さまざまな機能に関連しています。ブロックチェーンとIoTを追跡と追跡調査の目的で使用 ...

国連に支援されたネットワーク 2

Ambrosusが国連(国際連合)の消費者情報プログラムに参加 食品と薬品サプライチェーンにおける品質保証のためのブロックチェーン・IoTプラットフォームであるAmbrosus(アンブロサス)が、国際 ...

AmbrosusがNDSと提携し、メガマートで販売される牛肉をAMBブロックチェーンで追跡 3

ソウル、韓国 - 2018年10月10日 - グルーバルに分散したブロックチェーンとIoTプラットフォームのAmbrosus(アンブロサス)は、革新的な食品の追跡可能性(トレーサビリティ)プラグラムに ...

ambrosusとマダガスカル産ブルボンのサプライチェーン 4

Ambrosus(アンブロサス)がPremium Goodsと提携し、バニラの品質や産地、流通経路を証明可能に 目次1 バニラのサプライチェーンについて2 ブルボンバニラ企業Premium Googs ...

-Ambrosus関連
-

Copyright© Ambrosus Japan - 次世代のサプライチェーン管理(SCM) , 2019 All Rights Reserved.