Ambrosus関連

マスターノード侵攻 - 進捗レポート2019年8月5日

投稿日:

Ambrosusネットワークの驚異的なマイルストーンの発表が出来ることを、Ambrosusチームは非常に嬉しく思います!Ambrosusの開発チームは今、すべての見込まれるアトラスマスターノードと、最大200のアポロマスターノードの運営者達をオンボードします。AMB-NETのローンチ以来最大のマイルストーンとして、Ambrosusネットワークのサイズと成長における前代未聞のこの拡大は、Ambrosusエコシステムの発展の新しい段階、すなわちAMB-NETへの完全な分散型かつパーミッションレスなアクセス、に向けての明確な動きです。Ambrosusチームは、手順に関してガイドが必要な方を喜んで手伝い、オンボードします。しかし、今や誰でもパーミッションレスな環境で自分のマスターノードを運営することが出来ます。これは、AMB-NET上で既に利用できる他のパーミッションレスな機能、つまりブリッジ、ウォレット、チャレンジ、アセット、イベント、バンドル承認などがあってのものです。異なるサービスプロバイダーで、どのように様々なマスターノードを設定するかについての具体的なインストラクションは、近日お伝えします。

あらゆる全ての見込まれるマスターノード運営者は、各マスターノードに必要な枚数のアンバー(AMB)を持っている限り、Ambrosusネットワークにオンボード可能です。これはプロトコルのルール通りです。全てのアポロ、アトラス、ヘルメスマスターノード運営者たちにとって、未来の産業データ管理に参加することが、こんなに簡単だったことは今までにありません。あなたのマスターノードをセットアップし、リスト上のアドレスを承認し、産業全体で最も速く成長する分散型ネットワークにオンボードする準備をするだけです!

重要事項: オンボーディングチームによる見積もりでは、マスターノードのセットアップに助けが必要な運営者は、申請から72時間以内の返答を期待できるとのことです。しかしながら、大量の関心が押し寄せた場合には、このオンボーディングの見込み時間は変わることがあります。その間、ぜひ私たちのテレグラム日本語テレグラムはこちら)に入って、議論したり最新のニュースを受け取りましょう。

エコシステムの拡大: 背景と将来の発展

Ambrosusエコシステムの急激な拡大は、2つの重要な要因にあると考えることが出来ます。1) データ管理、商品追跡、IoT情報の共有のためにAmbrosusネットワークが提供する、オープンソースツールを利用する開発者やパートナーの増加 2) Ambrosusエコシステム全体(ゲートウェイ、ヘルメス、アトラス、アポロ、暗号経済モデル)の、テストやパフォーマンス監視の成功

これら2つの向上が一緒になって、Ambrosusネットワークの発展を新たな段階に導きました。すなわち、非常に多くの方法でAmbrosusエコシステムの発展に貢献する、企業、起業家、そして多くのAmbrosusコミュニティメンバー全員にとっての、大規模でスケーラブルな、分散型のアクセスの時代です!

オープンソースエコシステム開発: フルーツ、野菜、車、化粧品!

前回の進捗レポートで、様々な開発の段階にある、世界中に広がる数多くのプロジェクトについて議論しました。以下で、Ambrosusエコシステム内で活気づく、様々なプロジェクトに関する直近の進展についてお見せします。

第一に、Ambrosusは日本の自動車産業のために、新しいプロジェクトの開発、実装に取り組んでいます。共同で提案したゴールとしては、様々なAmbrosusのIoTデバイスを使って、サプライチェーン全体で車の部品を追跡するだけでなく、工場内の生産ライン自体も管理することです。このイニシアチブの長期的ゴールは、無駄を削減し、効率を改善し、未来の自律型工場を創造する最先端にAmbrosusネットワークを位置づけることです。

第二に、西アフリカにおいて、その地域の何百もの農家たちからの、100%天然のマンゴーピューレのトレーサビリティにフォーカスした、新しい産業プロジェクトについて報告できる事をAmbrosusは嬉しく思います。マンゴーの袋1つ1つが個別に追跡される事になる一方で、商品が地域の外、つまりヨーロッパやそれを超えて輸送される際には、Ambrosusスマートパレットも適用可能です。バニラやコーヒーに関する以前のソリューションに基づいて、Ambrosusは世界の離れた地域において価値のあるソリューションを創ることに関して、マンゴー産業にユニークな専門知識を提供します。

第三に、夏の間にも、Ambrosusエコシステム内での起業家開発は健全なペースで続いています。最も注目に値するハイライトの1つは、地元で調達された様々な野菜の追跡にフォーカスした、インドのスタートアップです。AMB-NET上で構築され、提案されたソリューションは、使われた農薬があれば記録し、また一般的に、商品の品質に関する消費者からの信頼を上げることです。それに加えて、香港の小さなチームが、化粧品産業で使われた材料を追跡するための、オリジナルのソリューションを構築している最中です。これらの素早く成長するスタートアップから得られる最も重要な教訓は、Ambrosusエコシステムのアクセシビリティです。あなたの知識や経験のレベルに関わらず、Ambrosusはあなたのビジネスプランが実現する手助けをすることが出来るということです。

