「 コミュニティ記事(非公式) 」 一覧

事例ごとに見るブロックチェーンとIoTのセキュリティ

世界のIoTデバイスの数は、2025年には750億にものぼると言われています。この数は2019年時点のおよそ3倍であり、IoTセンサー、デバイスは私たちの生活にますます身近なものになっていくでしょう。 ...

AMB-NETブロックチェーンのレイヤー図解

AMBマスターノード・VPSなどに関するFAQまとめ

こちらでは日本のテレグラムコミュニティの皆さんから頂いた、AMB-NETマスターノードへの申請方法やVPSの必要スペック等に関する質問と回答をまとめています。 予定通りいけば2019年4月18日にWa ...

製薬業界を蝕むリバースサプライチェーン問題

ポーランド製薬産業の大問題、リバースサプライチェーンとは

※本記事はポーランドのAmbrosusコミュニティメンバー、stokarzの記事を翻訳したものです(リンクは記事の最後)。 最近、糖尿病や高血圧症のような慢性疾患用の専門薬を求めたことはありますか?あ ...

ブロックチェーンのトレーサビリティへの導入事例と仕組み

2017年から2018年にかけての暗号通貨(仮想通貨)の価格の過熱と冷却に伴い、一般人からのブロックチェーンへの期待や興味は、暗号通貨への興味と共に薄れつつあるように見えます。 しかしながら、世界中の ...

食肉として販売されるために屠殺場に運ばれる病気の牛

ポーランドから病気の牛が食肉として流通していることが判明

イギリスの大手一般新聞社ガーディアンが2019年1月27日に公開した記事によると、ポーランドの食肉加工工場に内密で作業員としてもぐり込んでいた諜報員が明かしたビデオにより、極度の重病にかかっている牛が ...

ブロックチェーンに支えられたトレーサビリティシステム

ブロックチェーンのトレーサビリティにAmbrosusを選ぶべき理由

高まるトレーサビリティの必要性 トレーサビリティとは ある商品を「生産から消費までの全過程」で特定出来ること。 トレーサビリティとは?食品の事例で見るメリット・デメリット 世界中で食中毒事件や食品の品 ...

iPhoneのアプリでトレーサビリティ管理

トレーサビリティとは?食品の事例で見るメリット・デメリット

最近よく聞く「トレーサビリティ」とは一体なんでしょうか?本記事では野菜の例で分かりやすく、トレーサビリティの意味や、消費者と事業者側それぞれにおけるメリット・デメリットを説明していきます。 トレーサビ ...

牛トレーサビリティ法により耳にタグを付けられた牛

牛トレーサビリティ法の問題点とAmbrosusによる食品の安全保証

牛トレーサビリティ法とは あなたは牛トレーサビリティ法(牛トレサ法)というのを聞いたことがあるだろうか。これはBSE(いわゆる狂牛病)問題が契機となり制定された、牛の個体識別番号を一元管理するための法 ...

Copyright© Ambrosus Japan - 次世代のサプライチェーン管理(SCM) , 2019 All Rights Reserved.