サプライチェーン

IoTとブロックチェーンの融合がサプライチェーンを改善できる理由

更新日:

IoTデバイスとブロックチェーンの組み合わせがサプライチェーンを最適化する

高まるトレーサビリティ規制の要件とサプライチェーンの現状

サプライチェーン内の食品安全基準は行き詰まっていると言えます。製品の偽造や詐欺が増加するなか、新しい規制、トレーサビリティの要件、および健康基準がヨーロッパと北米で導入されています。米国の2011年からの食品安全近代化法、または「ヒト用医薬品の適性流通基準」に関する欧州委員会の最近のガイドラインなどの法律で、このような光景が以前にも見られました。一方、製品識別番号や規制順守の証明から製品バッチ情報まで、サプライチェーンの記録の大部分は依然として紙で保存されているため、整理して第三者と共有することは困難です。

ブロックチェーンはIoTと組み合わせてこそ本領を発揮する

今こそ第4次産業革命の最も革新的な技術の2つであるブロックチェーンとIoTを融合させ、サプライチェーン内のトレーサビリティ慣行に革命を起こし、食品安全基準を根本的に改善する時です。これに関連して、ブロックチェーン技術とIoTソリューションの両方が、物理的または生物の素材から抽出された、細かい情報を含むデータの収集と管理に焦点を当てています。同様にどちらの技術も、複数の関係者がアクセスして共有できるプラットフォーム上で、情報を安全かつ透過性のある方法でデジタル化することを可能にします。

IoTとは具体的に言えば、物理的な世界とデジタルの世界との間のギャップを埋めることができる膨大な数のインテリジェントデバイスを指します。環境、生物、化学ベースのセンサーは、特定のプロセスや製品に取り付けられます(例:牧場の中の木)。 これらの機器は、接続されている製品に関する情報を収集し、リアルタイムの状態を別の機器またはより大きなネットワークに接続されているセントラルゲートウェイに送信します。

IoTを補完するために、ブロックチェーンはこれらのデバイスから情報を受け取ることができる分散型台帳として機能します。この情報は、データが変更されないことを保証する形で公的に検証されます。この情報を保存し、最終的には第三者または最終消費者向けに表示します。

ブロックチェーンに対するIoTの固有の利点は、データをあまり確認せずに保存する手段を提供できることです。一度アップロードされると、データを簡単に変更または置き換えることはできません。ブロックチェーンとIoTを一緒に適用すると、安全なエンドツーエンドの収集、送信、検証、および物理世界の製品に関するデータの保存を保証できます。

ブロックチェーンとIoTをサプライチェーン管理に適用するべき理由

ブロックチェーンとIoTは、サプライチェーン、特に高付加価値商品や腐敗しやすい商品を輸送するサプライチェーンに適用すると、食品の健康基準を再定義し、同時に消費者にさらなる透明性と製品品質への信頼を提供できる技術です。例えば、コールドチェーンロジスティクスでは、肉や他の食品は常に特定の温度で保管および輸送する必要があります。ブロックチェーンとIoTを使用することで、サプライチェーンのある地点から別の地点に移動するときに、IoTセンサーからそれらの食品のリアルタイムの状態に関する情報を送信できます。その後、データをブロックチェーンに保存してモバイルまたはWebアプリケーションに接続し、そこで消費者は自分のスマートフォンで製品の質が良いことを確認できます

ブロックチェーンのトレーサビリティにAmbrosusを選ぶ理由

政府(法規制)、保険、税金にもおよぶブロックチェーンとIoTのメリット

さらに視野を広げて見ると、政府と他の法的当局が、法的管轄内で食品安全基準をブロックチェーンとIoTによって管理する利点を徐々に意識し始めています。ブロックチェーンとIoTは史上初めて、特定の食品または飲料に関する製品情報を、サプライチェーン全体にわたるその一部始終を単一のデータフローに安全に統合できるような方法で管理できる手段を提供します。トレーサビリティの領域を超えて、IoTデバイスから送信されたデータ(例えば魚の運搬における原産地や健康状態に関するデータなど)は、ブロックチェーンに安全に確保されれば、保険、税金、法規制の順守という目的にも使用できます。

進化するブロックチェーンとIoTが描く未来

一般にブロックチェーンとIoTは、サプライチェーン全体を移動する製品に関するデータを管理するための統合ソリューションを提供します。IoTでは、製品を取り巻く多くの外部変数(温度、場所、加速度)と内部変数(pHレベル、酵素試験、製品の純度)が初めてデジタル化されます。ブロックチェーンを使用すると、サプライチェーン製品に関するデータを安全かつ透過的に保存および共有できる可能性は等しく現実となります。将来的には、2つの技術が発展し続けるにつれて、消費者は彼らの製品の品質をより意識するようになり、一方で食品安全に対する広範な改革は詐欺を防ぎ、市場で最高の製品だけを販売することを約束します。

元記事
WHY IOT AND BLOCKCHAIN CAN WORK TOGETHER TO IMPROVE SUPPLY CHAINS (AmbrosusのCEO、Angel Versetti (エンジェル・ベルセティ)著)

サプライチェーンを変革する IoT、ブロックチェーン、インダストリー4.0

↑こちらのインタビュー記事もオススメです。

  • ブロックチェーンの弱点とは?
  • 仮想通貨(暗号通貨)が必要な理由とは?
  • 今のサプライチェーンの弱点とは?

など、さらに深い議論をお読み頂けます。

おすすめ記事

不正な開封を防止するスマートインク技術 1

通常スマートサプライチェーン管理は、追跡機能、最適化されたデータの共有、偽造防止ソリューション、自動支払い処理など、さまざまな機能に関連しています。ブロックチェーンとIoTを追跡と追跡調査の目的で使用 ...

国連に支援されたネットワーク 2

Ambrosusが国連(国際連合)の消費者情報プログラムに参加 食品と薬品サプライチェーンにおける品質保証のためのブロックチェーン・IoTプラットフォームであるAmbrosus(アンブロサス)が、国際 ...

AmbrosusがNDSと提携し、メガマートで販売される牛肉をAMBブロックチェーンで追跡 3

ソウル、韓国 - 2018年10月10日 - グルーバルに分散したブロックチェーンとIoTプラットフォームのAmbrosus(アンブロサス)は、革新的な食品の追跡可能性(トレーサビリティ)プラグラムに ...

ambrosusとマダガスカル産ブルボンのサプライチェーン 4

Ambrosus(アンブロサス)がPremium Goodsと提携し、バニラの品質や産地、流通経路を証明可能に 目次1 バニラのサプライチェーンについて2 ブルボンバニラ企業Premium Googs ...

-サプライチェーン
-

Copyright© Ambrosus Japan - 次世代のサプライチェーン管理(SCM) , 2019 All Rights Reserved.