今後の兆し: 今後の週、Amborsusチームのメンバーたちがベトナムに行き、前回お伝えした乳製品産業に関するプロジェクトを具体的に開発します。

技術的アップデート: 統計、新インターフェース、エコシステムに渡る分散化

Ambrosus開発チームは、Ambrosusエコシステムの新たな開発段階に移行しています。以前の段階では、もともとのAMB-NETの青写真を完成させるための開発とテストの周りで開発が進展してきました。AMB-NETが洗練された、強靭な、産業グレードのブロックチェーン&IoTプラットフォームとして位置づけられたので、新たなフォーカスは分散化、透明性、そしてコミュニティの関わりに集中しています。以下のアップデートは、今後数週間で期待される事です。

1つ目に、様々な新しい統計的モニターが実装されます。内部の分析や、ネットワークの発展を外部にコミュニティと共有するものです。これは以下を含みます。

  • アンバー(AMB)についてのトランザクション統計
  • ユーザーの残高、マスターノードの稼働時間、報酬、ネットワークに渡ってのトークンの流れを示す、ネットワーク統計
  • 様々なステークホルダーのネットワーク活動の変化、ネットワーク上のヘルメスの数、1日ごとにいくつのバンドルが作られたかにフォーカスした、採用統計

2つ目に、新しいネットワークインターフェースは当然ながら、開発チームが集中して構築している新しいモニターや指標を伴います。インターフェースは、コミュニティやパートナーのフィードバックを元に設計されます。ネットワーク上のマスターノード数の期待される成長を補完するため、運営者が自身のマスターノードを管理する時に使う「報酬カレンダー」など、さらなるインターフェースもまた同様に作られています。

最後の3つ目に、Ambrosusエコシステム内の既存の商品やシステムに対しても、小さいながらも同時に重要な改良が、いくつも施されてきました。Ambrosus Explorer workerがアップデートされ、今はより速くより安定しています。ヘルメスマスターノードに対して、さらなる改良が加えられました。特に、Ambrosusネットワークへのバンドルの送信に関してです。

今後の兆し: 将来、もし運営者が充分なアンバーを取得したら、マスターノードを継ぎ目なくアップグレードできるように、ネットワーク上のマスターノード内、またマスターノード間でのバンドルの移行にフォーカスが置かれます。

コミュニティの関わり、成長、そしてイベント!

Ambrosusネットワークへの最近のアップグレードと共に、水門が今開かれ、アトラスの侵攻の準備が出来てます!開発の次の段階が始まったので、Ambrosusチームはコミュニティ の中で、また、より大きく暗号通貨産業内、そして特にブロックチェーンとモノのインターネット(IoT)の交差点において、活動的で居続けることに熱心です。

今後数週間で、AmbrosusエコシステムのパイオニアNicolas Ardiesが、アジアの東沿岸地域に渡り、完全に分散型でオープンなAmborsusネットワークについての評判を広めに行きます(さらなる情報は近日中に)!その旅の前に、Nicolasは8月16日、17日にドイツのハンブルクで開催されるブロックチェーンカンファレンスで登壇します。乞うご期待ください。夏は終わりに向かっていますが、Amborsusエコシステムの発展は、新たな段階に突入したばかりです!

元記事: Masternode Invasion — Progress Report 5 Aug 2019

おすすめ記事

不正な開封を防止するスマートインク技術 1

通常スマートサプライチェーン管理は、追跡機能、最適化されたデータの共有、偽造防止ソリューション、自動支払い処理など、さまざまな機能に関連しています。ブロックチェーンとIoTを追跡と追跡調査の目的で使用 ...

国連に支援されたネットワーク 2

Ambrosusが国連(国際連合)の消費者情報プログラムに参加 食品と薬品サプライチェーンにおける品質保証のためのブロックチェーン・IoTプラットフォームであるAmbrosus(アンブロサス)が、国際 ...

AmbrosusがNDSと提携し、メガマートで販売される牛肉をAMBブロックチェーンで追跡 3

ソウル、韓国 - 2018年10月10日 - グルーバルに分散したブロックチェーンとIoTプラットフォームのAmbrosus(アンブロサス)は、革新的な食品の追跡可能性(トレーサビリティ)プラグラムに ...

ambrosusとマダガスカル産ブルボンのサプライチェーン 4

Ambrosus(アンブロサス)がPremium Goodsと提携し、バニラの品質や産地、流通経路を証明可能に 目次1 バニラのサプライチェーンについて2 ブルボンバニラ企業Premium Googs ...

-Ambrosus関連
-,

Copyright© Ambrosus Japan - 次世代のサプライチェーン管理(SCM) , 2019 All Rights Reserved.