Ambrosus関連

Ambrousus進捗レポート - 2019年8月19日

投稿日:

Ambrosusコミュニティの皆さん、

今週の隔週進捗レポートへようこそ!今回のAmbrosusチームからのアップデートでは、過去2週間での最も重要な技術的な、またエコシステムの発展について論じます。全体的には、継続しているヘルメスやアトラスマスターノードのAmbrosusネットワークへのオンボーディングが、オープンソースエコシステム開発の多様な増大と相まって、産業や国をまたいでAmbrosusエコシステムの成長をさらに促進してきました!忙しい2週間でしたが、早速見ていきましょう。

エコシステムの発展: ベトナムから南アメリカまで

Ambrosusの事業開発者であるRadoslav Dragovが、来たるべきプロジェクトの準備を始めるために、この1週間で個人的にベトナムを訪れていました。そのプロジェクトとは以前にもお伝えした、乳製品産業にフォーカスしたプロジェクトです。Ambrosusエコシステム内で、より大規模なプロジェクトの1つとして、このプロジェクトはブロックチェーン、IoT、そしてクラウドコンピューティングの専門知識を要求します。この一週間での進捗は、今後数週間で、実装のテスト、そしてより大規模な産業のテストへと続いていくことが期待されています。このプロジェクトのゴールは、輸送リンクや加工施設をまたがって、商品の様々なパラメータに関する正確で目に見えるデータと共に、全てのミルクの正確なグレードや起源を追跡することによって、最終的にはベトナムの乳製品産業の品質を再定義することです。このプロジェクトから学んだ教訓は、Ambrosusのオープンソースのインフラストラクチャ上でビジネスを構築する、全ての外部のスタートアップや起業家たちにとっても有益なものになるでしょう。

アセロラの生産にフォーカスした2つ目のプロジェクトもまた、この2週間で著しく成長しました。このチェリーのような果物は特にビタミンCを豊富に含んでいて、大部分が南アメリカで栽培されています。現在の産業プロジェクトは、アセロラのずっと大きな収穫高の中から、小さな割合を追跡することにフォーカスしています。サプライチェーン全体の包括的な産業からの採用は、このプロジェクトと、近い将来のさらなる議論の結果にかかっています。とりわけ、以前にAmbrosusが取り組んだ、技術的なインフラストラクチャを欠く一次産品のサプライチェーンの専門知識が、現在のアセロラプロジェクトを設計と実装の面で流麗にし、両サイドを相互に刺激しています。

もしあなたが関連業界で働いていて、Ambrosusがどのようにしてあなたの業務を変革し、新しい顧客に手を伸ばす手伝いができるかに興味があれば、info[at]ambrosus.comまでご連絡ください!

技術的アップデート: バグ修正、マスターノードオンボーディング、そして他にもたくさん!

技術チームは、Ambrosusエコシステム内の様々な技術的プロジェクトに対して、相変わらず目まぐるしく取り組んできました。1番目に、エクスプローラーの安定性が多数のバグ修正と共に抜本的に改善し、大量のトラフィックで詰まることが最早なくなりました。2番目に、ノードのリタイアメントのスクリプトが書かれている最中です。これは、そのうち様々なマスターノードを運営しようと思っているマスターノード運営者で、他のマスターノードをオンボードするために別のマスターノードをリタイアするための、簡単に実行できるガイドにアクセスしたい人にとって特に有用です。3番目に、特定の暗号経済の原理のための予備調査とテストが開始されました - 技術チームは、活発な運営者がネットワーク上で積極的に機能を果たすことをさらに奨励するため、リタイアした運営者からより活動的な運営者へのチャレンジの移転を改善したいと思っています。4番目に、アポロマスターノードのparityの同期に関して報告されていた特定の問題について、マニュアルが作成されています。問題は解決されていて、今残っている唯一の仕事は、この情報を伝えることだけです。最後の5番目に、アトラスマスターノードの報酬の最初の引き出しと、報酬の一貫性のためのdeterministic moving pointer (DMP)スマートコントラクトの実装の成功の確認を、技術チームは喜んで発表します。ネットワーク上のバンドル確保は、異なる階層のマスターノードの間で安定しました。

今後数週間でAmbrosusの技術チームは、その独特な暗号経済インフラストラクチャをさらに開発し、一方で、多くのクライアントデモが進歩を続けます。その一方、オープンソースのエコシステム開発は世界中で進化を続け、日本、ベトナム、南アメリカ、ベルギーからのアップデートが期待されます。Ambrosusコミュニティに思い出して頂きたいのは、Ambrosusエコシステムは、経験豊富な起業家と新しい起業家の両方にとって、さらなる起業家の機会に向けてオープンなままでいるという事です!そのような機会は、IoTとブロックチェーン両方のサポート、開発、協力に関連しています。今後数週間で、既存のプロジェクトに関するさらなるアップデートが期待されます。Ambrosusチームに連絡を取るには、info[at]ambrosus.comにメールをするか、テレグラムに参加してください!

元記事: Progress Report 19 Aug 2019

おすすめ記事

不正な開封を防止するスマートインク技術 1

通常スマートサプライチェーン管理は、追跡機能、最適化されたデータの共有、偽造防止ソリューション、自動支払い処理など、さまざまな機能に関連しています。ブロックチェーンとIoTを追跡と追跡調査の目的で使用 ...

国連に支援されたネットワーク 2

Ambrosusが国連(国際連合)の消費者情報プログラムに参加 食品と薬品サプライチェーンにおける品質保証のためのブロックチェーン・IoTプラットフォームであるAmbrosus(アンブロサス)が、国際 ...

AmbrosusがNDSと提携し、メガマートで販売される牛肉をAMBブロックチェーンで追跡 3

ソウル、韓国 - 2018年10月10日 - グルーバルに分散したブロックチェーンとIoTプラットフォームのAmbrosus(アンブロサス)は、革新的な食品の追跡可能性(トレーサビリティ)プラグラムに ...

ambrosusとマダガスカル産ブルボンのサプライチェーン 4

Ambrosus(アンブロサス)がPremium Goodsと提携し、バニラの品質や産地、流通経路を証明可能に 目次1 バニラのサプライチェーンについて2 ブルボンバニラ企業Premium Googs ...

-Ambrosus関連
-,

Copyright© Ambrosus Japan - 次世代のサプライチェーン管理(SCM) , 2019 All Rights Reserved.