Ambrosus関連

Ambrousus進捗レポート - 2019年6月10日

投稿日:

Ambrosusコミュニティの皆さん、

私たちは活発です!この一週間で、Ambrosusネットワークは効果的かつ効率的に、最初のシリーズのアトラスとヘルメスマスターノードをオンボーディングしました!私たちがAmbrosusネットワーク上での1,000のマスターノードに向けて行進している間に、他の多くの面でも進歩が続いています!エコシステムの成長からINATBAのアップデートまで、6月のスタートを切る、お待ちかねの隔週進捗レポートをご覧ください。

日ごとに増えるAMB-NET上のマスターノード

先週のAmbrosusエコシステムのマイルストーンアップデートから、新しいチーフ・ブロックチェーン・オフィサー(CBO)と彼のチームが、AMB-NETを形のある、成長する産業ネットワークにするための強化に直ちに取りかかり始めました。この7日間だけで、Ambrosusはテスト環境とAMB-NETの両方に、数々のアトラスとヘルメスマスターノードをオンボーディングしました。現在さらに多くのマスターノードが、Test-Netにオンボーディングされる準備がされている一方で、開発チームはこの進捗と、現在マスターノードがネットワーク上で上手く稼働しているという状況に満足しています!

ネットワークの修正と改善

AMB-NET上でマスターノードが生命を宿した一方、Ambrosus内の他の開発チームは、Ambrosusネットワークのアップグレードと維持を続けてきました。

  • 1) 3つのネットワーク(Main、Dev、Test)全ての、全てのシステムコンポーネントがアップグレードされました
  • 2) マスターノードのオンボーディングに付随して、重大な暗号経済テストが行われ、それは将来の計画の向上に役立ちました
  • 3) アトラスマスターノードの稼働に関する情報ページがコンパイルされ、あとは最後の編集と追加を残すのみです
  • 4) The Deterministic Moving Pointer(DMP)スマートコントラクトの、AMB-NET上で動くアトラスマスターノードへの実装が成功しました
  • 5) AmbrosusブリッジのUIに対する多くの小さな修正が行われた一方、より迅速なコンバージョン率を保証するために、より技術的な修正が行われました

今後の兆し

マスターノードのオンボーディングが安定したペースで継続し、新たなオペレーターが、メインネットワークにアクセスする前にテストネットに招待されます。その間、完成に近づいている多くのデモアプリケーションと同様、メインネットワークのアーキテクチャ、ブリッジ、エクスプローラーに対しても、取り組みが続きます!

エコシステムの拡大とオープンソースコードの採用

2週間前の進捗レポートでリリースされた、前回のエコシステム成長スペシャルに照らして、Ambrosusは産業をまたがった、非常にポジティブなフィードバックを発表したいと思います。この最新のエコシステム成長レポートは、他の自動車「パーツ」製造業者たちからの注目を集めました。その中には、ヨーロッパで最も突出した、有名な1社も含まれています。彼らの具体的な興味は、現時点では、彼らの工場までのパーツの輸送を、IoTデバイスと連携してAmbrosusプラットフォームを活用し、追跡することを中心に展開しています。これは根本的に、しばしばこの産業で調達される、原材料のタイプや質への信用の欠如に基づいています。

ローカルの肉製造業者向けにカスタマイズされたdApp

2つ目に、Ambrosusは起業家たちに向けて、新たな呼びかけを発表したいと思います!詳細なレポートのデザイン編集が最終段階にあり、Ambrosusエコシステム・インキュベーターが活発な賑わいを見せています。一つだけ例を挙げると、ベルギーの上昇する起業家たちのグループが、彼らの地域のローカルな肉の生産者のための、カスタマイズされたdAppの作成に成功しました。今後数週間で、最初のトライアルが予定されています!このような種類の活動に関する、根底にあるAmbrosusからのメッセージは、分散型のアクセスの1つです。あなたのバックグランドや経験のレベルに関わらず、Ambrosusはあなたのプロジェクトやビジネスのアイデアが実現するように、あなたにツールやインフラストラクチャを提供します!

最後の3つ目に、Ambrosusの成長チームは、東南アジア地域の新しいパートナーと共に取り組んできました。このパートナーは、Ambrosusがスイスの乳製品産業で行った、以前のプロジェクトに基づいて開発されてきました。現時点では限られた情報しか公開できませんが、重要な点は、Ambrosusはヨーロッパを超えて、広大で豊富な機会のあるアジア地域にまで、迅速に拡大しているということです!

