Ambrosus・仮想通貨AMB

仮想通貨AMB:アンブロサス(Ambrosus)に根付く価値観とゴール

更新日:

アンブロサスの価値観とゴール

アンブロサスと他のプロジェクトとの価値観や目標における違い


「美徳とは、基本的な信念の不履行よりも立派な行動の実践の中において明確に現れる」- アリストテレス

すべてのプロジェクトやゴールは、それぞれの大志を持っているものです。これらの大志はプロジェクトを前に進めるエネルギーとして、またプロジェクトをまっすぐに立たせるための土台として働きます。Ambrosusにおいて我々は、未来を作り変え、そして過去には想像できなかったような新しい機会を提供するという大志を持っています。我々のビジョンであるクリーンで効率的で透明な世界は、私たちのコア・テクノロジーとともに始まり、変身させられることを待っている数千もの可能性のある使用事例(ユースケース)に広がっていきます。

以下でAmbrosusの大志を明確に説明します。
1) Ambrosusが何をするのか
2) Ambrosusに根付く価値観
3) Ambrosusが達成しようとしているゴール

Ambrosusが何をするのか?

そもそもなぜAmbrosusエコシステムが「エコシステム」であると考えられるのかというと、Ambrosusには単にブロックチェーン技術だけではなく、ずっと多くのものがあるからです。サプライチェーンマネジメント(管理)に焦点を当てている企業として、Ambrosusはブロックチェーン技術と最先端のIoT(モノのインターネット)デバイスを結合させ、商品の品質を保証し、データの有用性を最適化し、規制遵守を保証し、そして経済を公平にします。それでは一つずつ見ていきましょう。

商品の品質を保証する

全ての商品にはストーリーがあり、そのストーリーには2つの側面があります。つまり、該当する商品に何が起こっているのか、また該当商品の内側で何が起こっているのかです。サプライチェーンの商品において、Ambrosusが話したいと切望しているストーリーも同様です。史上初めて、Ambrosusは商品の外部で何が起こっているのか、また商品の内側で成分に何が起こっているのかをリアルタイムに証明することが出来るのです。この完全に新しい透明性のレイヤー(層)は新しいレベルの品質保証を確約するので、食品、薬品、コモディティに対して革命的な約束をします。

データの有用性を最適化する

伝統的なサプライチェーンは、それが食品産業であろうと小売や製造産業であろうと、断片化されたデータの保管によって歴史的に苦しんできました。これが意味することは、サプライチェーンについて伝統的なやり方で記録される全ての情報は、お互いに孤立したやり方で記録されてきたということです。つまり、商品のコスト、移動、その移動にかかった時間、商品の移動中に起こった問題というのは、これまで一緒には管理されてこなかったのです。

Ambrosusソリューションはこの問題を特に実用的なやり方で解決します。AMB-NETはサプライチェーンのデータを管理、承認、安全保管するだけではありません。もっと重要なことに、AMB-NETにアクセスするためのAPIは、特に伝統的なITシステムやサプライチェーン企業に向けて作られているのです。そのためAMB-NET上でのデータ最適化は、可能であるというだけでなく、簡単で効率的なのです。

規制遵守を保証する

グローバル経済がより大きく複雑に成長するにつれ、難解さと詐欺のリスクが上昇します。そのため市民を守りたい規制者たちは、適切で安全、クリーンな管理プロセスを保証するためにサプライチェーン企業への監視を強めます。商品の状態やたどってきた地理的な位置を管理したり、リアルタイムにアクシデントを知らせることによって、Ambrosusソリューションは効率的に企業に規制遵守を保証し、彼らのサプライチェーン全体に保険をかけるのを助けます。

経済を公平にする

透明性と品質保証の向上を通してAmbrosusが意図するのは、これまでは独占されてきた産業において新しいプレイヤーが競争出来るようにすることです。ローカルな食品、貴重なコモディティ、安全な薬品は、無類のアドバンテージを持って消費者に宣伝出来るようになるでしょう。そのためその結果は、より平等で正直、かつ消費者を中心においた経済の競技場ということになります。そこでは、企業をはかるモノサシは商品の品質に基づくものになるでしょう。

Ambrosusに根付く価値観

全ての企業は、チームメンバーが採用する特有のマナーと特有の精神の中で運営されています。Ambrosusにおけるリーダーシップ哲学は、ユニークかつ効率的なものです。

