未分類

Ambrosusの統合が始まる。セキュリティトークンオファリング(STO)でAMBを受け入れるSHIPNEXT

更新日:

海上運送システムに統合されるブロックチェーン、Ambrosus

残念ながら規制などの理由によりSHIPNEXTがSTOのキャンセルを発表したため、今の時点ではこのSTOが行われる予定はありません。

ヨーロッパの海運大手がブロックチェーンによる海上輸送管理に着手

新しいデジタル経済がデジタル化を必要とする産業に拡大するなか、Ambrosus(アンブロサス)は引き続きデータ管理の重要なステークホルダー(利害関係企業)として位置づけられています。セキュリティトークンオファリング期間中にAMBを受け入れる予定の暗号通貨プロジェクトを、この特別な機会に発表できることをAmbrosusは嬉しく思います。より具体的に言うと、世界各地の海運契約やその他の物流プロセスを調整するために設計された、完全に機能的なプラットフォームであるSHIPNEXT(シップネクスト)が、もうじき始まるShipCoin(シップコイン)の発売ために仮想通貨AMB(アンバー)を受け入れます!

shipnextがSTOに仮想通貨AMBを受け入れ

SHIPNEXTは、効率的で安全で信頼性の高い, 貨物と船舶の照合、 貨物取引、 契約および文書の流れを作り出すことに重点を置く、自動化されたデジタル運送市場です。 ハンブルク、オデッサ、マルタ、ジェノアなどにわたり活動をする、ヨーロッパ最大の海運事業のひとつであるVaramar(バラマール)グループから分離新設されたSHIPNEXTは、物流管理の将来のために完全に機能している唯一のデジタル運送市場としての地位を確立しています。海運業界での10年近くの経験を基に構築されたSHIPNEXTプラットフォームは、1,500以上の顧客数を誇り、4000以上の異なる港を通して世界中に製品を運搬しています。

SHIPNEXTのCEOで共同設立者のアレクサンダー・ヴァラヴァレンコ(Alexander Varavarenko)は、Ambrosusとの提携について次のように述べました。

「SHIPNEXTは、分散型輸送ネットワークを通じて、グローバルサプライチェーンエコシステムを構築する戦略をとっています。SHIPNEXTのSTO期間中にAMBを受け入れることは、正しい方向への確実な一歩であり、特にSHIPNEXTプラットフォームの牽引力を向上させるのに有益です。まもなくより多くの提携を発表する予定です。」

ブロックチェーンが海運産業を変える4つの方法

AmbrosusによるSHIPNEXTのSTOのサポートは、2つのエコシステムの連携であり、究極的には海運産業がブロックチェーン技術によってどのように革命を起こすかを再定義しようとしています。ブロックチェーンに最も適した産業の1つとして、より安全で調整されたロジスティクス(原材料調達から生産・販売に至るまでの物流、またはそれを管理する過程)のルーツ(管理者権限)を作成することができる一方、多くの古い慣行をデジタル化しなければなりません。Ambrosusのオープンソースエコシステムによって構築されたさまざまなツール、エンタープライズソリューション、SDKを使用することで、海運業界での統合の機会は豊富にあります。より具体的には以下の4つの方法で、数十億ドルの海運業界を再定義することができます。

1.デジタルインテグレーション(デジタル統合)と文書業務の廃止

紙ベースの記録保持が現在の貨物物流を調整するための業界標準であるという事実に照らして、ブロックチェーンは利害関係者が情報をやりとりする方法に革命をもたらす可能性があります。運送事業者、顧客、第三者の間で、完全にデジタル化されたブロックチェーンベースの市場は、現在の手順の代わりに費用対効果と効率性の高い方法を提供します。書類、電子メール、およびその他のビジネス関連の資材を統合することにより、複数の当事者が特定の量のデータを相互に伝達することができるようになり、責任目的のために、変更することのできない信頼できる基盤を向上させます。このような統合は、貨物提供者と船会社の契約の交渉や商品の動きの追跡を容易にすることを約束します。

 

2.法令順守と港湾管理の向上

さらにAirseacontainers(エアシ―コンテイナー)の 説明によれば、スマートフォンのスキャンやWebアプリケーションを使用して、文書共有や認証証明、そして安全検査をデジタルで検証することができます。港湾当局にとっては、貨物を税関を通して移動させ、港間の運送業者の旅を管理することは、特定の地域にどのような製品が入ることができるか(およびその安全性)を正確に追跡して監視する現実的な手段となります。より高い安全性、法の順守、更に効率的な製品フローは業界標準を高めます。

3.比類のないセキュリティと透明性

インテリジェントコンテナ化は、コンテナがどこにあるか、その中に含まれている資材は何であるか、およびそれらの資材の状態を伝えるだけではありません。船舶業界にとってさらに革新的なのは、世界中の航路上で誰が特定のコンテナを開けたのか、またはアクセスしたのかを追跡する能力です。したがって、ブロックチェーンに基づく追跡システムでは、違法物質や貨物を貨物倉に忍び込ませることがより難しくなり、輸送プロセス全体に対してより高い透明性と安全性を提供することができます。

4.スマート・コントラクトベースの製品フロー

業界が成長を続け、ブロックチェーンが世界経済全体に広がるにつれて、物流のスマート・コントラクト・ベースの調整、法令遵守、関税管理、情報共有が、海運産業の「自動化」で実現可能となります。依然として初期段階ではありますが、スマート・コントラクトベースの物流管理には、認証するためのコンピューター化された契約が組み込まれており、事前指定された条件の履行に基づいてコマンドを自動的に実行します。ブロックチェーンベースのスマート・コントラクトと統合されたインテリジェントデバイス接続の将来において、海洋貿易革命の全ての範囲で、途切れす、自動的な貨物の署名、調整、および世界中からの貨物の受領を可能にすることが明らかになりました。