今後の兆し

待望の「起業家のためのAmbrosusコンプリートガイド」と同様に、産業的アプリケーションに関するさらなるアップデートを受け取る準備をしてください!

INATBAの6月セッションのアップデート

INATBA-6月セッションのアップデート

6月に行われた最新のINATBAミーティングの焦点は、今後6ヶ月に渡る、未来の組織の成長のための、パラメータとロードマップの設定でした。したがって、議論は主に、INATBAを世界のブロックチェーン・アプリケーションの基準として成長させるための手段やアプローチを中心に行われました。これはまず第一に、ワーキング・グループの性質や、それら同士の交流のレベルに関する議論から始まりました。その後議論は、INATBA自身の基準に関する活発な議論、そして信頼のあついブロックチェーンアプリケーションのゲートキーパーとしての評判を、どうやって維持していくかの計画に続いていきました(多くのブロックチェーンプロトコルが、しばしば人をあざむくような性質である事に照らして)。もっとも重要なことは、6月のINATBAセッションは、ブロックチェーン関連組織からの45の新しいアプリケーションが、チェックされ、最終的に認可される方向に向かっていることを立証しました。組織はそれゆえ極めて迅速に成長していて、そのような関心は、INATBAの正当性や未来のポテンシャルを示しています。

Ambrosusにとって、このINATBAミーティングは、以前に構築されたものの確認と継続だった、という事に尽きます。Ambrosusは、サプライチェーン・ワーキング・グループ(SC-WG)の方向性と進化を導くための、正式に選ばれた10の組織の中の1つです。Ambrosusの期待としては、今後数ヶ月間で、このワーキンググループの最初の基準やポリシーのさらなる発展に参加し、Ambrosusエコシステムを奨励することです。より具体的なゴールが、グループ内、そしてINATBAに関連して設定され、その中で、Ambrosusは非常に活動的であり続けています。今後数ヶ月で、SC-WGが順調に離陸するにつれ、様々なメンバー達からのコール、ドキュメント、そしてさらなるコラボレーションが期待されます!

動きの速いワーキング・グループの儀式、そしてINATBA自身の運営に関する議論を超え、Ambrosusは6月のミーティングで得た、政府、非政府、ビジネス組織との、より良い関係発展の機会に満足しています。欧州議会議員や国連の代表者から、大規模な企業達まで、そして会議の主催者達まで、Ambrosusは活発にネットワーク作りをおこない、ブロックチェーン産業の頂点で関係性を成長させました。

今後の兆し

今後数ヶ月の忙しいスケジュールと共に、Ambrosus INATBAとサプライチェーン・ワーキング・グループが進化を続けるに従い、Ambrosusチームはコミュニティのために、アップデートを届け続けます!

この隔週進捗レポートを楽しんで頂けたなら幸いです!エコシステムの開発や、起業家活動の次の波に関する情報やさらなる機会のために、info[]ambrosus.comに遠慮せずご連絡ください!

おすすめ記事

不正な開封を防止するスマートインク技術 1

通常スマートサプライチェーン管理は、追跡機能、最適化されたデータの共有、偽造防止ソリューション、自動支払い処理など、さまざまな機能に関連しています。ブロックチェーンとIoTを追跡と追跡調査の目的で使用 ...

国連に支援されたネットワーク 2

Ambrosusが国連(国際連合)の消費者情報プログラムに参加 食品と薬品サプライチェーンにおける品質保証のためのブロックチェーン・IoTプラットフォームであるAmbrosus(アンブロサス)が、国際 ...

AmbrosusがNDSと提携し、メガマートで販売される牛肉をAMBブロックチェーンで追跡 3

ソウル、韓国 - 2018年10月10日 - グルーバルに分散したブロックチェーンとIoTプラットフォームのAmbrosus(アンブロサス)は、革新的な食品の追跡可能性(トレーサビリティ)プラグラムに ...

ambrosusとマダガスカル産ブルボンのサプライチェーン 4

Ambrosus(アンブロサス)がPremium Goodsと提携し、バニラの品質や産地、流通経路を証明可能に 目次1 バニラのサプライチェーンについて2 ブルボンバニラ企業Premium Googs ...

-Ambrosus関連
-, ,

Copyright© Ambrosus Japan - 次世代のサプライチェーン管理(SCM) , 2019 All Rights Reserved.