長期的な持続可能性

持続可能で健康的、そして効率的なサプライチェーンマネジメントは、時間、忍耐、我慢を要求します。そのためAmbrosusを導く根底となる精神は、長期的な持続可能性に焦点を当てたエコシステムの中心に立っています。重要なのは、そのような長期的な成長は、手を抜いて安易な方法を取らずに正しいやり方でやる事に時間を取って、初めて実現可能であるということです。

実際の世界に適用可能であること

未来のためのコアテクノロジーを作ることは、そのコアテクノロジーが実際に世界の問題や文脈に対して適用できて初めて重要になるものです。そのためAmbrosusは自身を、本物の世界の問題に対する本当のソリューションを探し求めている、ビジネス対ビジネス(B2B)の会社やビジネス対ビジネス対消費者(B2B2C)の会社を、特に中心に置いています。革新的なセンサーのカスタムデザインや顧客企業のサプライチェーンの状態をチェックすることを通して、Ambrosusは実際に世界を変身させる効率的なソリューションをデザインします。つまり、私たちの食品や薬の内側に何が見えるのか、企業がどうやってサプライチェーンを最適化するのか、そして彼らのブランドを宣伝するのか、ということです。

分散化への約束

ブロックチェーンが不変性や安全を提供するためには、それが分散型でなければいけません。そのためAmbrosusは。Ambrosusネットワーク(AMB-NET)上でのマスターノードの運営を通して、分散化への約束をとても優先しています。さらには、AMB-NETのオープンソースであるという性質が、コミュニティとのかかわり、個人的な開発、デジタル資源の共有、そして世界を良くするための新しくエキサイティングなソリューションをコミュニティが開発出来るということに対してのAmbrosusの約束を反映しています。サプライチェーンにおける正直さと透明性は、分散化とコミュニティの参加に対する明確な約束があって初めて強固になるのです。

規制遵守(コンプライアンス)と透明性

長期的な持続可能性に対する私たちの約束(コミットメント)に付随して、Ambrosusはコンプライアンスと透明性のグローバルな支柱を強化したいと思っています。私たちはもっとオープンで透明なサプライチェーンを創りたいと熱望しているだけでなく、より広いコミュニティとステークホルダーと関わりあうようなやり方で、世界中のビジネスは一貫して運営されなければならないとも信じています。Ambrosusはまた、プロジェクトの進行度合いや新しいプロダクトの開発に関する定期的なアップデートをコミュニティに提供することで、彼らとのふれあいに焦点を置いています。企業や規制者たちに関しては、Ambrosusはスイスや他の国の主要な法律チームやアドバイザーたちと一緒に取り組み、TGE(2017年10月のトークン生成イベント)の時までさかのぼってずっと実践している法律的に遵守したやり方で運営しています。このコンプライアンスへのフォーカスは、世界最大の企業のいくつかと続けている私たちの交渉にも反映されています。透明性とコンプライアンスを案内することに集中することによって、私たちはグローバルなサプライチェーンの効率性を最大化することや、私たちの顧客企業やパートナーたちの利益を最大化することに励んでいます。

ハードに働いて大きく勝つ

Ambrosusのチームメンバーには高いパフォーマンスが期待されます。この精神は、個々のチームメンバーの責任が増えること、より階層的でない権限構造、クリエイティビティが繁栄できる、よりオープンな環境を伴います。その結果は、自分の能力の限界まで出すことを常に刺激される、高くモチベーションを持ったチーム、そしてヘビーで激しい仕事ぶりにきちんと報酬が与えられる仕事環境ということになります。

内部の仕事精神や「全力で取り組んで勝ち取る」態度という観点から、Ambrosusはこれまでの進歩において、信じられないほどのレベルの規律と効率性を示してきました。これは1年にも満たない期間で、技術開発や運営の拡大においてAmbrosusがずっと前から存在するような他の競争相手のいくつもに追いつき、追い越したという事実が示しています。結局のところ、喜んでリスクを取って新しい市場に乱入することと合わせて、類を見ない仕事精神が、Ambrosusを他の誰とも区別するものなのです。

Ambrosusの長期的ゴール

長期的な持続可能性を胸に、Ambrosusは自身を未来のイノベーションと開発の先端に位置づけています。市民のシティライフを変えることにおいても、企業のための技術やビジネスへの市場アクセスを変えることにおいても、Ambrosusは未来に対して大きなインパクトを与えたいと熱望しています。