仮想通貨AMBによって動作する分散型IoTネットワークのAmbrosus

海運業界に押し寄せるデジタル化の波。AMB-NETブロックチェーンのビジョン

海運業界に差し迫ったデジタル化を考慮すると、SHIPNEXTとAmbrosusの連携は、各企業の共通の価値観と目標に基づいて理想的な組み合わせと言えます。両企業とも、透明で分散型の安全なデータ管理を実際の産業と物流プロセスにもたらすよう努力しています。従って、相乗効果によりAmbrosusはSHIPNEXTプラットフォームの立ち上げの自然な協力者となります。SHIPNEXTのSTOの協力者に貢献することによって、SHIPNEXTエコシステムから生み出される収益のシェアに参加する機会を得ることができるかもしれません!同時に連携では、志を同じくする暗号通貨プロジェクトに参加して統合したいというAmbrosusの希望に対し、グローバル経済全体でデータを管理し共有する方法を変革するための協力者のより大きなネットワークを強化することを話しています。最後に、AMB-NETのパートナー企業が開発したユースケース(活用事例)への統合や、取引量の増加へ対応、そしてネットワークのバンドルを生成することが、この連携の将来の重要な戦略的ビジョンとなります。

AmbrosusグローバルCEOと共同設立者のエンジェル・ベルセティは、この提携の影響について次のように述べています。

「Ambrosusの使命は、当初から産業発展の未来のための分散型で透明なデータ管理の新しい形態の先駆となることです。同じ志のSTOプロジェクトとの多くの連携の第1弾として、AmbrosusのコミュニティメンバーがSHIPNEXTのSTOに直接参加できるようにすることで、AMBは未来のデジタル経済の成長に向けて新しい業界に参入することができます。平行してAmbrosusは現在、海運業界やコンテナ業界でユースケースを構築しており、大企業との産業パートナーシップの確保に取り組んでいます。」

SHIPNEXTプラットフォームの立ち上げと成長のエキサイティングな期間に、Ambrosusは海運物流管理の未来を透明性のある分散型の方法で提供することを目指すエコシステムの開発を支援できることを誇りに思います!最初のプロジェクトがAMBをセキュリティトークンオファリングで受け入れることで、SHIPSNEXTとAmbrosusの提携が、Ambrosusエコシステムの新しい段階の扉を開きます。グローバルサプライチェーンとスマートシティの端から端までのトレーサビリティを提供することを超えて、Ambrosusは徐々に産業データ管理ソリューションのためのSTOを開始、またはサポートする機能を提供し始めました。将来STOやICOをAMB-NET上で直接立ち上げることも可能です。

SHIPNEXTのソーシャルメディア・情報

Webサイト: https://shipnext.io/

ホワイトペーパー: https://shipnext.io/assets/files/ShipNext_White_Paper_English.pdf

テレグラム: https://medium.com/@shipnext/join-shipnext-on-telegram-b9d383510682

Facebook:https://www.facebook.com/pages/category/Company/ Shipnext-1680590622270295/

Twitter:https://twitter.com/shipnextcom

YouTubeチャンネル: https://www.youtube.com/channel/UCWn9xgMrEPn2oT5mh5TQFYg

Varamarグループ: http://varamar.com/

法的警告

STOへの参加には高いリスクが伴います。投資全体を失う危険があります。これは投資のオファーを推奨するものではありません。これは財務アドバイスではありません。ご自身で調査をして下さい。Ambrosus、その関連会社およびその従業員および取締役は、ShipnextのSTOに対する責任は一切負わず、ShipnextのSTOへの参加の結果生じうる損害に対するいかなる責任または損害賠償も完全に放棄します。当社は、Shipnextによって提供された、このブログに含まれている情報の正確性を保証するものではありません。すべての投資家は、デューデリジェンス(資産の適性評価)を実施し、自国の法律や規制を確認する必要があります。

All rights reserved.

元記事
The Ambrosus Integration Begins: SHIPNEXT to Accept Amber (AMB) in Security Token Offering

おすすめ記事

不正な開封を防止するスマートインク技術 1

通常スマートサプライチェーン管理は、追跡機能、最適化されたデータの共有、偽造防止ソリューション、自動支払い処理など、さまざまな機能に関連しています。ブロックチェーンとIoTを追跡と追跡調査の目的で使用 ...

国連に支援されたネットワーク 2

Ambrosusが国連(国際連合)の消費者情報プログラムに参加 食品と薬品サプライチェーンにおける品質保証のためのブロックチェーン・IoTプラットフォームであるAmbrosus(アンブロサス)が、国際 ...

AmbrosusがNDSと提携し、メガマートで販売される牛肉をAMBブロックチェーンで追跡 3

ソウル、韓国 - 2018年10月10日 - グルーバルに分散したブロックチェーンとIoTプラットフォームのAmbrosus(アンブロサス)は、革新的な食品の追跡可能性(トレーサビリティ)プラグラムに ...

ambrosusとマダガスカル産ブルボンのサプライチェーン 4

Ambrosus(アンブロサス)がPremium Goodsと提携し、バニラの品質や産地、流通経路を証明可能に 目次1 バニラのサプライチェーンについて2 ブルボンバニラ企業Premium Googs ...

-未分類

Copyright© Ambrosus Japan - 次世代のサプライチェーン管理(SCM) , 2019 All Rights Reserved.