スマートシティのバックボーンに

食品や薬のセキュリティと安全性を向上させることは、未来のスマートシティにとって最重要なことになるでしょう。スマートシティという言葉になじみのない方向けに説明すると(Ciscoの定義によれば)、スマートシティとはデータや技術にレバレッジ(テコの原理)をかけて効率性を増やし、街の管理コストを下げ、市民の生活の質を向上させるようなシティ(街)のことです。メガ・シティ、資源の枯渇、気温のグローバルな変化という未来において、シティのライフサイクルが適切に機能するためには、食品や薬の品質、安全を約束することが欠かせなくなります。Ambrosusは企業の利益や消費者の健康のためにサプライチェーンを管理、証明、小型化することによって、未来のスマートシティの根幹(バックボーン)になるという大志を持っています。

第四次産業革命のリーダーに

まさに第四次産業革命が起ころうとしている世界で、Ambrosusはデータ・トランスフォーメーション(変形)やIoTデバイスの創造において最先端にいることを切望しています。すでに、Ambrosusは以前では想像も出来なかったような、ものを追跡するための自身のハードウェアセンサーをカスタムデザインすることによって、第四次産業革命の最前線に位置づけています。

ステファン・メイヤー博士が率いるAmbrosusのイノベーション研究所は、アレルゲン、バクテリアレベル、pHレベル、酵素などや、そしてもっとたくさんのものを監視する能力を持ち得るセンサーのデザインを開発しています。そのようなデータ知覚能力は、Ambrosusエコシステムを食品や薬品のサプライチェーンを超えて、空気の質、水質、ミネラル(鉱物)の純粋度、シティの管理習慣といったエリアにまで拡大させてくれます。

*2018年8月末時点での、最新のIoTセンサーに関するAmbrosusの最高技術責任者、ステファン博士へのインタビュー

取引バリアを下げる

Ambrosusを使って食品、コモディティ、薬品の品質を示せるという能力で、Ambrosusは企業が新たな市場にアクセスするための橋になることを切望しています。正直さと品質に基づいて取引バリアを下げることによって、Ambrosusは私たちが知っているように、グローバル取引を作り変えることや、正しい習慣と質の高いサービスに基づくもっと包括的で消費者中心の経済を実現することの責任をリードします。

究極的には、類を見ない仕事精神、ユニークなプロダクト技術、分散化への固い約束とともに、Ambrosusは産業全体を劇的に崩壊(disrupt)させ、第四次産業革命と未来のスマートシティの基盤として機能することを切望しています。もしあなたがそのような仕事精神や熱意をAmbrosusのチームに持って来ていただけるなら、ぜひ*連絡をしてください!
*Ambrosusの連絡先は、Ambrosus(アンブロサス)とのコンタクトにまとめています。

元記事
The Guiding Values and Goals Grounding Ambrosus

おすすめ記事

不正な開封を防止するスマートインク技術 1

通常スマートサプライチェーン管理は、追跡機能、最適化されたデータの共有、偽造防止ソリューション、自動支払い処理など、さまざまな機能に関連しています。ブロックチェーンとIoTを追跡と追跡調査の目的で使用 ...

国連に支援されたネットワーク 2

Ambrosusが国連(国際連合)の消費者情報プログラムに参加 食品と薬品サプライチェーンにおける品質保証のためのブロックチェーン・IoTプラットフォームであるAmbrosus(アンブロサス)が、国際 ...

AmbrosusがNDSと提携し、メガマートで販売される牛肉をAMBブロックチェーンで追跡 3

ソウル、韓国 - 2018年10月10日 - グルーバルに分散したブロックチェーンとIoTプラットフォームのAmbrosus(アンブロサス)は、革新的な食品の追跡可能性(トレーサビリティ)プラグラムに ...

ambrosusとマダガスカル産ブルボンのサプライチェーン 4

Ambrosus(アンブロサス)がPremium Goodsと提携し、バニラの品質や産地、流通経路を証明可能に 目次1 バニラのサプライチェーンについて2 Premium GoogsのCEO、Herv ...

-Ambrosus・仮想通貨AMB

Copyright© Ambrosus Japan - 次世代のサプライチェーン管理(SCM) , 2018 All Rights Reserved.